プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

空になる

今週発売、音速ラインのNew Mini Album『空になる』を購入しました!!
久々の新しい音源ということで心待ちにしていましたよっ!!!

空になる
1. 夏色の風
2. 原動力
3. 空になる
4. カフカ
5. さよならユニバース
6. もう一度だけ


レベールを移籍後も第一弾音源です。
レーベル間で問題があったからこれまでベスト盤を乱発していたので。

まず、CDについてくる帯の宣伝文句。

移籍第一弾 初期衝動再び・・・

これは気になる!!
とりあえず、1周聞いてみての感想。


初期衝動を再びという触れ込みの割にあまり初期感を感じなかった。
むしろ、今までにない音速ラインを感じました。


今までの音速のイメージは、

ポップで軽やか、それでいて切ないメロディー(個人的なイメージ)

でした。
今作で感じたのはだいぶロック寄りになったと感じた。
ギターが今まで以上に効いている。
そして、ベースラインやドラムがどっしりとしている。

今まではもうちょっと軽い気がしたんだけど。
でも、これはこれで新鮮。

で、聞いているとやっぱり根幹は音速。
物悲しい、切ないメロディーは健在。
夏真っ盛りから夏の終わりに映えそうな曲達。
あとは夏の夕暮れにも合いそう。
っーことはやっぱ爽やかでちょっと切ないセンチなメロディーラインを感じているのでしょう。
歌詞はもちろん、元祖セツナ系歌詞です。

個人的には『夏色の風』『空になる』が特に良かった。
音速お帰り!!って思えました。


これまでを包括しつつ新しい段階へ進んだ音速ライン
今後も楽しみです!!


アマゾンで現在売り切れ中だった。
これは嬉しい!!

どんどん聞いてほしい。



スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

[邦楽]音速ライン | コメント:0 |

ポラリスの涙-通常盤-

今日は、今週発売になった音速ラインNew Single『ポラリスの涙-通常盤-』についてです。


ポラリスの涙1.ポラリスの涙
2.思い出して
3.ナツメ(アコースティックヴァージョン)


昨日は『ポラリスの涙』の初回盤について書きました。
今回は初回盤と通常盤でカップリングの収録曲が異なります。

↓ちなみに初回盤はこちら。


ポラリスの涙 (初回限定盤)
1.ポラリスの涙
2.逢いたい (ASAP Ver.)





さて、『ポラリスの涙』の感想は昨日書きましたので割愛させていただきます。

カップリングの1曲目は『思い出して』
これも音速ラインのカップリングらしい(?)なんとも力の抜けた曲です。
しかし、ヴォーカルの声をちょっといじって、少し声がこもっている感じになっています。

力は抜けているけど、後半の盛り上がり方はいいですね。
一気に畳み掛けてきます。
こういう曲構成は個人的にたまらないです。



カップリングの2曲目はシングル『ナツメ』のアコーステック・ヴァージョンです。
アコーステック・ヴァージョンとなっていたので、アコギメインのベースにドラムで編曲したのかな?と思ってました。

しかし、実際はヴァイオリン(たぶん)が入ってます。

キタコレ!!
最近の(僕の)流行!!!

いやー、ほんと、BIGMAMAを聞いて以来、弦楽器の入ってる曲がそうとうな確率でツボります(笑
シングルのときのバンドサウンドも良いけど、ヴァイオリンの入った今回のヴァージョンもグッドです。



総合すると、カップリングは個人的に通常盤の2曲が気に入ったので、購入するなら通常盤をオススメいたします。
ぜひとも、カップリングにも注目して聞いてみてください♪




[邦楽]音速ライン | コメント:0 |

ポラリスの涙-初回盤-

今日は、今秋発売になった音速ラインNew Single『ポラリスの涙』についてです。


ポラリスの涙 (初回限定盤)
1.ポラリスの涙
2.逢いたい (ASAP Ver.)



今回のシングルは初回盤と通常盤で収録曲が異なっています。
上のが初回盤。
下のが通常盤です。


ポラリスの涙1.ポラリスの涙
2.思い出して
3.ナツメ(アコースティックヴァージョン)


初回盤には名曲『逢いたい』の新アレンジが。
通常盤には新曲『思い出して』とシングル『ナツメ』のアコースティックヴァージョンが収録されています。

ちなみに、通常盤の方が1曲多く収録されているため、値段が1200円とちょっと高め。(初回盤は1000円)
こうゆう売りかたされるとねー
ファンとしてはどちらも買ってしまうよね…(苦笑

以前は初回盤のみ1曲多く収録されているとかだったのになぁ。


まぁ、それはおいといて。
今日は初回盤の方について書こうと思います。

まず、1曲目は表題曲の『ポラリスの涙』
これは、アニメ『テレパシー少女 蘭』の主題歌だそうです。見たことはないです。はい。


歌詞は相変わらずのセツナ系歌詞。
今回は曲調も歌詞とマッチしていてなかなかいい感じです。

音速ラインのシングル=疾走感

というイメージがわりとあります。(まぁ、半分花とかがちゃいますが)
が、今回のは疾走感のあるという感じではないです。

しかしながら、最近、僕の中でブームのBIGMAMAのように、ストリングスを取り込んでいたので、ぐいっと引き込まれました。
また、サビでの盛り上げ方が、切なさを増すような演出になっています。胸にキューッときます。


聞いてみれば、それこそ音速ライン王道のセツナ系ソングに仕上がっていると思います。


2曲目は名曲『逢いたい』のアレンジ。

どんなアレンジかな~と思ったら、ピコピコしたテクノ調に仕上がっていました。

う~ん。

これは最近の流行にのったのだろうか??
僕はテクノ調は嫌いではないし、これはこれで、音速ラインとして面白い、冒険的な作品だと思うけど、やっぱりバンドでの『逢いたい』が好きですね。いまのところ。
ちょっと薄っぺらく聞こえてしまう。


なので、買うなら通常盤をオススメします。
通常盤については次回書きたいと思います。


『ポラリスの涙』は良作だと思うので、ぜひ聞いてみてください♪


また、音速ラインはNew Album『風恋花凛』を発売するのでコチラも注目です!!




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

[邦楽]音速ライン | コメント:2 |

ロレッタ

今週買ったCD感想第二弾。
音速ラインのNew Single『ロレッタ』です。


ロレッタ
1,ロレッタ
2,素晴らしい世界


まずは、『ロレッタ』から。
ロレッタとは…

小惑星の名前で、全ては彼女の中にあって彼女自体が宇宙そのものという歌詞の世界観からつけました。彼女がいてはじめて自分が存在できているって事。(藤井)



とりあえず、小惑星の名前らしい。
引用した部分はロレッタのリリースが音速ラインの公式ページで発表されたときに書かれていたもの。

歌詞は音速お得意の、藤井さんお得意のセツナ系歌詞です。
よくもまぁ、こんな歌詞がポンポン出てくるなぁと感心してしまうよ。
今回も共感できる部分が多い。

そして、メロ方が僕には結構新鮮でした。
多少ダークというか、今まで音速が培ってきたロックに少し、影を落とした感じという印象。

んで、また、歌詞とメロが上手い具合にマッチしてるんだよなぁ~


この曲オススメ!!


カップリングは『素晴らしい世界』
どうしても『素晴らしい世界』と聞くとランクヘッドが出てくる(笑
しかも、ランクヘッドの『素晴らしい世界』は完成度が非常に高く、ランクらしいロックなので、どうしてもこの印象が強く、あぁ~音速のどうだろうなぁと、多少先入観を持ってしまった。

しかし、

これもいいよ~!!
アコースティックで、1曲目の『ロレッタ』と全く違う曲調。
とっても優しいメロで、爽やかな風が吹き抜けていくような感じの曲です。

歌詞も、すごくいい。
すんごくいい。

最近忘れていた何かを思い出す気がするし、大切な人がいるっていうのはこれまた素晴らしいことですね。

素晴らしいこの世界で
君の手を離さずに




今回のシングルも十分に満足できるものでした。
今年もロッキンに出るので楽しみです。

ロッキン3日間参戦するので、これまた楽しみ♪
またバンプに会える♪♪♪



[邦楽]音速ライン | コメント:0 |

ビール工場

20060905152128
音速ラインのシングルに「みずいろの町」というものがあります。
この町は福島県に実在する町で、有名なのがこのビール工場です。

僕の実家が福島なので帰ってくるたび音速ラインが頭をよぎる(笑

逢瀬川もみたし。
みずいろの町も通ったし。
音速ラインの福島県愛を感じたので、写メとって、携帯からの更新です。

なので、コメ返ちょっと待ってください。
[邦楽]音速ライン | コメント:2 | トラックバック:0 |

100景


100景
1.3分の2
2.コトノハ
3.みずいろの町
4.ナツメ
5.ここにいる
6.上昇気流
7.夕凪の橋
8.観覧車
9.ラリー
10.週末旅行
11.5日ノート



今日は音速ラインのNew Album「100景」について書こうかと思います。
前作から8ヶ月くらいでリリースです。
いや~精力的に活動してますね。

リリース間隔が早いとなぜか不安になりますが(笑
ファンとしては嬉しい限りです。

実は今日は午前→学校、午後→夜までバイトだったので、ほぼ音楽を聴いていない。
しかも昨日は「有心論」メインだったのでまだちょっとしか聴いていません。



それでも、引き込まれた!!



いや、このアルバムすげぇよ。
リリース間隔これだけ早くて、このクオリティーはすげぇ。
まぁ、期間があいても満足行く作品でしょうけど(笑


そんなわけで、今日は「100景」の感想を書きます。


1曲目「3分の2」
イントロ的役割ですね。
声がいちょう歌が入っています。


2曲目「コトノハ」
1曲目からやってくれるぜ~。
ボーッとしてたけど、聴いた瞬間ハッとした。
かっこいい・・・
メロディー好き・・・

そして、次曲の「みずいろの町」への繋ぎ方もグー!!


3曲目「みずいろの町」
もともといい曲だとわかっているが、アルバムの流れで聴くとまたいい感じ。

過去記事貼っときます。

みずいろの町:過去記事


4曲目「ナツメ」
畳み掛けてくる(笑
この流れは反則です。

ナツメ:過去記事


5曲目「ここにいる」
「青の世界」に収録されていた曲ですね。
↓「青の世界」
青い世界

どんな感じになるのか楽しみでした。
音がこまけぇ。
音に厚みが出てますね。

あぁ、心地いい♪


6曲目「上昇気流」
ここまでだーっと走ってきたのにまだ休ませてくれない(笑
メロディーはわりとゆるい感じですが、こういうちょっと力を抜いた感じがまたたまらない。
僕はもともとこういう力を抜いた感じの曲が好きですから。

オレに上昇気流よ吹け!!!


7曲目「夕凪の橋」
これも、「青の世界」に収録されている名曲ですね。
どんなアレンジになるか楽しみにしてました。

初め聴いたときは、「あ、次か」・・・「このイントロ何???」・・・「これ夕凪の橋???」・・・


この曲サイコー!!!!!!!



という、訳の分からない流れがありました。
イントロが全然違うし、ロックテイストだし。
でも、それがまた曲と合う。

ヘヴィロテ決定!!


8曲目「観覧車」
なんでしょう。この独特なメロディーは。
いままでの音速にない感じのAメロ。
ダークとはまたちょっとちがいますね。なんて表現すればいいんだろうか。でも、なんかどこか少し怖い感じの印象を受けます。


9曲目「ラリー」
明るい感じの曲。
悪くない。
まだあんまり聴いてない(笑
音速の歌詞としては珍しい雰囲気ですかね。
いや、そんなことないか。


10曲目「週末旅行」
なんだこれ。

普通にいい曲じゃん!!

ところでころではいるヴァイオリン?の音が好き(笑
さりげないヴァイオリン好き(爆

サビから入ってくるドラムの跳ねる感じも好き。

最近日曜忙しいんだよな。


11曲目「5日ノート」
最後はなんかテクノみたいな感じ。
ピコピコした音が入ってる。
声も少しこもらせてる感じ。

だからさー、こうい力抜いた感じの曲大好きなんだって(笑
なんか癒される。



まだちょっとしか聴いてないから上手くかけないところもあり。
歌詞にもそんなに触れることが出来ませんでした。
でも、これは聴かないと。

全部聴いても30分くらいなのでサクッと聴けるのがまたいい。
よし。聴きまくろう。




余談。
最近思ったんですよ。
ぼくがこのブログ書き始めるに当たって、やろうとしたことは、バンプの歌詞解釈、好きな曲について書く。この2点が重要かなと。
さらに、僕のブログの核はバンプですよ。


そして、ブログ書くのにハマって半年位書いてるわけです。
この間に様々な音楽を聴き、ブログに書きました。


でもさ、重要なバンプの新曲が、



まだ1回も出てないんですけど(笑


インストは出たけど、別扱いしました。バンプ名義じゃないので。
あぁ、早く新曲出さないかな~。
ま、そろそろ出すでしょ。たぶん・・・


↓名盤誕生
banner_03.gif
↓夕凪の橋にはまったw

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

[邦楽]音速ライン | コメント:2 | トラックバック:0 |

みずいろの町


みずいろの町
1.みずいろの町
2.サマーフォーク
3.花かんざし



5th Single「みずいろの町」


今日は、先日買ってきた音速ラインの5th Single「みずいろの町」についてです。

書くのが今になっていしまって申し訳なかったです。
フラゲできないと、バイトがあるんで書く時間が取れなくなってしまうんですよね。
そんなわけで書くのが今になりました。


それでは感想です。


1曲目「みずいろの町」
きました!!

何がきたかって???



音速節キタコレ!!



いや、音速節とかよくわかんない言葉を発しましたが、これは、音速ライン特有のメロディーラインと、あの切なく、どこか物悲しい歌詞を指してるつもりです。

いやいや。堪能させていただきました!!

この曲は、福島県のビール工場のある町を歌った作品だそうですね。


もと○やですか。


なんか、名前を伏せてみました(笑
出ていないので。
ぶっちゃけ、このビール工場は知っています。まぁ、国道沿いにあるので、気がつかないわけないんですけど。
でも、みずいろの町といわれているのは知らなかったですね。

僕も福島県人かつ、福島市と郡山市を主な拠点としていたので、音速ラインの福島県ネタはばっちり分かります。

そのため、めちゃめちゃ親近感があります(笑

逢瀬川とか、今回のビール工場とか言われるとますます親近感がわいてしまいます。


話は曲に戻りますが、この曲はほんといいですよ。
切な系の曲は音速ラインの右に出るものはないんじゃないでしょうか。

あのメロディーと微妙な心境を歌った歌詞にはまった人は抜け出せないでしょう(笑
(それは、ぼくですw)


2曲目「サマーフォーク」
あのぅ・・・


申し訳ないですけど・・・・





この曲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ドツボなんですけど(笑


1曲目の「みずいろの町」は音速の王道な曲だと思います。
この曲は、結構ポップな感じです。

それで、僕が初めに思ったのは、夏の暑い日にひんやりと涼むような感じの曲。
これが感想でした。

それで、なんとも癒されるメロディーと、藤井さんのやさしい歌い方がたまらないとです。

僕のツボをグイグイ押してきます(笑


3曲目「花かんざし」
この曲はアコギがとても心地いいです。

僕の妹曰く、「アコギのコードチェンジするときのキュッキュッて音がたまらな~い」だそうです。「supernova」聴いてるときにいってました。

この曲もすごいキュッキュッって鳴ってますよ。
僕もあの音が好きです(笑

曲は短いんですけど、切ねぇ!!!


"逢いたくて ただ恋しくて
つぼみのままの恋が終わる"


こんな詞は藤井さんにしかかけないですね。




いい曲が3曲詰まったシングルです。
音速節をぜひ!!

聴いてみてください♪


関連記事
1.未来の果てに…
2.Freebird


音楽ランキング
J-POPランキング

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]音速ライン | コメント:12 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。