プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エントランス


フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)1. エントランス
2. ロケットNo.4
3. 絵画教室
4. サイレン#
5. 夕暮れの紅
6. Hold me tight
7. ロードムービー
8. 飛べない魚
9. 堂々巡りの夜
10. 嘘とワンダーランド
11. 永遠に
12. 自閉探索(2004 SHIBUYA-AX)
13. フラッシュバック(2004 国営ひたち海浜公園)
14. アンダースタンド(2004 国営ひたち海浜公園)
15. N.G.S (2005 SHIBUYA-AX)
16. Re:Re: (2006 横浜アリーナ)


アジカンの「フィードバックファイル」が今、僕の音楽の中心にあります。
その中でも楽しみだった曲の1つ。それが、



エントランス!!



1曲目に収録されている曲です。
これは1st Single「未来の破片」に収録されたいた曲でした。



未来の破片
1. 未来の破片
2. エントランス
3. その訳を


この曲は僕がアジカンを好きになる過程ではずすことの出来ない曲です。

アーティストを好きになる(CDを全部欲しいと思うようになる)にはあ
る程度曲を聞かないと判断が出来ません。まぁ、普通ですよね。

なので、僕が本気ではまっていくアーティストは好きになる、あるいは気になった時点でアルバムやシングルなどがすでに数枚出ている場合が多いです。

アジカンも例外ではなく、「君という花」で気になり、過去作品を探しました。

当然、過去に出ていたのは「崩壊アンプリファー」「未来の破片」
僕も「君という花」を聞いてアジカンに興味を持ち、レンタルにあった「未来の破片」をかりました。


聴くわけですよねぇ。
確か初めて聴いた時のこのシングルの感想は、



びみょ。



まぁ、3年前ですからね。
それに、高校生の頃と今では音楽性が違ってましたからと言い訳(笑



大変失礼しました!!



まぁ、言い訳を。
微妙と感じたのは「未来の破片」と「エントランス」
なんかうっせー人たちだなぁと思っていました。(失礼ですけど正直な感想です)
いままで一度たりともシャウトする曲は聴いたことなかったし、ポップな曲を好んで聴いていた(今もそうですが)ので、これは・・・


ねぇ。


ちょっとうるさい。
でも、「その訳を」はすごく気に入っていた。


ここで悩んだのが、当時はMDに曲を落としていたし、高校生でMDの容量とかすごく気にいたので、「エントランス」を落とすかすごい悩んだ。

悩んだ末、MDに落としたんですけど・・・



これが大正解(笑



ここまでメロディーを受け入れなかったのに落とした理由は歌詞ですね。
漠然とだけど歌詞がすごくかっこよく感じた。


エントランス:歌詞


限界センサー 響く警戒音
心の臨界点はまだ遠く向こうで青光り




とか、


限界センサー 赤い点滅を
心の臨界点はまだ遠く向こうの稲光り




とか、


流した涙だけあの日から
刻んだまま進む時間軸




とか。
今まで聴いたことないよ。
こんな歌詞。
特に"時間軸"という言葉の響きが好き。

歌詞カード読んでほんと漠然とかっこいい歌詞だなぁ・・・
メロディーは・・・だけど、歌詞かっこいいから落とすかと思いMDに落としたんですね。

当然、その気に入っている歌詞を聴くためには曲を聴かないといけないわけです。

そして、聴いていると不思議なことに曲が好きになっていくのね!!

これは僕自身なかなか体験したことないです。
やっぱり曲はまず、メロディーでこんにちはと挨拶するものだと思っていますので、メロディーがあんまし好きじゃなかった曲、そして歌詞から入った曲が好きになるという体験はおそらくです。

今じゃメロディーも歌詞もどっちも好きですけどね^^
ほんと、「エントランス」がインポートできるようになって本当に嬉しいです。

これは聴きまくるしかないです。
いい曲なのでぜひ♪



明日はレミオロメンの「Flash and Gleam」の発売です。
どんなライブなのか、聴くのが楽しみです♪


Flash and GleamFlash side
1. モラトリアム
2. 1 - 2 Love Forever
3. ドッグイヤー
4. 傘クラゲ
5. 五月雨
6. シフト
7. MONSTER
8. 紙ふぶき
9. 粉雪
10. 南風
11. 雨上がり
12. スタンドバイミー
13. 3月9日
14. 太陽の下
15. 流星

Gleam side
1. アイランド









スポンサーサイト

テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:0 | トラックバック:0 |

久々にレンタル

久々にCDを借りてきました。
全部シングルなんですけどね。



サクラメリーメンの新曲「黄昏オレンジ」


黄昏オレンジ1. 黄昏オレンジ
2. 少年キッド


サクラメリーメンは「サイハテホーム」を友達にすすめられて知りました。
これは長澤まさみの出演しているカルピスのCMで使われていた曲ですね。


サイハテホーム1. サイハテホーム
2. リバー



これは僕の中でかなりキましたので、新曲も借りてきてみました。
まだ数回しか聴いてないから詳しい感想は割愛します。
でも、また甘酸っぱい感じの曲に仕上がっています。



BaseBallBearの新曲「STAND BY ME」


STAND BY ME
1. STAND BY ME
2. 天空 Lonely Hearts
3. BOY MEETS GIRL [LIVE]



1つ前のシングル「ELECTRIC SUMMER」をCMや音楽番組で聴いて気になっている人たちです。
このブログでもすすめてくれる方がいらっしゃいます。
ほんとありがたいです。



ELECTRIC SUMMER1. ELECTRIC SUMMER
2. Good bye
3. SAYONARA-NOSTALGIA[LAST SUMMER ver.]


声が結構細めで僕は好きな声です。
それに、サビでベースの関根さんのコーラスが入るのが個人的にすごくポイントが高いです。あのコーラスがすごい好き。

とりあえず、ヘビロテしてやろうと思います。



ラスト。HIGH and MIGHTY COLORの新曲「遠雷 ~遠くにある明かり~」


遠雷~遠くにある明かり~
1. 遠雷 ~遠くにある明かり~
2. 帰り道のオレンジ
3. 遠雷 ~遠くにある明かり~(Less Vocal Track)



ハイカラは何気に好きなのです。
マーキーの声がとても好きなのです。
そして、ユウスケの声にまだ慣れないのです。すいません。

そんなわけでかりてまいりました。
これいい曲やね。
久々にきてる。



最近ほんと聴く音楽が偏ってきてるからなぁ。
高校生のころとかほんと雑食だったのに。
あんま気にしていないんですけどね(笑
むしろ、高校生の頃とか・・・
まぁ、それは過去のことだけどさぁ・・・
書くとなんか寂しくなるね・・・


休みの日は最近家で音楽をたくさん聴いております。
でも、聴くのが偏りますね。
今日はバンプ、アジカン、ランク、レディオヘッド(トムのソロ含む)ばかり聞いていました。
あと、借りてきたCD。
そして、局所的に聴くかアルバムで聴く。
そうすると書くことがなかなか見つからなかったり(笑
もうすでに書いていたりするんですよね。


もう1回書けばいいか!!


過去の記事読むとほんと恥ずかしい。
なんでこんなことかいてるん?なんでそこ文字大きいの?なんで色ついてるの?
と、いろいろつっこみたくなります(笑
たぶん前はそういうことが楽しかったんだろうね。

もっと上手くかけるようにならないと。



そうそう。
かねてからやりたかった3カラム化を実施しました。
本当に初期の頃を知っている人は覚えているかもしれませんが、このブログは最初は3カラムだったんですよ。
覚えてる人はいないだろうな。

もともと、3カラムがよかったんですけど、このテンプレが気に入ったので2カラムでやってきました。
そして、このテンプレの3カラム化が出来ることが分かったんでけど、時間がなくてなかなか出来ませんでしたが、ようやく実施しました。

逆に見にくくなったかも・・・
とりあえず、少しの間これでやってみます。
元に戻すかもしれませんが・・・


これからも、ブログ、管理人ともどもよろしくお願います^^


[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:8 | トラックバック:0 |

モラトリアム

明後日の火曜日には、リリースラッシュの第3弾。
レミオロメンの「Flash and Gleam」の発売ですね。


Flash and GleamFlash side
1. モラトリアム
2. 1 - 2 Love Forever
3. ドッグイヤー
4. 傘クラゲ
5. 五月雨
6. シフト
7. MONSTER
8. 紙ふぶき
9. 粉雪
10. 南風
11. 雨上がり
12. スタンドバイミー
13. 3月9日
14. 太陽の下
15. 流星

Gleam side
1. アイランド


Flash sideは2006年8月12日(土)に山梨県・日本航空学園滑走路で3万人を動員し行なわれた凱旋ライブを音源化したもの。
Gleam sideの「アイランド」は新曲です。

これは、年内限定出荷ということでこれを逃すと来年の購入は困難になります。
限定盤に弱いやつです。

でも、ライブ盤ということですごく楽しみにしています。
やっぱライブ盤っていいですよね~。
ライブDVDももちろんいいけど、ライブ盤だとiTunesにインポートできて持ち歩けるのがいいですね~。
アジカンの「君という花」もインポートしたいよ・・・



さてさて、レミオロメンといったら・・・


モラトリアムですね!!



モラトリアム1. モラトリアム
2. 春景色
3. 僕らは


まぁ、「粉雪」が1番有名でしょうね。
でも、今日は「モラトリアム」です(笑

これは2nd Album「ether[エーテル]」の2曲目にも収録されています。


ether[エーテル]1. 春夏秋冬
2. モラトリアム
3. 春景色
4. アカシア
5. 永遠と一瞬
6. 深呼吸
7. ドッグイヤー
8. 五月雨
9. コスモス
10. 3月9日
11. 南風
12. 海のバラッド



僕はこの曲で本格的にレミオロメンを好きになりました。
「3月9日」は知っていましたが、それほど当時の僕の中ではこなかった。

でも、モラトリアムを聴いた時は違いました。
もう、メロディーが最高ね。この曲は。
初めて聴いた時の感覚は「天体観測」や「君という花」などを聴いてビビッときた時と同じ感覚でしたね。

うん。
この曲やばい。
サビの直前までくすぶっている感じ、サビが近づくにつれ盛り上がってくる感じ、そして、サビでの爆発。
この曲構成にもやられているわけですね。

あと、この曲は歌詞の量がハンパじゃなく多い。
何処で息継ぎしてるの?と思うくらいずーっと歌い続けている。
藤巻さんすげぇ。

モラトリアム:歌詞



そして、これは3ヶ月連続リリースの第1弾でした。
第2弾はSingle「南風」、そして第3弾は名盤「ether[エーテル]」これが連続でリリースされ、聴いていたら、



ファンになるなというほうが無理(笑



これは好きになるって。
やっぱり「モラトリアム」という曲があってこそなんですけどね。


レミオはライブには行ったことがないし、これから始まるツアーも参加はしないので、今回のライブ盤はすごい楽しみです。
1曲目から「モラトリアム」・・・ムフフ(笑

もちろん新曲も楽しみです。
まだ聴いていないので。
もう発売まで一切情報入れずに聴いてやろうと思います。


関係ないけど、レミオロメンの「レ」はレディオヘッドの「レ」なんですよね~。
レディオヘッドも大好きです!!(笑

特に関係なかった(爆


さてさて。
火曜が楽しみだな。








テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

[邦楽]レミオロメン | コメント:4 | トラックバック:1 |

ロケットNo.4

フィードバックファイル聞きまくりな今日この頃です。
いいわーこのアルバム。


フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)1. エントランス
2. ロケットNo.4
3. 絵画教室
4. サイレン#
5. 夕暮れの紅
6. Hold me tight
7. ロードムービー
8. 飛べない魚
9. 堂々巡りの夜
10. 嘘とワンダーランド
11. 永遠に
12. 自閉探索(2004 SHIBUYA-AX)
13. フラッシュバック(2004 国営ひたち海浜公園)
14. アンダースタンド(2004 国営ひたち海浜公園)
15. N.G.S (2005 SHIBUYA-AX)
16. Re:Re: (2006 横浜アリーナ)


カップリング曲が懐かしい。
最近はコンポでは専らCDで聴いているので、どうしても、シングル、そしてカップリングとなると疎遠になりがちでした。
さらに、CCCDのせいでインポートできないとなるとますます疎遠になっていました。

フィードバックファイルのおかげで素晴らしい曲揃いのカップリングがインポートできて、たくさん聞くことが出来る今の状況に感謝です。

アジカン本当にありがとうございます^^♪

ファンにことをほんとよく考えてくれています。



さてさて。
火曜にCD買ってから結構きいています。
アルバムのでなかなか局所的に集中しにくいですけど、未発表曲「絵画教室」と「堂々巡りの夜」の2曲はヘビロテしてます。
特に、「堂々巡りの夜」は曲時間も短く、すごく好きな音、メロディーの曲なのでかなり聴いています。

そして、楽しみだったカップリングたち。
どれもほんと良い曲だなぁ。
発売前は「エントランス」「サイレン#」「Hold me tight」を特に楽しみにしていました。
でも、実際に聞いていてなにより、ガツーンときたのが、



ロケットNo.4



これいいわー。
びっくりした。
ほんと久しぶりに聴いたんですよね。ほんと、1年とかそのくらいぶりに。
(この時点で今まで粗末に扱っていて申し訳ない感があった)
言い訳もできん。
ほんとすんまそん。


すごく良い曲と改めて実感。
でも、よくよく考えればアジカンのCDで初めて借りたのは「君という花」のシングルで、そのときに「ロケットNo.4」もMDに落としていたんですけどね。


君という花1. 君という花
2. ロケットNo.4



たぶん当時のオレにはそんなにこなかったのか、「君という花」のインパクトが強すぎたのが。

改めて聴くとほんとすんごくいい。
なんでかなー。
昔のおれ。ばかっ。あほっ。

ロケットNo.4:歌詞

まず、サビへの盛り上がり方がいい。
ぞくぞくします。体が踊ります。
そして、サビの歌詞。

No.4ロケットは
希望という木星行き
No.4ロケットは
衝動が原動力なんだ



希望という木星行き

ここが特に好き。
jupiterやん!!

バンプファンは木星と言う言葉に敏感ですよ。
オレの思い込み!!!

まぁ、それは置いといて。

そして、ロケットNo.4の原動力は「衝動」なんですよ。
これはきっと初期衝動のことなんだろうな。
ロックを始めた衝動みたいなモンでしょうか。

まだよくわかんないけど。
アジカンの歌詞はもっと味わっていかないと。


マルチさんが詳しく書いているのでぜひ読んでみてください。
ロケットNo.4



ほんとこのCD買ってよかった。
ライブ音源もいいし。
カップリングもガンガン聞けるし。
未発表曲もすごくいいし。



ほんとありがとうございます。



ASIAN KUNG-FU GENERATION


さて、また聴くか(笑







テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:5 | トラックバック:0 |

不安、失望、そして希望

バンプの公式サイトで「涙のふるさと」のジャケットが公開されてました。

今までとは違う感じのジャケットですね。
このジャケットにも意味が込められているのだろうか。

海をバックにつぎはぎのロボットが立っている。
なんだろう。20世紀少年とか思い出しました(笑


バンプを取り巻く環境が大きく変わってきていますね。
所詮オレのエゴなので、ここでは何も触れませんが。

早く新曲が聴きたい。
聴きたい。
聴きたい。
聴きたい。

聴くことで安心したい。

早く聴きたい・・・





ランクヘッドの公式サイトにRadioheadトリビュートの情報が公開されました。

やっぱり公式で発表されると安心しますね。

収録曲などの詳細はコチラ

ランクの「Creep」も聞いてみたいなぁ。
でも22日は出費がすごいことになりそうだ。

ランクと音速が並んでいるのをみてにやけてみたり(笑


明日バイトでいろいろ忙しいから簡易更新です。
コメントの返信も明日バイトから帰ってきたらします。
夜になると思いますが少々お持ちください。
いつもいつもすいません。

[音楽&日常]音楽 | コメント:8 | トラックバック:0 |

フィードバックファイル


フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)1. エントランス
2. ロケットNo.4
3. 絵画教室
4. サイレン#
5. 夕暮れの紅
6. Hold me tight
7. ロードムービー
8. 飛べない魚
9. 堂々巡りの夜
10. 嘘とワンダーランド
11. 永遠に
12. 自閉探索(2004 SHIBUYA-AX)
13. フラッシュバック(2004 国営ひたち海浜公園)
14. アンダースタンド(2004 国営ひたち海浜公園)
15. N.G.S (2005 SHIBUYA-AX)
16. Re:Re: (2006 横浜アリーナ)


さて、本来ならば昨日書く予定でしたが、ランクヘッドのライブレポ後半を書いたために、「フィードバックファイル」の感想が今日になりました。

もちろん、昨日フラゲしてランクヘッドと交互に聞いていました。


いやーようやくアジカンのカップリング曲がiTunesにインポートできましたよ。
正直、最近は疎遠になっている曲が多かったので、聞き出すと、懐かしさと、曲のパワーによって聞きまくるといういつもの流れ(笑

それにしても、カップリングの完成度がやっぱり高いですね。
すごくいい曲ばっか。


そして、楽しみの1つが2曲の未発表曲。

「絵画教室」「堂々巡りの夜」

どちらも素晴らしい曲だった。
これに、カップリング集+ライブ音源+ライブDVDですからね。

なんつーボリュームだよ。
もう大満足の1枚ですね。


それでは多少感想を。


絵画教室
これは、アジカンの公式サイトでサビを試聴できて誘惑に負けあっさり試聴いていました。
もうその時点で早く聞きてぇって感じでした。


めっちゃ良い曲やん。


そして思ったのが、ライブで聴いたらすごいだろうな。ということ。
すごく酔杯が楽しみになった。

これはソルファのころに作った曲だそうです。
ソルファはどちらかといえばポップよりというのが僕のイメージです。
でも、これはロック。
ゴッチのエモいヴォーカルがいいなぁ。
確かに君繋~ソルファの間にありそうな感じの曲だと思う。



堂々巡りの夜
これもすごくはまる曲。
というか、すでにはまっているという罠(笑

メロディーがすんげぇ癖があっていい。
これも早くライブで聴きたいなぁ。

解説によると、2番からメロディーは同じなんだけど、コード変わるとか。
最近はいろいろ曲をいじるそうです。


↓アジカンよるフィードバックファイル解説
フィードバックファイル解説

ちなみに「堂々巡りの夜」以外試聴できるようです。
聞いていたい方はぜひ。


ライブ音源も良い感じですね。
ますますライブに行きたくなってきた。


けど、


「フラッシュバック」はなしだわー。
昨日も書いたけど。

もちろん良い曲なんですけど、「君繋ファイブエム」のように、「フラッシュバック」→「未来の破片」と繋がっています。

そして、「フラッシュバック」が終わると5秒くらい?「未来の破片」のイントロが入っています。
「フラッシュバック」を聞いていると、まるでライブ会場にいるかのような感覚になり、次は「未来の破片」だー!!と思ったところで切れる・・・


うぅ。。。


「未来の破片」もいれてよ・・・
ライブDVDには入っているけどさぁ・・・
「フラッシュバック」と繋げて聴きたいやん・・・


ライブDVDも良い感じでした。
「君という花」の間奏での「ラッセーラッセー」はお決まりですね。
酔杯ではもちろん叫びますが。

それと、「リライト」がAXでの映像なんですね。
ここに行ってきたのかーと思いつつみました。
この映像を見ると、僕は相当近くでランクヘッドを見たんだと思います。


間違いなく買って損のない作品でした。
これで、カップリングも持ち歩ける^^♪

よーし。聞くぞ~♪♪♪


[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:4 | トラックバック:0 |

ワンマンツアー2006「変をしている」FINAL その②

さて、今日はランクヘッドのワンマンツアー2006「変をしている」FINALライブレポ後半です。

前半を読んでいない方はまずはそちらを読むことをおすすめします。

ワンマンツアー2006「変をしている」FINAL:前半





さて、では続きです。
もう一度セットリストを載せておきます。

セットリスト

1. 恋をしている
2. 光の街
3. 虹
4. 千川通りは夕風だった
5. 物思いに耽る庭
6. 最後の種
7. 灰空
8. 夏の匂い
9. クローバー
10. 月と手のひら
11. プルケリマ
12. ハイライト
13. 僕らの背中と太陽と
14. 体温
15. インディゴ
16. loop
17. カナリアボックス
18. すべて

EN-1
1. 月光少年
2. 前進/僕/戦場へ
3. そして朝が来た

EN-2
4. 白い声



13曲目「僕らの背中と太陽と」

小「僕らの2006年のテーマソングです」

と言って始まった曲。
たしか、フリーペーパーのインタビューでもそういってました。

なんか、しんみりしながら聞いてました。
この曲の歌詞はほんとランクヘッドというバンドの想いや、強さの詰まっている曲だと思う。
同時に自分も重ねる。
すると不安にもなるけど、前向きにもなる。
そんな曲。


14曲目「体温」

小「体温を感じたいよ!!!!!」

とめちゃめちゃ煽って始った体温。
やっぱ体温の前にはいつも言うんですかね。
リキッドの時は言ってたな。

そして、ここからアッパーな曲が続くだろうという予想が容易にたったが、全力でランクの体温を感じにいった。

この曲は絶対にライブで聴くべきだと思う。
CDで聞いてももちろんいい曲。名曲です。

でも、ライブだと歌い手の体温をひしひしと感じることが出来る。
感情むき出しの名曲「体温」が襲いかかってくる。

最高の曲です。


15曲目「インディゴ」
連続でアッパーな曲。
いままでそれほど騒ぐような曲が続かなかったがここにきて一気に畳み掛けてくる。

そして、今日は正直アルバム「プルケリマ」からは「プルケリマ」と「僕らのうた」をやるかと思ってた。
まぁ、最終的には「僕らのうた」をやると思った僕の予想は外れてしまいましたが、「インディゴ」も大好きな曲なので。

この辺りから会場の熱気も上昇。


16曲目「loop」
やってくれたーーーーー!!!

「loop」はぜひとも聞いてみたい曲だった。
演奏してるランクかっけぇ。
音がかっこよすぎだよー。

壮さんのギターに釘付けでした(笑
これは「loop」ヘビロテしないとだな。


17曲目「カナリアボックス」
そろそろだと思ってました。
会場の熱気もここで最高潮に。

ほんとこの曲好きだわー。
楽しすぎ(笑

今日はイントロのギターの音が歪む部分で、爆発物を使用してました。

NEC_0046.jpg


それで、上の金紙が飛び出してきました。
思わずゲット!!
これはいい思い出になる。いいブログのネタになる。

そして、当然のごとくもみくちゃ(笑

こ、これがアメフト壁(ライン)の圧力かっ・・・
だが負けん・・・

すいません。アイシールド21に多少影響を受けました(笑
それにアメフトもっと激しいだろ。


それは置いといて、やっぱり前列の圧力はすごいですね。
エルレほどではないけど、今まで僕が体験したライブではエルレの次に激しいライブだった。

それにしてもめっちゃ楽しかった。
それしか感想がない(笑


18曲目「すべて」
アンコール前ラストの曲。
ここで「すべて」とは思っていなかった。
「ぼくらの歌」と予想してました(笑

「すべて」も小高さんが感情むき出しで歌うから僕も必死でそれに応えようとしてました。
リキッドのときはまだ「すべて」はリリースされていなくて、新曲という形できいたので、曲の構成とか全く知らない状況でしたが、今回はバッチリ聞いているのでガンガン跳ねてました。

最後のセリフの部分では、小高さんが「ありがとう」と何度も言っていて泣きそうになりました。たしか・・・
ぶっちゃけもう終わりたくねーや、ありがとうはこっちだよーとかおもって聞いてた、跳ねてたから詳しく覚えていない(爆
でも、泣きそうになったのはほんとだよ。


アンコールがかかり、初めにリョウさんが1人で出てきました。
そして3分だけ話をさせてといって話し始める。

内容は去年の11月にランクヘッドを脱退しようとしていたことについて。
これはフリーペーパーのインタビューで読んでいて「僕らの背中と太陽と」や「そして朝が来た」に救われたとインタビューに応えていたのを覚えていました。
だからこそ、この話は聞かないといけないと思い耳を傾けた。


昨年の11月にひじを痛めてランクを脱退しようとしていたリョウさん。
しかし、この時にすでにAXでライブをやりたいということ、アルバム「LUNKHEAD」の制作に向けて動き出していたこと。
そんな中でどんどん気持ちが沈んでしまっていたを話してくれました。

小高さんとサシで飲んで最後は二人で男泣きしたこと。
メンバーに助けられたこと。

など、ほんとチームワークのいいバンドなんだと思いました。
そして、このAXまでは責任を持ってドラムを叩くと去年の今頃は思っていたそうです。
だから、もしかしたらこの日がリョウさんラストのドラムだったかもしれない・・・

しかし、今はもう大丈夫だそうです。


そして、マイクなしで「本当にありがとう」と大声でいうリョウさん。
僕らこそありがとうです。

リョウさん泣いてたよね。きっと。
僕もいま書きながら思い出すと、なんか胸にこみ上げるものがあります。
もちろん会場ではうるうるでしたが何か?
リョウさんのドラム、オレ大好きです!!


EN-1「月光少年」
アンコールの一発目がこれとは意外。
ぶっちゃけ今日はやらないのか~、残念。と思っていました。

もう「カナリアボックス→すべて」とシングル曲の連発、そしてノリノリの曲が続いてアンコールに突入しての月光少年はやばい。
ますますヒートアップしてる(笑

それに反比例して僕の体力は落ちていく(笑
この曲で跳ねようとしたら右ふくらはぎがつりそうになった。
ヤバイヤバイ。
なので、軽く跳ねながらこぶしを突き上げていました。


この曲を聞くときの個人的なこだわりとしては、サビの手前までは普通に拳を突き上げているんですけど、サビの

両の手のひらは広げたまま
どこまでもいけるような夜でした
空に光る月でさえも



ここで、両手をパーにする(笑
さらに、

この手に掴めるような



で、広げていた手を握る。
という聞き方が僕の中で定着しています。
結構やってる人がいたと思います。


EN-2「前進/僕/戦場へ」
ここに来て定番曲の連打。
まずい、体がついていけない(笑
しかし、それを吹っ飛ばす勢いのランクへッド。
疲れを忘れ曲に集中する。

ちょっとAge26Verを聞いてみたかったけど、通常でも普通にいい曲です。

間奏で小高さんと壮さんが前に出てギタープレイ。
その後ろで合田さんが足踏みしながらベースをはじく。

すごく楽しそうに演奏していました。


EN-3「そして朝が来た」
ここできたかー!!
これも聴きたいと思っていた1曲。
しかし、ここまでやらなかったので今日はやらないのかと思ってました。
でも、この曲はランクヘッドのなかでデカイ存在の曲だと思っていたのでやるだろうとは思ったんですけどね。
さすがに、アンコールのラストは想像できんかった。

小高さんの感情はいりまくりの歌がすげぇ印象的。
やっぱ歌詞がいいなぁ。


EN-2「白い声」
人生初のダブルアンコール。
1つ前の大阪でダブルアンコールやっていたのを知っていたので、もしかしたら今日も・・・
と少し期待していました(笑

小「この歌を笑って歌える日が来るとは思わなかった」

小高さんはそういいました。
そして、そういって始まったラスト1曲。

小高さんのこの言葉を聞いてこの曲きいたらもう泣かずにはいられなかった。

本当は誰かに伝えたくて
叫びたくて
わかってほしくて



この曲が収録されている名盤「地図」と最新作「LUNKHEAD」の曲の歌詞を比べたらあきらかに歌詞の内容に変化があります。
それは小高さんの変化であり、ランクヘッドの変化である。

僕はちょうどそんな変革期にランクを好きになったから、どっちのランクも好きです。
でも、「白い声」を笑わずに歌っていた小高さんを想像することができません。

だって、笑って楽しそうに歌っていたから。
僕らは幸せな気分になりましたよ。

明け方6時に君と僕は
扉をひとつ
ぬけたみたいだ




ランクヘッド本当にありがとう!!



それではここで、覚えている範囲でMC書きます。

小高さんが演奏を始める前に

小「よし、よし」

といっていると、会場も「よし、よし」という。
すると小高さん。

小「よし、よし、よし。太朗!!」

言うと思ったー!!
てかオレ言いたかった(笑
そしてあっさり合田さんにつっこまれる小高さん。
どんまい。僕もつっこまれた気分です(笑



これは初めのアンコールが始まる前かな。
僕は1曲目の「恋をしている」でステージが明るくなった時からずーっと気になっていました。

ベースのアンプの横の、少し背の低いアンプの上に、


VIDEO CLIPSのジャケの生物(置物)がある


おもわず吹きました。
それをアンコールまで一切触れずにやってのけるランクヘッド最高。
そして、この置物はビクターが買ったんだとか(笑
たしか、「モーマット君?」だか「マーモット君?」だかなんとか。
名前募集とかもいってた気が。

これからツアーのたびに出てくるんじゃないか?と思ってしまいました。


あと、今回は合田さんもいろいろしゃべっていたな。

小高さん→ボケ

合田さん→ツッコミ

という構図が見えた。

あ、書き忘れた。
アンコール前の「すべて」と、ラストの「白い声」が歌い終わると、みんなでジャムってて、そのとき小高さんがシンバルばしばし叩いてた。
それみてて本当に楽しそうだと思いました。

あと、どっかで「山下ーーー!!!」と小高さんが叫んだのが印象的だった(笑





龍さんの力強いドラム
合田さんの跳ねるようなベース
壮さんの華麗なギター
小高さんの感情はいりまくりのヴォーカル




本当に最高のライブでした!!




ありがとう、ランクヘッド!!!



あぁ~ほんとあの2時間半が夢のようだ・・・
また行きたいなぁ・・・


・関連記事
1.Blog Sphere





フィードバックファイルかいました。
いい感じですね。
詳しくは明日にしますが。

でも、

フラッシュバックひどいわー。
未来の破片のイントロ入れるのひどいわー。
あのライブの臨場感が伝わる中で、次は未来の破片!!と期待してるのにイントロで切れるんだもんなー。
未来の破片もいれてよー。
ききてぇよー。


・・・これが狙い!???(笑

絵画教室、堂々巡りの夜、どっちもめっさいいですね。




ラッドの公式でアルバムの情報が出ましたね。
曲名はまだみたいです。

と思ったら、アマゾンには載ってるようです。


・・・また出費が


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

[ライブレポ]ライブレポ | コメント:8 | トラックバック:0 |

ワンマンツアー2006「変をしている」FINAL その①

今日1日ぐったりとしていました…
さらには左耳にも多少の異常があります。なんか詰まってる感じがする。

でも、最高のライブだったからぜんぜんいいんですけど(笑

でも、昨日のライブはほんと疲れたなぁ。
いつもなら最後まで元気なはずなのに、アンコールで跳ねることはなかった。ふくらはぎつりそうになったし(笑
手は上げてたけど、肩痛かったし。


夢見てるような感覚に襲われていたので、レポがちゃんと書けるか不安ですが、とりあえず書きます。



午前中にバイトのミーティングがあったので結構詰まった日程でした。

午前中バイト→速攻電車で移動→ライブ→帰宅

これが昨日の一連の流れです。


電車がぎりぎりでしたが間に合ってよかった。


4時ちょっとすぎに原宿に到着。
SHIBUYA-AXは代々木体育館の裏側にあったので、渋谷で降りて歩くよりも原宿から行ったほうが近かった。

行くときに代々木体育館を見てすごく懐かしい気持ちになりました。
今年の3月にここにバンプのライブ観にきたんだよなぁ~と。
まぁ、原宿についた時点で思いましたけど(笑

それにしても、代々木体育館といい、SHIBUYA-AXといい、何で原宿からのほうが近いのよ(笑

代々木体育館→代々木駅

SHIBUYA-AX→渋谷駅


のほうが近いとずっと思ってましたから。



まぁ、そんなことはさておき、歩いて10分くらいでSHIBUYA-AXにつきました。
つくとすぐにグッズ販売をやっていたので早速並んで購入。

↓買ったもの



・BONE BORN 69 Tシャツ(グリーン)
・ラン君マスコット付き携帯ストラップ
・タオル
・ステッカー
・限定音源



とりあえず一番の目当ては限定音源です。
買ってから知りましたがシリアルナンバーいりなのね。
僕のは671でした。

…特になんともない番号ですorz

収録されていた曲は3曲。

・覚醒☆再☆リダイヤル
・ホットコーヒー
・飛行機雲


初めて知った曲、名前を聞いた曲ばっかで、かって本当によかった。
しかも新録だよね?

そして、買い物をしたら雨がぱらぱら。
曇っていたけど、降るとは思っていなかったので、傘等何も持ってなかったので、Tシャツに着替えてタオルを頭に乗せてました。


5:30に僕らは入場。
チケットの番号は真ん中くらい。
ちょっと後ろになるかなぁ~と思いましたが、案外前のほうでした。
それに、ランクが出てくると前のほうにググッとよるので、もうほんと目の前くらいに来ました。
カナリアダイヤモンドのリキッドよりも確実に近い。
最終的には前から3、4列目くらいにいた(笑


入場してから始まるまでの待ち時間がやっぱり嫌いです。
うずうずするけど、まだ待て!!みたいな。
友達と話していたのですぐに時間は過ぎますけど。


6:10くらい

ランクヘッド登場!!


そしてライブがスタート。

セットリスト

1. 恋をしている
2. 光の街
3. 虹
4. 千川通りは夕風だった
5. 物思いに耽る庭
6. 最後の種
7. 灰空
8. 夏の匂い
9. クローバー
10. 月と手のひら
11. プルケリマ
12. ハイライト
13. 僕らの背中と太陽と
14. 体温
15. インディゴ
16. loop
17. カナリアボックス
18. すべて

EN-1
1. 月光少年
2. 前進/僕/戦場へ
3. そして朝が来た

EN-2
4. 白い声




1曲目「恋をしている」
僕の中ではランクの1曲目は「月光少年」と勝手に思っていました。
今回のツアーでは1曲目に「恋をしている」をやっていたので、今日もそうだろうなと予想はしていました。


やっぱライブはいいね。
あぁ、この瞬間を待っていたんだよって感じです。
それほど激しい曲ではないので、いつものように初めからもみくちゃにされるというような感じではありませんでした。

やっぱりいい曲ですね。
いきなり繋がることができた。


2曲目「光の街」
きたこれ。
これもめっちゃ好きな曲。
やってほしいとは思っていたけど、2曲目から聞くことができるとは。
裏声がすごくいいですね~。

何気にこいつは再生回数100回越えてるんですね(笑
アルバム「LUNKHEAD」のアルバム曲では唯一100回越えています。
よく聞いてます(笑


3曲目「虹」
リョウさん作詞の曲。
昨日感動のMCがありましたよ。
それは後で書きます。

この曲も好きでしたが、昨日聞いてますます好きになった。
CDで聞くより音がすごくかっこよかった。
ライブってすげぇな…


4曲目「千川通りは夕風だった」
これには正直驚いた。
4曲目で!?
やるなら後半と思っていました。
今日のランクは何かが違う。そう感じながらも…


ノリノリ(笑


4曲のなかでは多分一番ノリのいい曲だったかな。
なので、ここが前半で一番もみくちゃだった。


この曲が始まる前に小高さんが少ししゃべった。
挨拶すると、

「今日はおはしもとが、お足元がわる、お足元が悪い中よくおこしくださいました…」

といきなりかみかみ(笑
これには笑ったけど、この気遣いがありがたい。


5曲目「物思いに耽る庭」
小「懐かしい曲をやります」

といって始まったこの曲。
いや~嬉しかったね。
今日は「影と煙草と僕と青」の収録曲はやらないだろうと思っていたから。

それにしても歌詞がいいなぁ。
今とはぜんぜん歌詞の内容が違うけど、こういう感じの歌詞もいい。

この曲はみんな聞き入っていました。
もちろん僕もしっかりと聞いていました。
すごく響いてきますね。
ライブパワー恐るべし!!


6曲目「最後の種」
2曲続けてサプライズ。
これもやるとは全く想像していなかった。
「影と煙草と僕と青」の中でも特に気に入っている曲です。

歌詞の構成がすごくいいんです。
じっくりと歌詞を味わいましたよ。
歌詞サイコー!!


7曲目「灰空」
ついに願いが叶った瞬間でした。
たぶんこのブログでも何回か書いてますが、この曲をきっかけにランクヘッドにのめりこみました。
なので、ライブで聴いてみたいとずっと思っていました。
3回目にして初の「灰空」

もうイントロがなった瞬間ビクッてしてしまいました(笑
近くにいた方すいません。
小高さんが歌い初めたら泣きそうになりました。

もう何も見えない そう思って見上げた夜空に
今まで気づかなかった数の星が瞬いていた



僕の大好きな部分を聴いたときにも泣きそうになった。
もう胸がいっぱい。

・・・なんかキモイ?もしかして


8曲目「夏の匂い」
灰空が終わるとおもむろにエレキギターを取り始めて、アコギを肩にかけ始める小高さん。


夏の匂いきたーーー!!!


と思いした。
アコギになるという情報は得ていましたから。

小「夏の歌を唄ってもいいですか?」

と聞く小高さん。


いいに決まってるじゃないですか!!

これもめっちゃ聞きたかった。
「灰空→夏の匂い」となに、この鬼のような流れは!!
めっちゃウルウルしてますけど(笑
泣かせるねぇ。


二人で生きていく
ただそれだけで僕ら強くなれた
カナカナが鳴いてた
あの日も同じ夏の匂いがしてた



ここをアコギ一本で弾いて、小高さんにだけスポットライトが当たって歌っているのがかなりやばかった。
かっこいいし、声が、アコギが胸に響く。


「夏の匂い」が始まる前に少しMCがありました。

小高さんのアコーステックギターはお母さんのギターらしいです。
それを(確か)14歳の時に見つけて弾き始めたのがギターをやるきっかけだったとか。

そして、このギターで夏のインストツアー、今回のワンマンとずっと使ってきたと言うこと。

あと、アコギの音を電気に変える装置は壮さんの借りているとか。

アコギだけではさすがに音が小さいですからね。
アコギのネックの付け根の部分についてました。


9曲目「クローバー」
「クローバー」をやるときも小高さんはアコギのままでした。

「灰空」→「夏の匂い」→「クローバー」

と、とても穏やかに、そして温かな時間が流れてました。


なんて贅沢な時間なんだ・・・


「ララパッテルポルク」を生で聴けたのが嬉しかった^^
そして、「パ」の部分で手のひらをパーにしている人がいたのでまねしました(笑

それと、2番の後の間奏で、壮さんのギターソロの時に小高さんが、

小「壮ちゃん!!」

と、「鼻歌とサイドアウェイ」のような掛け声をかけてました。


10曲目「月と手のひら」
この日1番のサプライズだったかも。
この日は本当に全く予想しなかった曲をやってくれてほんと嬉しい。

これも、生で聴くとすごくキタ。
ナノムゲンで「タイトロープ」を聞いたときと同じ感覚。
これはくるぞ。
マジヤバイ。
歌詞がスーッとしみこんでくる。
灰空からの流れもあるんだろうけど、この中盤は個人的には本当に最高ので、贅沢な時間を過ごしたと思っています。

それと、壮さんのギターソロがものすごく印象的でした。
特にラストの部分。


11曲目「プルケリマ」
これも聞きたかった。
特に今、めっちゃ聞いているから特に。

やっぱりキラキラしてすごくいい曲だよ。
今回はアルバムVerではなくて通常のバンドサウンドでした。

どっちも好きだから聞ければ満足です^^

もうすぐ二人の宝箱をばら撒けた空は地球の裏側へ
そして世界は明日へ



明日になりたくない。
この空間にずっといたい。

そう思いました(笑


12曲目「ハイライト」
ここまではどちらかと言えばノリの良い曲と言うよりは、バラードや、ややスローな曲で騒ぐより、小高さんの歌声に、ランクヘッドの演奏に聞き入っていました。

そして、ハイライトで今まで、跳ねたりすることなく手を振って聞き入っていただけでしたので、ここからヒートアップしていくのだろうと思いました。

その初めが「ハイライト」
これは毎回聴きたいと思うくらい好きな曲。
しかし、前回のリキッドではやらなかったので、今回もやらないかもしれないと半ば諦めていたところもありましたが、イントロ聞いた瞬間にキタクコォレ!!となりました(笑

うーん。
むっちゃ良い曲や(笑

今まで少しおとなしかった観客がここで爆発。
跳ねる跳ねる(笑

僕も跳ねる跳ねる(爆

この曲は歌詞もメロディーもほんと素晴らしいな。
聞けてよかった^^







さて、ここまでが僕の中では前半戦です。


そして後半へ・・・


といきたいところですが、いかんせん長い!!+疲れた(笑

ので、後半は明日書きます。
一気に書けんくてすいません。

明日はアジカンの「フィードバックファイル」の感想と思っていたんですけど、ライブレポがここまで長くなるとは思わなかったので、これは水曜の夜に書きます。

後半は、正直何も考えずに本能の赴くままに聞いていたのでグダグダのレポになりそうですが。

それではまた明日。
コメント返信は明日の夕方にやります。


本当に申し訳ないです。

明日朝早いのです。

ちゃんとお返ししますので。
コメントどしどしお待ちしています♪


・関連記事
1.Blog Sphere


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

[ライブレポ]ライブレポ | コメント:14 | トラックバック:1 |

変をしてきた、恋をしてきた

ただいま帰りました。
家についた時間:1時半


超疲れた・・・






超超超楽しかった!!


ので、プラマイプラスです(笑


いや~今日のランクヘッド最高だった。


そして。



神憑ったライブでした。


もうほんとサイコー。

まずはセットリストがおかしい。

1. 恋をしている
2. 光の街
3. 虹
4. 千川通りは夕風だった
MC
5. 物思いに耽る庭
6. 最後の種
7. 灰空
MC
8. 夏の匂い
9. クローバー
10. 月と手のひら
11. プルケリマ
12. ハイライト
MC
13. 僕らの背中と太陽と
14. 体温
15. インディゴ
16. loop
17. カナリアボックス
18. すべて

EN-1
MC
1. 月光少年
2. 前進/僕/戦場へ
3. そして朝が来た

EN-2
MC
4. 白い声


やった曲は覚えてましたがちょこちょこ順番違ってたんで某所からいただきました。
たぶん間違いはないかと。
それに、MCも結構あった。
もっとあったと思います。感動アリ、笑いアリのMCでした。

でも、このセットリストほんとおかしい。
すごすぎ。
もう聴きたかったやつ全部やってくれてる。

灰空やってくれた時点でもう最高だったのに。
ランクありがとう!!

そして人生初のダブルアンコール。



最高のライブでした!!!



詳細レポは明日にでも。
コメント返信も、もう少しお待ちください。
さすがに今日は疲れました。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

[ライブレポ]ライブレポ | コメント:4 | トラックバック:0 |

恋をしている

ランクヘッドに!!!!!


いきなり失礼しました。

「恋をしている」

名盤「LUNKHEAD」の1曲目を飾るラブソングです。



LUNKHEAD(初回限定盤)1. 恋をしている
2. カナリア ボックス
3. すべて
4. 光の街
5. クローバー
6. 僕らの背中と太陽と
7. 虹
8. a.m.
9. ブラック・ミスティ・アイランド
10. loop
11. そして朝が来た
12. プルケリマ Album version


今回のツアータイトルはこの「恋をしている」をもじって「変をしている」になったんですね。
これは一般応募で決まったツアータイトルです。
考えた人すごいな。


てなわけで、僕は明日2ヶ月近く待ったランクのライブにいってきます。


変をしてきます!!


これも、ツアータイトルが「変をしてるだから」こんなことをいってるわけで。
まぁ、周知の事実でしょうが(笑



それにしても、この「恋をしている」という曲はほんとランクヘッドの中では珍しいど真ん中のラブソングですね。
小高さんもラブソングと言っていたはず。

恋をしている:歌詞

あえて、ライブで聴くときは"あなた=観客"として聞いてみようかと思っています。


あなたを知りたい
もっと近くにいたい
心と心で繋がっていたい



さすがに上2行は苦しい部分もありますが、"心と心で繋がっていたい"と言うのがキます。

この曲、さらにはランクヘッドの曲で、ライブハウスという空間の中で、僕らとランクヘッドは繋がることができる。
CD聞いてるときはやっぱりどちらかと言えば一方的な恋。
しかし、ライブハウスとなれば、ランクの歌う姿は見れるし、僕らが心から彼らの曲を聞くことを待っていたことを伝えたい。伝わる。・・・はず。
僕はそう思います。

なので、ライブハウスで出会うことで相思相愛になれる。
これは別にハコの大きさとかは関係ないと思いますけどね。
明日はライブハウスなので。
しかも結構はやい番号なのかな!?たぶん。
カナリアダイヤモンドツアーより近くで演奏している、歌っている姿を見たいな。

あぁ、もうずんずん入り込んでくるんだろうなぁ~。


今日寝れるのか!!?



実は昨日貫徹したから普通に寝れるわ~(笑
よし!!しっかり体力回復して楽しんでくるぞ!!


今日は短めですいません。


テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]ランクヘッド | コメント:10 | トラックバック:0 |

Loop


LUNKHEAD(初回限定盤)1. 恋をしている
2. カナリア ボックス
3. すべて
4. 光の街
5. クローバー
6. 僕らの背中と太陽と
7. 虹
8. a.m.
9. ブラック・ミスティ・アイランド
10. Loop
11. そして朝が来た
12. プルケリマ Album version


あ~、早く変をしてきたいたいです(笑
あと2日!!!!!

今日のバイトは乗り越えたが、明日は学校でオリエンテーション、ライブ当日の日曜は朝から昼までバイト・・・




苦あれば楽あり!!!!!




の精神で乗り切ってやろうと思います。
それにしても楽しみの前にはいつも苦しみが山積みなんだよなぁ。
なんでだろ。


まぁ、そんなことは置いといて、あと2日後にはランクヘッドの「変をしている」ツアーファイナル。
もう今から楽しみでしょうがない。

今回はアルバム「LUNKHEAD」からの曲が中心だろうと予想されます。
なんせ、アルバムが出てから初のツアーですからね。
まぁ、インストツアーはやってますけど。
ライブハウスではこれが初めてのはずなので。

なので、まずは、アルバム「LUNKHEAD」を今日からまたガンガン聞き始めています。
今まではほんと藍坊主、トム・ヨークばっかだったからな。
coloさんにはさすがに負けますが、僕もそれなりに藍坊主は聞いてるし、トムのアルバムも2日で10回は通して聞いたし。



いや、聞き足りないですけどね(爆



でも、とりあえず、そろそろ「変をしている」ツアーに照準をあわせていきたいと思います。



とまぁ、色々理由を書きましたが、ツアーが近いと思ったらやっぱランク聞きたくなるやん(笑



そんなわけで、今日はライブで聴きたいと思った「Loop」について。

この曲は、アルバム「LUNKHEAD」の10曲目に収録されています。
この曲は初めて聴いたとき、新しい試みがなされている曲だと思いました。

ランクヘッドは割とストレートでエモい曲を作るというのが僕のイメージでした。

しかし、この曲はイントロからギターの音が機械音っぽいし、サビではテクノ?と思わせるような音作りをしています。あの音はギターで出しているんですよね?おそらく。
詳しいこと知らないのであまり口出せませんけど。

「KID A」とか「The Eraser」に比べたらぜんぜん機械音、テクノではなく感じるんですけど。まぁ、微妙なところです。
でも、初めて聞いた時はほんと衝撃だった。
ランクもいろいろやってくれるなぁーとね。
こんなこともありなんだと。


それとメロディーが暗闇の街を疾走している感じがする。
アジカンの「サイレン」のPVみたいな感じかな。
これは超個人的な意見ですけどね。


それに歌詞も好きな感じです。
Loop:歌詞


何万回の夜だけ何万回の朝が来る




そして、次の曲が「そして朝が来た」



完璧な流れ!!



この曲も好きです(笑
これもライブで聴きたいな。
このアルバムはほんとすごいアルバムよね。


よし、「プルケリマ」「月と手のひら」「地図」「影と煙草と僕と青」も聞かねば!!



ライブで「灰空」やってくれないかな~。
一度でいいから生で聴きたいんだよね。
なんたってランクをここまで好きになるきっかけの曲だから。

どんなセットリストかも楽しみの一つです。


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

[邦楽]ランクヘッド | コメント:8 | トラックバック:0 |

ソラニン+α

ビックリしたわー。昨日の話しですけど。

ランクヘッドのブログを何気なく開いた瞬間にビックリしました。


ランクヘッドBLOG



10月18日のリョウさんの日記の写真見た瞬間にビックリ。



ソラニン!!



友達にすすめられて読んだんですよ。
音楽ってやっぱり素晴らしいですね。

NEC_0044.jpg


しかも、僕ももうすぐ同じような世界に行くわけだし。
うーん。
考えてしまうし、泣いてしまう。

「ソラニン」聴きたい・・・

リョウさんも言ってますけど。
それと「働きマン」も気になるねー。
マンガが増える一方だ・・・


さて、ライブの追加と、ライブの先行の情報。


まずは、アジカンのライブの追加情報。
来月から始るアリーナ・ツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 酔杯 2006-2007 「The start of a new season」』の直前、11月6日(月)に下北沢SHELTERでワンマン・ライブを行うことが決定したそうです。

アジカンの公式ページでチケット販売のための抽選が始っています。


いや~、酔杯の前に単独ライブか~。






行きたい!!!!!

一緒に行く人がいないorz



なんで僕の周りには同じ音楽好きな人がいないのさー。
どうしよう。
単独参戦か!!??

申し込もうかなー。
申し込まないことには始らないし。
うーん。悩みング。
平日ということはきにしないw




もう1つ。
エルレのワンマンツアー先行の情報。
オフィシャルサイトの先行予約のエントリー期間は2006/11/8(水)22:00~2006/11/12(日)23:00です。
あと、2週間ちょっとしたら始ります。



うん!!




忘れそう(笑




いや、超行きたいライブだから絶対忘れねぇ!!
あぁ、競争率高いだろうな。



気合でとるぜ!!!




それにしても、


ライブ行きてぇ。



今週の日曜は待ちに待ったランクの「変をしてるツアー」ファイナル!!






全力でをしてきます!!!!!

もともと変ですけど・・・www 

それでは、ランク予習しよ~^^
まだまだランクは聞きまくるぜぃ。





実は初のタイマー投稿です(笑
上手くいくかな・・・






ミスった(爆
時間早いけど更新。


[音楽&日常]音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Eraser

やべー。ぶどう美味しい(笑
実家からぶどうと梨が送られてきました。
美味しいけど、皮むくのはめんどい。



さてさて、昨日、聴いてる音楽の7割は藍坊主でございました(笑
それにしてもハローグッバイすごくいいですね。
めっさ聴いてる。

そして、後の3割の内訳はまず、バンプが1割くらい。
これを聞かない日はない(笑
そして、残りが、Radioheadとトム・ヨーク。
昨日、ハローグッバイを買ってきました。
実は、Radioheadのヴォーカルのトム・ヨークのソロ・アルバム「The Eraser」も買っちゃいました。


The Eraser1. The Eraser
2. Analyse
3. The Clock
4. Black Swan
5. Skip Divided
6. Atoms For Peace
7. And It Rained All Night
8. Harrowdown Hill
9. Cymbal Rush



どーしても我慢できなかった。
後で後悔したくなかったので買った。
そして、今日の音楽の内訳が(感覚的に)藍坊主3割、トム・ヨーク5割、その他2割くらい。
他、2割はバンプやらバンプやらオレの好きなアーティスト達。

今日は意図的に?藍坊主減らして昨日買ったトム・ヨークのアルバムたくさん聴いてました。
出かける前にトム・ヨーク聞き出したらエンドレスリピートでしたがw

まぁ、結局、藍坊主とトム・ヨークしか聴いてないわけですけど(笑

↓mixi Statioより、一部抜粋
rrrrr.jpg


今日はバイトで昼から少し時間があったので家でゆっくりしてました。
トム・ヨークしか聴いてねぇ(笑
帰ってきてからは藍坊主。

今日は、バイトまでの移動の間iPod nanoで、バンプやらランクやらアジカンやらエルレやら聴いてました。

それにしても、家で聴いてるの偏りすぎやろ。
上のやつが家で聴いてたやつね。
あの後に続くのが、またトム・ヨーク(笑




さて、そろそろ本題。
もうほんといま、Radioheadにはまりまくってる。
最近はトムの声が好きになってきたので、もう末期症状ですね(笑
抜け出すことは不可能でしょう。

昨日はほんと藍坊主ばっか聞いてて、せっかく買ってきたのに、まだ3回しか聴けてない。
なので、今日はこのアルバムを中心に過ごそうと決意。
ほんとにそうなったわけですけど(笑


そして、この「The Eraser」もすごいアルバムでした。
音は「KID A」のような、電子音が中心でした。
知ってて買いましたけど(笑

すごくいい音です。
元々こういう電子音は好だし、もうなんか心地良すぎてすぐに馴染めそうです。

うわ、まじヤベー(笑
なんだこの異空間。
コンポで音上げて(近所迷惑じゃない程度にねw)聴くと部屋1つ切り取られて違う次元に飛ばされたみたい。



まさに、The Eraser!!



あ、上手くないや(爆
もう1曲目の「The Eraser」からやられてるよ。
もうぐいぐい電子音の音の波の中へ引き込んでいく。
そして、このメロディーがほんとたまんないんだよなぁ。ポッ(笑

そしてこの後も攻めてくる音の波。
なんだろうこれは。
あぁ、もうほんと居心地がいい。
そして歌詞まで味わっていきたい。
・・・相変わらず、すごい歌詞だ。
よくこんな歌詞がかけるよな。




先日書いた『Radiohead Tribute -Master's Collection-』ですけど、ランクヘッドがカヴァーするのは



CREEP



でした(笑
見方間違ってたwww

『Radiohead Tribute -Master's Collection-』



いやいや、





これもアツいーーーーー!!




「CREEP」って!!
名曲やん。僕はまだあまり聴いていませんがorz
mixiミュージックでのRAdioheadランキングでは常に上位だし、サマソニでラストに演奏したのは伝説だとか。
収録されているアルバムは1st Albumの「


Pablo Honey1. You
2. Creep
3. How Do You?
4. Stop Whispering
5. Thinking About You
6. Anyone Can Play Guitar
7. Ripcord
8. Vegetable
9. Prove Yourself
10. I Can't
11. Lurgee
12. Blow Out


ランクヘッドまたすごいのカヴァーするね。
楽しみでしょうがない。
これはバンドサウンドなので、期待もです。
このトリビュートもすごく楽しみだ。

しかし、「Paranoid Android」をやる人はいないのかなー?
まぁまだ未定の部分もあるので期待して待ちたいと思います。

この前の記事はすいませんでしたm(_ _)m



それにしてもRadiohead中毒がきてるなぁ。
もう聞かない日なんてありえないわ。
聞かずにはいられない。
そんな曲たち。
今度は歌詞もしっかり味わうぜ。

「OK Computer」の「Let Down」を聞いてほしい。
メロディーが最高です。
・・・1曲目から聞くと拒否反応が出るかも。


OK Computer1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For a Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. Tourist


とはいっても、このブログを見てくれている人には絶対最初は合わないきがするんだよなぁ。
あのメロディーは・・・どうなんどろうか。
僕も拒否ってたし。
でもいまは気に入ってるけどねw

まぁ、興味のある方はぜひ!!
と、いちょうすすめてみるw


昨日今日と藍坊主と、トム・ヨークしか聞いてないし、最近レディオヘッド聴きまくってるから書くことがこれくらいしかなかったんですよね(笑
お許しください。








テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

[洋楽]Radiohead | コメント:8 | トラックバック:0 |

ハローグッバイ



1. ハローグッバイ
2. 羽化の月


さてさて、今週からついに秋の大収穫祭が始まります。
その先頭バッター、藍坊主の新曲「ハローグッバイ」です。


正直な話、買うかすごい悩んでしました。
これからCDを毎週買うし、他にも欲しいCDはあるし。
今回は購入を見送って、レンタルor iTunes Storeのどちらかにしようかと思っていました。


しかし!!


TOY'S FACTORYの公式サイトで試聴ができるということで、試聴できるなしとくべと、試聴しました。


もう、「買う」以外の選択肢はありませんでした(笑
サビのメロディーがすげぇいい。
そして、サビだけではなくて、曲全体を聴きたいと思い早速「予約→購入」となりました。
とりあえず、試聴できるとこ貼っときます。


TOY'S FACTORY公式サイト
藍坊主「ハローグッバイ」試聴



いや~ほんと買ってよかった。
最高この曲。

本日ヘヴィロテ中。


てか、コレしか聴いてねぇ(笑


恐るべし「ハローグッバイ」
恐るべし藍坊主



ほんと、すごくいい♪




そんじゃ少し感想を。
「ハローグッバイ」はすごくノリのいいナンバー。
3rd Album「ハナミドリ」収録の「ジムノペディック」のノリ、メロディーが好きな人は間違いなく好きな曲だと思います。


ハナミドリ1. 桜の足あと
2. テールランプ
3. スプーン
4. ハニービースマイル
5. コーヒーカップと僕の部屋
6. Untitled
7. ジムノペディック
8. 泣いて
9. ベンチで手紙を読む老人
10. 柔らかいローウィン
11. マイホームタウン



それに歌詞もいつもながら意味が分からないちょっと聴いただけではわかんない。


「ドーナツの穴ぼこは、存在か空白か?」と、誰かが言ってた。
美しい言葉。



知らんがな(笑
いやでも、言われると、何で穴開いてんだろうとかわけわかんないこと考えていました。
考えれば考えるほど深みに行ってしまいそうだけど、なんか考えたくなるんだよなぁ。存在か?空白か?
で、これは次に続く歌詞への布石だったんですね。

それにしても藍坊主、てか佐々木さん、てかhozzyさん。
アナタはドーナツがお好き?
「0」にもドーナツが出てきたのを思い出してしまいました。


幸せの絵の具を絞ったらチョコレート色が少しでた




ここを聴いた時に、「ガーゼ」

湯気にむせながら
ラーメンをすすったら
はなみずと一緒に
悲しみも少しでた



とい歌詞が頭をよぎった。
言葉のリズムとイメージがなんとなく合ってた。


ソーダ1. 雨の強い日に
2. 螺旋
3. ウズラ(album ver.)
4. 瞼の裏には
5. ポランスキーナ
6. 水に似た感情
7. ただ「生きる」ということ
8. ガーゼ
9. ロボハートストーリー
10. やさしい うれしい



あなたが生きてるこの世界に僕はなんどでも感謝するんだ。
溜め込んだ涙が腐ってしまう前に、ハローハローグッバイ




サビのこの歌詞を聴くだけで胸が熱くなります。
メロディーも最高だけど、歌詞もじっくり味わいたいですね。



カップリングの「羽化の月」は絵本のような物語り調の歌詞が非常に印象的でした。

藍坊主のブログ、「藍坊主の藍ブロ」でギターの田中さんが、

もし「世界カップリング曲推進委員会」の推進委員長に任命された暁には、
世界中のシングルのカップリング曲をコッソリこの曲に差し替えてやろうと思っている



と話しています。
「世界カップリング曲推進委員会」とか面白そう(笑

この曲は聴いてるうちにじわじわ来そうですね。
メロディーもコロコロ変わって面白い。



どっちの曲もじっくりと味わいたいですね。


あと、藍坊主のCDって全部CD-EXTRAでPVが付いてるんですね。



これはCD集めないと!!



「ハローグッバイ」のPV超かっこいい。
hozzyさんかっけぇ・・・

ギターが!!燃えてる!!!もったいない(笑



なんか、すごくお得だなぁと思いました。
ぜひ聴いてみてください♪

あぁ、ほんと今日はこれしか聴いてねぇや(笑
ほんといい曲^^♪





テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]藍坊主 | コメント:12 | トラックバック:1 |

・・・マジで!?

また、アツいトリビュートアルバムの情報が入ってきました。



V.A『Radiohead Tribute -Master's Collection-』
2006.11.22 Release!!
¥2,625(tax in) / GYCL-10018





レディオヘッドのトリビュートアルバムキタコレーーーーー!!!

最近レディオヘッドにはまりまくりです(笑


このことを知ったのが音速ラインの公式サイトでした。
音速ラインはまた洋楽のトリビュートに参加するんですね。
ちなみにカヴァーするのは「HIGH&DRY」と言う曲です。

これは、2nd Album「The Bends」の3曲目ですね。
正直はまっているといっても、ほんとはまりだしたのが最近なので、聴いてるアルバムは「OK Computer」「KID A」「Hail To The Thief」の3枚をメインに聴いています。
なので、最初はどのアルバムに入っているか分からんかった(笑
すんまそん。


実はですね、mixiのランクヘッドの掲示板でランクヘッドがレディオヘッドのトリビュートに参加するという書き込みがありました。
公式サイトにも情報が出ていないので、ほんとか?と思いつつ検索かけましたが発見できず、デマかと思っていましたが、



発見しました(笑



ランクヘッドが『Radiohead Tribute -Master's Collection-』参加


しかも、カヴァーする曲が・・・





KARMA POLICE





うぉぉぉぉぉーーーーー!!!






やべぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!



・・・コレを見た瞬間ありえないほど興奮したことは言うまでもありません(笑

マジやべぇよこれ。
公式サイトより先に発表されているのはなぜ?
掲示板で見たのはランクヘッドが「CREEP」だったんですけどね。
たぶん「KARMA POLICE」の方が正しいでしょうね。


これはもうほんと嬉しいなぁ。

僕がいまレディオヘッドでよく聴いているのが、

・Paranoid Android

・Let Down

・KARMA POLICE


ですからね。
うん。正直泣きそうになったし、はよききてぇ!!と思った。


また洋楽カヴァーかぁ。
「ALL APOLOGIES」以来ですね。


ALL APOLOGIES
1. All Apologies / LUNKHEAD
2. Very Ape / MO’SOME TONEBENDER
3. Rape Me / detroit7
4. Scentless Apprentice / 髭(HiGE)
5. Pennyroyal Tea / Dr.StrangeLove
6. Molly's Lips / 蝉時雨
7. Smells Like Teen Spirit / B-DASH
8. Polly / 吉井和哉
9. Territorial Pissings / KING BROTHERS
10. Lithium / THE SALINGER
11. Breed / 音速ライン
12. About A Girl / ART-SCHOOL
13. Blew / 雅-miyavi-


「KARMA POLICE」はバッチリ聴いてるから。
「All Apologies」は正直予習不足でしたが。。。

それに、音速もニルヴァーナトリビュートにも参加していますね。
そして音速すいません。
今度も予習不足になってしまいそうです・・・
これから「The Bends」も聴きますので。



それにしても、困ったことが1つ。


発売日・・・




2006.11.22 Release!!




えっ?




いじめ???(笑


この日に買うもの。

・涙のふるさと/BUMP OF CHICKEN

・VIDEO CLIPS/ランクヘッド

・Radiohead Tribute -Master's Collection-/V.A


何でこんなにリリース被るかなぁ・・・
正直バンプのCD買うと最低でも2,3日はバンプしか聴かなくなると思われる。

買うのを少しずらそうかな・・・


変なところで悩まされる今日この頃です。


楽しみですけどね!!



そいうや、明日は(正確には今日ですが)、リリースラッシュの先鋒、藍坊主の「ハローグッバイ」の発売ですね。
もう、今から楽しみで楽しみで。
早く聴きたい~♪




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

[邦楽]ランクヘッド | コメント:6 | トラックバック:0 |

Red Hot


RIOT ON THE GRILL1. Red Hot
2. モンスター
3. Snake Fighting
4. Marry Me
5. Missing
6. Bored Of Everything
7. TV Maniacs
8. 虹
9. I Hate It
10. BBQ Riot Song



先ほど「RIOT ON THE GRILL」を聴いていました。
なんせ、New Albumの発売が迫ってきていますから。

そして、「Red Hot」を聴きながら、1年半くらい前を思い出していました。


このアルバムが1年半前に出たんですよね。
それがエルレとの出会いだったんですけど。
エルレとの出会いはだいぶ遅めです(笑

いつもながらですが、僕のよく行くCDショップで「RIOT ON THE GRILL」を猛プッシュしていたんですね。

ELLEGARDEN

当時の僕は初めて聴いた名前で、ジャケットと収録曲みて「え?洋楽?」とかわけ分からないこと考えてました。
よく見ると日本語タイトルがあるので洋楽ではないとすぐ理解できましたが。

正直それほど強い興味を惹かれず、試聴等することなしにそのときはスルー。
この時はまだ僕とエルレの歯車は回らない。

その後、偶然レンタルできるのを発見して興味本位で借りることに。
これが大きな転機となる。歯車が回りだす。


・・・とは言っても聴いてみて、正直最初はあまり気に入らなかった。
なぜかと言うと、まず、当時の僕は英語詞が完全にNGだった。

もう英語詞というだけで拒否反応。

聞く意味がないと拒絶。



そして、エルレのようなノリの曲は今まで聴いていなくて、なんかうるさいなぁと言うのが初めて持った感想だったと思う。



そんな風に思いながらも、




Red Hotが耳から離れない(笑




いや~コレがほんと驚くほど耳から離れなかった。
どこかでノッてる自分がいました。
もう完全に歯車は回っていた。


それで、「あぁ、こんな音楽も好きなんだ!!」って開き直ってからは早かった。
ここまで半年くらいの時間はかかったわけですけど。


そして、次に発売された「Space Sonic」で完全にこのバンドのメロディーがノリが、そして、細美さんの声が好きなんだと認識。


Space Sonic
1. Space Sonic
2. Stereoman
3. Mr. Feather




そして今に至ると。


なので、「Red Hot」を聴くと初めてエルレのCDを手に取った時のこと(この時は買いませんでしたが)、なんか変な反発をしていた自分がいたこと、新しい世界が開けたこと、など、色々思い出してしまうときがあります。

という思い出のいっぱい詰まった曲です。



エルレにはほんと感謝しています。
彼らのおかげで英語詞の曲や洋楽などが聴けるようになったといっても過言ではない。



ほんとーに感謝です♪


それにしても今年はすごい年だったなぁ~。
今までにないくらい洋楽聴いたし、いまめっさはまってるし。
そして、これからのリリースラッシュでもっとアツくなりそうですけど。



そうそう。
エルレのNew Album「ELEVEN FIRE CRACKERS」は日本語歌詞が3曲あるらしいですね。
マルチさんのところで仕入れてきました(笑
それと、りぃかさんからも同じ情報をいただきました。
どうもありがとうございます^^

さてさて、日本語タイトルは2つしかなかったので、1つは英語タイトル日本語詞ですね。
どれかなぁ~。

いや~こいつも楽しみじゃ(笑





記事とは関係ないけど、アジカンのNew Single「或る街の群青」のカップリング「鵠沼サーフ」の読みは「クゲヌマサーフ」で正しいようです。
公式サイトに読み方かいてありました。
あれは読めん(笑




テーマ:ELLEGARDEN - ジャンル:音楽

[邦楽]ELLEGARDEN | コメント:12 | トラックバック:0 |

サイレン


サイレン
1. サイレン
2. サイレン#


今日はアジカンの3rd Single「サイレン」について。
コイツも最近よく聞いています。

この曲は2nd Album「ソルファ」にも収録されています。


ソルファ
1. 振動覚
2. リライト
3. 君の街まで
4. マイワールド
5. 夜の向こう
6. ラストシーン
7. サイレン
8. Re:Re:
9. 24時
10. 真夜中と真昼の夢
11. 海岸通り
12. ループ&ループ


この曲は実はアジカンにはまるきっかけになった曲の一つです。
アジカンは「君という花」で知って、「君繋ファイブエム」でグッときていた。

しかし、シングルまで毎回買って、カップリングを聞く&CDを揃えるか、それともアルバムだけ買ってシングルはレンタルで済ますか・・・



そんな心の葛藤がありました。




そして、たまたま見ていたジャパンカウントダウンだったかな?で、サイレンが発売されるということで、サビの部分のPVが流されました。


・・・







・・・・・







・・・・・・・・
















・・・こりゃ買いだな(笑


いや、これはガツーンときましたね。
この人たちの音楽をこれからも聴いていきたいと思いましたね。

そして、アジカンがアルバム、シングルすべて買おうと思った2組目のバンドです。
(ちなみに初めて思ったのはバンプです)


再来週発売になる「フィードバックファイル」にはカップリングの「サイレン#」が収録されているので聞きまくりたいと思います。
シングルはCCCDのためインポートできていないので、「サイレン#」とは最近疎遠です。
まぁ、それも25日までですけど。


フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)
1. エントランス
2. ロケットNo.4
3. 絵画教室
4. サイレン#
5. 夕暮れの紅
6. Hold me tight
7. ロードムービー
8. 飛べない魚
9. 堂々巡りの夜
10. 嘘とワンダーランド
11. 永遠に


こちらのサイレンもいい曲です。
アジカンはカップリングもほんとクオリティーが高い。
なので、このフィードバックファイルは絶対買わないと!!
もう予約済みw



サイレンでまず、キタところは、疾走感のあるメロディーと、ラストでの盛り上がり方ですね。これ最高。
燻っている感じからサビでのシャウト。
もう初めて聞いたときは身震いしました。


この曲も難解な歌詞ですよね。

サイレン:歌詞

アジカンの歌詞は本当に必要なことしか書いてない。
エッセンスをさらに抽出した感じだから、言葉が足りないと感じるところもあるし、何いってんだろうと思う部分もある。
でも、それが逆に考えると楽しい(笑

こんなことをふと思いました。
もっとアジカンの歌詞を味わいたいです。


存在証明を鳴らせサイレン


僕の存在証明はなんだろうか。






[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:12 | トラックバック:0 |

ジャケ&収録曲公開!!

バイト疲れるわー。マジで。
すんげぇねみぃ。
寝ないけど(笑

1日遅れになりましたが、エルレのNew Albumの詳細が公式サイトにUPされていました。



New Album詳細



このジャケットはたぶん開いてようやく全容が見えそうですね。
もしくは歌詞カードを開くと全貌が分かりそうな感じ。
そう思うのは"ELEVEN"のつづりが途中で切れているからそう思いました。

アルバムタイトルは、




ELEVEN FIRE CRACKERS




11曲あるから初めが"ELEVEN"なんでしょうね。
"FIRE CRACKER"は「爆竹」とか「かんしゃく玉」みたいな意味らしいですね。辞書引きましたが。
もしかしたら別の意味かもしれないけど(笑

注目の収録曲は、


01. Opening
02. Fire Cracker
03. Space Sonic
04. Acropolis
05. Winter
06. Gunpowder Valentine
07. アッシュ
08. Salamander
09. 高架線
10. Alternative Plans
11. Marie




です。
あべしさんもおっしゃってましたが、1曲目はインストなんですかね?
"Opening"というタイトルだから僕もインストかな?とは思いましたが、"Opening"と言うタイトルの曲かも知れないですよねー。

まぁ、1番気になるのは、


02. Fire Cracker





ですけどね。
アルバムタイトルにも使用されている"Fire Cracker"という単語。
そして、その意味が「爆竹」・・・
ってことは・・・





めっちゃアッパーな感じの

曲の匂いプンプン!!






なのは僕だけ?(笑
やっぱりエルレは1曲目からフルスロットルという固定観念(爆
早く聴きたい・・・(´∀`)


それと"Alternative Plans"が収録されているんですね。
ちょっと意外とか思っちゃいました。カップリングは収録しないと思っていたから。
なんじゃこの固定観念・・・



固定観念を消去しろ!!



これ難しいよねぇ・・・
でも、彼らはカップリングも収録していたね。
完成度が高いからぜんぜんいいけど(笑



話がそれました。
今回のアルバムの日本語曲は"アッシュ""高架線"の2曲ですかね?
"Missing"のような英語タイトル・日本語詞のもあるんですかね~。


まぁ、あれこれ詮索しても始まらないので。





早く来い!!!




発売日!!!!!!!!!



最近新曲が待ち遠しすぎてなんか抜け殻みたいな自分がいます・・・
はよ聞きてぇなぁ・・・



後、春未さんのところで見ました。

今月のROCKIN'ONJAPANの表紙がエルレで、その表紙の写真が公開されたようです。


エルレ表紙


うわっ。かっけぇ(笑
コイツも買いですね~。
エルレのインタビュー楽しみ。
それにアジカンのインタビューもあるし。


コレも待ち遠しいなぁ・・・


今日はこればっかりだな・・・・・・
勝手にネタパクってすいませんでした・・・
ジャケ&収録曲公開!!…の続きを読む

テーマ:ELLEGARDEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:10 | トラックバック:0 |

衝動

Mr.無駄遣い。ノヴァでやんす。
今日は先日注文したCDが届いたでやんす。
早速買いに行ってきたでやんす。
友達がホルモンのDVD買ってたでやんす。
早く感想が聞きたいでやんす。



さぁ、なぜか変な口調で始まりました。
CD買ったからテンション上がっています。
しかも、2枚(笑
1枚は中古なので予定外の買い物(爆



何考えてるんだか・・・



いや、本能の赴くままに動くんだ。
だからいつも苦しくなると(苦笑
ほんと、衝動買いが多いなぁ。先が思いやられる。


何を買ったかと言うと、hare-brained unityの1st Album「2000’s ★★★★★ DISCO」です。


ATRT-005.gif
1. intro
2. スターライト
3. スペクトル
4. 星に願いを
5. 白い街
6. バタフライ
7. 光と影
8. Five Stars
9. スロウマップ
10. サヨナラトーン
11. 1216


先日「ソライロ」をかりてきてからはまっています。
やっぱり僕が好きな音でしたー(笑

ほんとこの人たちの音が好きだ。


大好きだーーーーー!!


と、叫びたくなるほどいまはまっているのです。
本当は買うのを12月とか1月にしようかと思ったんですよね。

10月、11月はほんと信じられないくらいリリースが重なっているから。
でも、やっぱアルバム聞きたくなるじゃないですか。

今まで僕が所持していた音源はシングル曲ばっかりだったんです。
そして、mixiミュージックでは週間でよく聞かれている曲、月間でよく聞かれているを見ることができるんです。

そしたらトップ10のほとんどがアルバム曲ときたもんだ。
彼らの音源が少ないにしてもやっぱりこうなると気になってくる・・・

そして、曲のタイトルがもう興味をそそるものばかり。
あぁ、キラキラしていい曲そ~。
なんて思ったら買ってしまいますよ。


・・・そして最終的に買う僕でした。
こういうときは行動力があるんだよなぁ。オレ。


とりあえず、聞きまくります(´ω`)b



もう1枚中古で衝動買いしたもの。

the band apartの2nd Album「quake and brook」


quake and brook1. coral reef
2. my world
3. from resonance
4. M.I.Y.A.
5. night light
6. forget me nots
7. violent penetration
8. higher
9. quake and brook
10. real man’s back


バンアパです。
・・・とはいっても詳しくないですけどね(笑

このアルバムが出た時によく行くCDショップがまたまたプッシュしていたので気になっていました。
買うかどうかも少し悩んだんですけどね。
そして、夏休みに友達から「お前ならhigher(8曲目ですね)気に入るよ」と言われ、CDがレンタルにあったので借りてきて聞きましたよ。
いや、こいつはいいですね~♪

てか、レンタルがあるとはね。
ないと思ってました。

そして、CD買おうとしたらこいつがなかなかいい値段で(笑
新品は諦めて中古で買おうとしましたが、こいつが安くなってないんだよ。

そして、購入は諦めていたんですけど、今日たまたま見つけたらなんと僕が今まで記憶していた値段よりも300~400円くらい安かった。



やべっ。コレは手が出るぞ・・・



















店員「ありがとうございました~」

まぁ、買いますよ(笑
そら、買いますよ(爆
音が軽い感じでいい。こういう音が好きなんですよね。

これもヘアブレ同様、ヘヴィロテ決定ですね。
いずれ、1st Album「K.AND HIS BIKE」もいずれ買ってやろうと思います。


K.AND HIS BIKE
1. FUEL
2. cerastone song
3. Snowscape
4. ANARQ
5. Take a shit
6. fool proof
7. silences
8. ag FM
9. Eric.W
10. K.and his bike
11. in my room



よっしゃー!!
聴くぞ~♪



面白かったらこちらをクリックしてくれると嬉しいです^^
FC2 Blog Ranking





テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]hare-brained unity | コメント:2 | トラックバック:0 |

プルケリマ

さて、今日もスルメソングについて書きまーす。
これで第5弾?第6弾?

どうも第6弾らしいです(笑
もういくつでもいいっす。
CDリリースラッシュに備えて全くCD買ってないので、最近よく聴いている曲、または最近知った曲、歌詞解釈!?等しかやることがないのが現状です。



まぁ、曲の数だけ記事書けますけどね。
ある程度聴いてればの話ですけど(笑



さてさて、今日はランクヘッドの「プルケリマ」について書きましょう。
これは、2nd mini album「プルケリマ」の1曲目です。


プルケリマ
1. プルケリマ
2. インディゴ
3. 木漏れ陽
4. 君とコスモス
5. 僕らのうた
6. エレクトリック



これも実に素晴らしいミニアルバムですよ。
捨て曲なし!!

そのタイトルにもなっている名曲です。
そして、この曲は最新アルバムでもある、3rd Album「LUNKHEAD」のラストに、実に素晴らしいアレンジを加えられて、



全く別の曲といってもいいだろ。
そして、これも名・曲である。
なぜ途中から口調が変わったのか謎である(笑



LUNKHEAD(初回限定盤)
1. 恋をしている
2. カナリア ボックス
3. すべて
4. 光の街
5. クローバー
6. 僕らの背中と太陽と
7. 虹
8. a.m.
9. ブラック・ミスティ・アイランド
10. loop
11. そして朝が来た
12. プルケリマ (Album version)


このアルバムも名盤ですよね。
至高の1枚ですよ。


おぉ。ガンガン話がそれていく~(笑
それがこのブログの特色ですのでご了承ください。
やっぱりブログには自己が反映されますねぇ。
なにしみじみしてんだろ。



さてさて。
だいぶそれてしまいましたが話を戻します。
「プルケリマ」には(僕の中では)全く違う2バージョンがあります。
そりゃメロディー自体は同じですけど、テンポ雰囲気が全く違います。


そして僕はどちらも好きです(笑

この曲はラブソングの性質を所持していると思います。
いや、ラブソングだろうな~。
僕はいつもそうとらえます。
別の捉え方できるかな?今度やってみようかな・・・

それは置いといて、この曲はラブソングと思います。

「プルケリマ-オリジナルヴァージョン-」は勢いがある。そして、その中にあふれるパワーを感じるんですね。
初めのベース音がとても心地いい。
そして、厚みのあるバンドサウンドがとてもいい。
美メロの波が襲いかかってくる(笑


「プルケリマ-アルバムヴァージョン-」は落ち着いた雰囲気でしっとりと聞かせてくれる。
アコギのアルペジオがすごく綺麗。
しかし、オリジナルに比べてどこか物悲しさ、切なさが2倍増しになっている。と思う。
もともと、切ない系の歌詞にこのメロディーは反則です(笑


そして、上でも少し触れたように歌詞がイイ!!!

プルケリマ:歌詞


プルケリマとは・・・

うしかい座はα星アルクトゥルスが有名である。この星は実視等級-0.05等の赤色巨星で、全天で4番めに明るい。この星は、おとめ座スピカ(α Virginis)、しし座のデネボラ(β Leonis)とともに、春の大三角形を形成する。

視等級2.7のイザール(ε Boo)は、星座の中で3番めに明るい。この星のそばに視等級5.1の星があり、連星になっている。オレンジ色と青の美しい二重星なので、プルケリマ(最も美しいものの意)という名前を付けられた。



Wikipediaより。
うしかい座で3番目に明るい星の近くの連星なんですね~。
意味がいいですね~。



プルケリマ=最も美しいものの意



ぴったりのタイトル。
そして、それに見合う歌詞。


1番好きな部分がコレ。


もうすぐ二人の宝箱をばら撒けた空は 地球の裏側へ
そして世界は明日へ




あぁ、コレもう鳥肌もの(笑

空が世界の裏側へ行く→明日になる

と言うことから、「二人の宝箱をばら撒けた空」とはほぼ間違いなく夜空。

そして、"二人の宝箱をばら撒けた"空ですからね。
ばら撒けると言うところから、あたり一面に散らかっている感じ。
そして、

宝=宝石=星々の輝き

と、捉えています。
なので、もうめっさ綺麗な、星が輝く夜空を想像しています。
なんて美しい歌詞なんだろうか。
でも、たぶんこの部分にはもっと深い意味合いが込められていると思います。

なぜなら、"星"と言う単語が出てきちゃうから。
なので、ここはたんあんる夜空ではなくて、それ以上の意味が込められたもの。と思います。

そして、この先はそれを感じ取りたい。


・・・深読みしすぎかもしれないけど(笑


どっちとも最高の曲なので、オリジナルもアルバムヴァージョンもぜひ聴いてみてください♪



そいえば、記事のエントリーにタイマー機能がついたんですね。
コレはなかなかアツいことをしてくれるね。FC2。


面白かったらこちらをクリックしてくれると嬉しいです^^
FC2 Blog Ranking




テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽

[邦楽]ランクヘッド | コメント:4 | トラックバック:0 |

再現

さてさて。
今日はバンプ待望の新曲発売の公式情報が公開になったということで、バンプ関連のブログやサイトはお祭り状態ですね。



まぁ、ここもそうですけど(笑



それは当たり前よね。
だって1年ぶりなんだもの。
待ったな~。
ロストマンからオンリーロンリーグローリーほどではないけど。
これでシングル3枚だから近いうちにアルバムも出ると予想されます。

そしたら今度も祭りになるんだろうな(笑
そして、バンプのシングルが11月に発売されることにより、僕にとって今年の11月は、



神の月となった。



11月はほんとすげぇ。
CD豊作(笑
10月も相当すごいですけどね。


さてここで、10月、11月で僕が注目している。と言うより、購入するするCDをまとめてみる。


まずは10月18日


藍坊主

「ハローグッバイ」


これは初め「CD買いすぎだなぁ。レンタルで済ますか。」と思っていました。
TOY'S FACTORYの公式サイト試聴ができるんですね。
どんなもんかやっぱり聴きたくなるじゃないですか。







・・・聴くんじゃなかったーーー!!


やべぇ。
これやべぇ。

いい感じの曲の匂いプンプン(笑


買わないつもりだったのに・・・

欲しくなるじゃないか!!

と、僕の中では買うことが決定いたしました。



10月25日

ストレイテナー

「BERSERKER TUNE」



テナーも欲しい。
800円というのが魅力的。
試聴したらたぶん買うでしょう(笑
今、買うかどうかめっさ悩んでいます。



ASIAN KUNG-FU GENERATION

「フィードバックファイル」



これは買うの決定です。
てか、もう予約済み(笑



ここからが神の月、11月ですよー(笑
神の月と書くとデスノートみたいw


11月1日

レミオロメン
 
「Flash and Gleam」


8月12日に行われたSUMMER LIVE“STAND BY ME”LIVE DISCですね。
後は新曲が1曲。
年内限定生産だそうです。
これはアツい。ライブCDとかいいよね。
DVDではないよね



11月8日

ELLEGARDEN

New Album


エルレのNew Albumです。
これは当然買いでしょう。
細美さんがELLEGARDENがこだわりにこだわりぬいて作った作品。
もうどんな作品になっているかすごく楽しみ。



RADWIMPS

「セツナレンサ」


ラッドの年内ラストシングル。
年内にアルバムも出すとか出さないとか。
ロッキンのインタビューでは年内に出すって言ってたけどどうなんでしょう。

とかかいてたら、アルバム出来たらしいね(笑
これで、また買うCD増えたー(笑

公式サイトではジャケットと、冬休みのライブの情報が。
行きたいけどバイトだろうな。



11月22日

BUMP OF CHICKEN

「涙のふるさと」


当然買い。
というか、発表の2時間後には予約してました(笑
楽しみだねー。


待ちきれん。


この日はバンプだけと思いきや、実は・・・


ランクヘッド

「VIDEO CLIPS」


も発売なんですね(笑
なんだこれ。
すげぇな。
この日は神の日なんじゃないのか!?
どうしよう。観れるかな・・・不安。


ラスト。11月29日

ASIAN KUNG-FU GENERATION

「或る街の群青」


今のところラストはこのCDだけど、たぶんまた何か出るでしょう。
これもすんげぇ楽しみ。


そして、この10月、11月にはライブが3本。






・・・これは本当にやばいんじゃないのか?

しかし、ここで何とかするのがオレ。
がんばれ。オレ。



そして、タイトルが再現となっている意味です。
バンプの「涙のふるさと」は昨年の「supernova/カルマ」からちょうど1年後のCDなんですね。

「supernova/カルマ」→2005年11月23日

「涙のふるさと」→2006年11月22日



これだけなら「偶然」くらいで終わるんですけど、次週の発売CDをもて見てください。


「ブルートレイン」→2005年11月30日

「或る街の群青」→2006年11月29日



・・・バンプとアジカン何か狙ってCD出してるんですかね(笑
しかも、バンプはどっちもタイアップついてるし、アジカンはどっちも青だし。違うのはバンプが両A面じゃないくらい。

なんか、去年の再現を見ているようでなんかキモかったです(爆
バンプとアジカンで2週にわたってやってくるという去年の感覚が甦るようです。
ま、それだけなんですけどね。
そういえば去年も11月、12月あたりはごっそりCD買ったな。
やっぱり追い込みの時期なんですかね?
なんの追い込みか知りませんが(笑


よーし。

今度こそせつやk・・・





・・・と、言いつつ、ヘアブレの「2000's ★★★★★ DISCO」を注文しているのでした(笑


もうオレダメポ。
とりあえずCD代はポンポン出します。
他でケチる。かな・・・


・リンク追加
kiriさんのハナデルシルカモをリンクに追加しました。




書き忘れ。


エアーズのサイトのほうも更新されてました。
こちらでは40秒のラジオCMが聴けます。
結構聴いて歌詞を読み取ってる人がいらっしゃいました。
かなり聴きやすいです。

40秒CM


それにしても、「色々なサイトでアーティストが話題になっていたけれども」って!!

そりゃなるわ!!(笑
それに、バレバレやし、Takahashi Diaryでほぼ確定してたし(笑

それにしてもあれだね。




プロフィールはしょりすぎ!!!


正直、あれはない。


曲を聴いた感じなんか、プラネタリウムと同じような匂いを感じた。
たぶん最後の部分だと思うんですよね。
あの畳み掛け方がやばいなー。なんて(笑
うーん。いい感じそう^^

早く聴きたいなぁ・・・


テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[音楽&日常]音楽 | コメント:10 | トラックバック:0 |

新曲発売決定!!!

ようやく公式サイトで情報公開です。


BUMP OF CHICKEN



New Single

「涙のふるさと」リリース決定!!



2006/10/10(火)約1年ぶりとなるNew Single「涙のふるさと」のリリースが決定しました。
この楽曲は、ロッテのチョコレート「エアーズ」のCMタイアップ楽曲に
なっております。
リリース日は、2006年11月22日(水)に決定!
どうぞお楽しみに。

12th Maxi Single
「涙のふるさと」
TFCC-89191 ¥1.050(tax in)
1.涙のふるさと(LOTTE airs(エアーズ)CMタイアップ楽曲)
2.真っ赤な空を 見ただろうか




やっぱりエアーズのCMでしたね。
まぁ、99パー確定してたようなものですけど、発表があるまでは・・・と思っていたので。

ようやく、もやもやが1つ晴れました。



カップリング曲は「真っ赤な空を 見ただろうか」
なんかストレートな楽曲そうですね。


・・・とまぁ、テンション普通と見せかけて。





いやいや!!

ついに新曲ですよ!!!!!


嬉しいなぁ~。



超楽しみだなぁ~。


アルバムじゃなくて、シングルでしたね。
きっともうすぐアルバムのリリースもあるのかな?
カタストロフィはデマでしたね。


それにしても、このブログはバンプ中心とか言っておきながら、新曲のリリースが全くなかったですからね。
えぇ。ようやく出ますよ。
ブログ開始して10ヶ月目での新曲です。
バンプ遅ぇよ・・・orz



でも、





超うれしいよぉ~♪



あぁ、だめだ、テンション上がりまくり(笑
今日はいい日になりそうだ。
早速予約してこようw


テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:10 | トラックバック:1 |

スノースマイル


ユグドラシル1. asgard
2. オンリー ロンリー グローリー
3. 乗車権
4. ギルド
5. embrace
6. sailing day
7. 同じドアをくぐれたら
8. 車輪の唄
9. スノースマイル
10. レム
11. fire sign
12. 太陽
13. ロストマン
14. midgard


今日は昨日でたもう1つの曲、「スノースマイル」について書いていこうと思います。
それにこれからの時期にぴったりな曲ですし。

スルメですし(笑

おぉ。第5弾。
最近なんだか無理やり感(笑

あまり気にしなーい!!
ポジティブシンキング!!!

「スノースマイル」はアルバム「ユグドラシル」の9曲目に収録されています。



スノースマイル
1. スノースマイル
2. ホリディ


また、この曲はバンプの5th Singleです。


これ以前に出たシングル、特にメジャーデビュー後は「ダイヤモンド」「天体観測」「ハルジオン」とノリのいい曲ばかりでした。
なので、このシングルはバンプの中で初めてバラードあるいはスローな曲のシングルでした。


そして、高校時代の僕はやっぱり若いせいか(今も若いですよw!!)、ノリのいい曲を求めていたし、バンプのシングル=ノリのいい曲を期待というのが僕の中にありました。

なので、初めて聞いた時はすごく綺麗なメロディーで切ない歌詞だ。でも何か物足りないというのがありました。


何考えてんだ!!



当時のオレ!!!



お前はバカか!!!!!




と今は思います。
もっと歌詞やメロディーを味わえ!!って感じですね。
今ではすごく好きな曲です。
冬になるとたぶんめちゃめちゃ聴くことになると思います。


それと、スノースマイルには別ヴァージョンがありますね。


車輪の唄1. 車輪の唄(Single Edit)
2. 夢の飼い主
3. スノースマイル(ringing version)


こちらは"ringing version"となっています。
イントロで鈴の音が加わっています。
こちらはクリスマスにでも聴きたいですね。
一人で。


この曲はラブソングだと思います。
そして、この曲のテーマも喪失と獲得ですね。
昨日書き忘れたけど、ランプも喪失と獲得が描かれていると思います。

スノースマイル:歌詞


最初はとても温かな風景やふたりの関係が描写されていますね。

冬が寒くって本当に良かった 君の冷えた左手を
僕の右ポケットにお招きする為の この上ない程の理由になるから



なんとも微笑ましい景色が見えますね。


まだキレイなままの雪の絨毯に 二人で刻む足跡の平行線



ここの表現がいつ聴いても上手いと思います。
まず、雪が積もっていて足跡も何もない状態を"まだキレイなままの雪の絨毯"としているのがすごくいい。
特に"絨毯"というのがいい。
ある程度雪が積もっていることを表していると思います。僕がイメージしてるのは5cm位雪が積もっているところかな。
僕の実家でもこのくらいはよく積もっていたので、また風景がまぶたを閉じるとうかんできます。

そして、二人で刻む足跡の平行線=二人で並んで歩いていることですよね。
ほんと微笑ましい。

とか思うと、


こんな夢物語叶わなくたって 笑顔はこぼれてくる



とまぁ、ここまでの歌詞は妄想なんですね。おそらく。
でも、こんなことが叶わなくとも笑顔はこぼれてくる。



まだ乾いたままの空のカーテンに 二人で鳴らす足音のオーケストラ
ほら夢物語叶う前だって 笑顔は君がくれる



ここでも二人で歩いていますが、夢物語とあるので妄想なんでしょう。
こんなこと叶わなくとも君が笑顔をくれる。



君と出会えて本当に良かった 同じ季節が巡る
僕の右ポケットに しまってた思い出は やっぱりしまって歩くよ


君の居ない道を



僕の右ポケットに しまってた思い出ってのが君との思い出なんでしょうね。
しかし、その思い出をしまっておく。

そして、主人公は夢物語から現実を歩く。

って感じでしょうかね。
表面的に歌詞を読めば。

この曲では君の喪失と現実の獲得がテーマかな?


まぁ、本格的?に解釈するとしたらまた今度ということで(笑
できるのか???



それと、「スノースマイル」と「天体観測」は繋がっているというのも結構見かけるんで考えてみたところです。
実際、「スノースマイル」と「天体観測」のPVはつながりを示しているような節がありますからね。

時間があるときにいろいろ考えたいと思います。


それにしても、この曲はアコギのアルペジオがすごく綺麗だし、サビの部分での盛り上がり方がすごくいいですよね。

ぜひ聴いてみてください♪



そいや、「ハルジオン」が100回いきましたー。
うん。それだけ(笑



今回の記事が面白かったらクリックお願いします^^

↓お願いします☆


↓こちらもお願いします♪
banner_03.gif








テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:2 | トラックバック:0 |

LAMP


THE LIVING DEAD1. Opening
2. グングニル
3. ベストピクチャー
4. 続・くだらない唄
5. LAMP
6. K
7. リリィ
8. Ever lasting lie
9. グロリアスレボリューション
10. Ending



最近しばれる日が続きますねぇ。
これ通じるのか?
冬の近づきを感じます。

そして、冬が近づくといえば・・・




スノースマイルですね!!


だんだん再生回数が増える時期になってまいりました。
そして、僕は「冬といえば・・・」という曲が「スノースマイル」と



「LAMP」



なんですね。

そして、こいつはスルメときたもんだ!!
なので、スルメソング第4弾です。
4個目にしてようやくバンプですね。
バンプもスルメが多いよなぁ。と思います。

この曲は今聴こうとすると「THE LIVING DEAD」の5曲目に収録されているものしか音源はありません。
数年前はインディーズのシングルとして発売していました。


LAMP1. ランプ
2. バトルクライ
3. リトルブレイバー



これがバンプの1st Singleなんですね。
すげぇ3曲だな。オイ(笑
幸運にも僕がバンプを好きになってCDを買い漁っていた頃はまだ売っていたので定価で買うことが出来ましたが今買おうとすると10倍?くらいの値段になっていますね。

プレミアって怖いなぁ・・・


話が少し脱線しましたね。
僕はこの曲に冬の思い出があるんです。
だから、冬といえば・・・「LAMP」と即答します。


・・・たぶん(笑


そういえば、この曲はカタカナで「ランプ」と書くのが正しいのか、英語で「LAMP」と書くのが正しいのかどっちなんだろう。

公式サイト見ると、

「THE LIVING DEAD」→LAMP

「LAMP」→「ランプ」

となっています。
シングルがカタカナになっているのなんか納得できないんですけど(笑
ジャケットは「LAMP」になっているからやっぱ英語かなぁ・・・
まぁ、そんなに大きな問題ではないですけどね。

それよか、黒蜜糖かわいい(爆


LAMP:歌詞

もうほんとランプのような温かな、そして情熱的な曲ですよね。
そして歌詞の作り方も上手いですね。さすが藤原さん。



思いつく限りの夢や理想を 残らずポッケにつめこんできた
ポッケに開いてた穴を見つけて 泣き出す瞬間 呼びかける声



思いつく限りの夢・理想をポッケに詰め込んだ=夢・理想を持った

が、

穴が開いていたため、その夢・理想を落としてしまった=夢・理想を見失う



落とした夢 理想の類 それを探しさまよう道を
照らしだすよ ハートのランプ 今まで気付かなかった誇れるベストフレンド



その失くした夢・理想を探しさまよう。
その道を照らすのハートのランプで、いままで気が付かなかったベストフレンドだったと。



君のハートに住む 情熱のランプ



ハートのランプは僕ら自身の心にある情熱なんですね。



もらえる限りの 愛や安心を 入れたカバン大事にしてきた
そいつも誰かにひったくられて くたばる寸前 呼びかける声



次は愛や安心をカバンに詰めた。
そのかばんをひったくられて、愛や安心を失ってしまう。



失くした愛 安心の類 それを探し 凍える道を
温めるよ ハートのランプ 今まで気付かなかった 頼れるパートナー



失くした愛や安心を今度は探す。
その道を温めるのもハートのランプだった。



夢・理想を失うことは、自分の目標を失うことかと思います。
なので、失った目標を探すから、"探しさまよう道を"なのかと。
そして、その夢や理想を明確にすること。つまりは夢・理想を失った暗闇からまたそれらを見つけるため、出会うためにハートのランプがその暗闇を照らしてくれている。


愛・安心を失うことは、他者との関わりが断たれること思います。
孤独との関わりあい、他者との関わりあいはいくら考えても答えは出ない気がしますが、孤独=心が冷えるというイメージがあります。
なので、"凍える道を"という表現がでてくる。
そして、愛や・安心を失って凍え、冷えた心をハートのランプが温めてくれる。

なーんてことを考えてみました。



「ヘンだな 僕は君自身だよ 自分が信じれないのかい?」



やっぱり、ハートのランプは僕自身なんですね。



夢や理想 愛 安心の類 それを手にするチカラが情熱



夢・理想・愛・安心など手に入れるチカラは結局自分自身の情熱なんですね。



ようやく聞こえた やっと気付いた 泪を乾かすチカラ
当たり前の事に気付いた 自分自身知らなかった自分自身
落としたモノ 失くした類 探す道を歩ける勇気
僕の中の情熱のランプ 今にもマッチは芯に触れる



歌詞の最後の部分。
とてもアツい。なんとも情熱的な唄。

ランプがともることで泪が乾く。
当たり前の事に気付いた=夢や理想 愛 安心の類 それを手にするチカラが情熱
ってことだと思います。
それは自分が知らない自分だったと。

今にもマッチは芯に触れる=僕らの情熱に火が点く

ってコトかと思います。
情熱に火が点いて、ハートのランプに灯が燈る。


とても温かく情熱的な熱い曲ですね。
と、うだうだ書きましたが、僕との関連性がないなと(笑

しかし、これこそ、バンプの曲のある生活だと思う!!ので・・・
↓この曲の思い出はこちらで(笑
BUMP is My Music Life

バンプのそして藤原さんの初期衝動がとても伝わる曲。
ぜひ聴いてみてください♪


天体観測がついにここまできましたー。
aaaaaaaaa.jpg

これは・・・ひかれちゃう・・・かな・・・



これからも読みにきてくださいね!!!


お願いします・・・




今回の記事が面白かったらクリックお願いします^^

↓お願いします☆


↓こちらもお願いします♪
banner_03.gif






テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:6 | トラックバック:0 |

アジカン新曲

アジカンの新曲の情報が公式サイトにUPされていました。

以前記事にもしました、映画「鉄コン筋クリート」主題歌ですね。

最近は酔杯といい、「フィードバックファイル」といい活動が活発なアジカンですね。
いや~嬉しい限りです。


こっちの財布のこと考えてる?とか言いたくなりますけど(笑


さてさて。
注目の主題歌のタイトルですが、


或る街の群青


です。
なんか、アニメのイメージと合う気がします。
とは行っても公式サイトで少し絵を見ただけですけど、街というのがすごく、映画のイメージと合う気がする。
観てないからなんともいえないけど(笑


そして、このシングルはちゃんとカップリングもついてます。
スゲェなアジカン。
↓詳しい情報


■2006年11月29日 release  NEW SINGLE「或る街の群青」
M-1. 「或る街の群青」
M-2. 「鵠沼サーフ」

-映画「鉄コン筋クリート」主題歌(12/23(祝)全国ロードショー)-
KSCL 1068 \1,020(tax in)




カップリングの読み方は・・・

「鵠沼(こくぬま)サーフ」???

いや、「鵠沼(こくしょう)サーフ」かな???


また難しいタイトルですね。
読めねぇよ!!
しかも意味も分からんし。
「鵠」とは白鳥の別名らしいです。
白鳥の沼???

もう訳分からん。すべては新曲が発売されてCD聞いてみればなんとなく分かるかな。いや。アジカンの曲は・・・ねぇ。難解よね。


それにしても、「フィードバックファイル」にも新曲が2曲入っていて、さらにシングルにも新曲が2曲。




・・・あぁ、幸せ・・・




10月、11月とほんと好きなアーティストの活動が活発的で本当に嬉しい。
財布の紐が緩むというか、ついていないんじゃないでしょうか?と思うくらい出費が激しい。

そのため、シングルを何枚かレンタルoriTunes Storeで済ませるかも。
だって、本当に今回ばかりは乗り切れる気がしない。
ライブがなければいけたかも知れんが、今回はライブが4本予定してるし、もしかしたら5本になるかもしれないから、お金の使い方は気をつけないと。


またしても話が少しそれました。

「鉄コン筋クリート」の公式サイトでゴッチのコメントが読めます。

バンプといいアジカンといい、主題歌を作るに当たって、ちゃんとその作品の世界観を認識し、よりその作品を素晴らしいものにしようとする精神がものすごく好きです。

「或る街の群青」はイントロに雰囲気を大切にしているようです。
映画が終わって、最後に流れるエンドロールの出だしということで、特に意識したそうです。



めっちゃ期待が持てるんですけど(笑


アジカンのイントロはいつも斬新で驚くのに、なんかこんなコメント見たら早く聴きたくなってきた!!

また楽しみが増えました♪


そいや、「車輪の唄」が100回越えました。
こんなに聴いてたんですねぇ←無意識(笑
今日といい、明日といい天気が悪いらしいので、家に引きこもって音楽聴きまくります。聴きまくってます(笑


音を楽しめ!!


音楽だからね(爆






・・・締まらんのぉ。


テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:6 | トラックバック:1 |

OK Computer

10月10日ってあと5日だってんですね(笑
日付の感覚がなんだか麻痺している今日この頃です。
4連休だからたぶんソッコー10日なにるわー。
大学って休みに出来るんだわー(笑
あしたとる授業がないだけっすよ。さぼってるわけじゃないです。
さぼるときもあr

しかし、来週から金曜にバイトが入るというorz
せっかくの3連休が・・・
まぁ、ええわ。

バンプの新情報が公式サイトに出る日を楽しみに待ちます。
ウキウキしてきたにょ。



さてさて。
このことは先ほど書いたので、今日はスルメソング第3弾いきます。
第3弾があったよー。しかも今日はソングというよりアルバムだよ~。
これいつまで続けるのかなぁ(笑
・・・いいか。やめたくなるまでやろう。


今日は書くか書かないか悩んだけど、ここ数日このアルバムがぐいぐい僕の脳に食い込んでくるのでこれについて書くしかありません。

何かというと、レディオヘッドの「OK Computer」です。
一昨日辺りから記事に全く関係ないのに最後にぼやいてましたね。
mixiのほうでもぼやいていますが。


OKコンピューター1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For a Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. Tourist


このアルバムを買ったのは実は今年の4月とかそんなもんだったはずです。
当時の僕は洋楽に挑戦中でいろいろ聴きたいと思ったけど、何から聞いてよいのやら分からない。
てなわけで、有名どころ、名盤といわれてるやつを聴けばいいかと安易に考え、僕の聴くアーティストに影響を与えているレディオヘッドを聴こうと思ったわけです。

なかでも、名盤といわれる「OK Computer」を買いました。
中古だったので結構安かったです。それに輸入盤でしたし。


いざ、聴いてみたわけですよね。



正直2曲目くらいには飽きてたorz



これの何がいいのかよくわかんなかったです。
ただ、欝で暗い曲、合う人合わない人の差が激しいみたいなことは聴いていたので、あぁ、オレには合わなかったのか~、残念だ。
てな感じでした。
こういう暗い曲も聞いてみようと思い買ったんですけどね。
それまで僕は基本的に明るい曲しか聴いてなかったんだなぁと痛感。



時は流れ9月中ごろ。
友達が僕の家に遊びにきたんですね。
そのときに「KID A」を聴こうぜ。ということで聞き出しました。
友達はレディオヘッド大好きだったんですね。洋楽が好きで音楽通なことは知ってましたが、ライブDVDを買うほどレディオヘッドが好きだったことは知りませんでした。


KID A
1. Everything In Its Right Place
2. Kid A
3. The National Anthem
4. How To Disappear Completely
5. Treefingers
6. Optimistic
7. In Limbo
8. Idioteque
9. Morning Bell
10. Motion Picture Soundtrack


そこで僕は聞いたわけです。


「レディオヘッドって何がいいの?」


たぶんこの質問はしてよかったんでしょうね。
友達の回答は、


「音がいい。

こんな音を作るやつを知らない。」



こんな感じの回答でした。
それで聴くわけですよ。
確かにすごくエレクトロニクスで奇妙な音なんですけど、すごく興味をそそる音でした。

そして、僕は次の日に「KID A」を買いに行きました(笑
このアルバムならもしかしたら何か感じるんじゃなかろうかと。

これは大正解でしたね。
特に1曲目の「Everything In Its Right Place」の音はすごく奇妙だけどもうなんか癖になる音。


すると今度は「OK Computer」に手を出すわけですよね(笑
だって家にあるんだもの。


改めて聴きました。
今度は音を楽しむ、あるいは音を聴くという意識で聴きました。


もう、最高ね!!




このアルバムは!!!


ここ数日ものすごく聴きたくなる衝動に駆られます。
頭からメロディーが離れません。何曲か別アーティストの曲を聞くと、無性に聴きたくなる曲があります。
そして、最近はトム・ヨークの歌い方、声も好きになってきた。

1曲目「Airbag」
初めて聴いたときは「なんだこの暗いイントロは」みたいな感じでした。
出だしからつまづいていたんです。

でも、今聴くともう背筋がゾクッとします。
何だこの音!!
やべぇ・・・なんかいいぜぇ。

と、印象が180度変わりましたー(笑


2曲目「Paranoid Android」

You don't remember
You don't remember



歌詞の一部です。
ここを歌うトム・ヨークの声が頭に響きます。頭から離れない。
また、暗くてどんよりとしたイメージですが、2分位からのメロディーが頭から離れません。
こんなにも頭の中でループするとは。


そして、今僕が最もはまっているであろう曲がこれ。

5曲目「Let Down」
これはやばい。

ほんとやばいすぎる

メロディーが美しすぎる。
もう言葉にならない。

この曲に気が付いたのはほんと10月に入るか入らないかくらいです。
まぁ、このアルバム聴きだしたのがほんと最近ですからねぇ。
ブログを書いてるときにいつも音楽を聴きながらやります。
そんな中この曲が流れて少し聴いたところで手が止まりましたね。

何だこの曲は!!

そして、ただいまヘヴィロテ中です(笑


mixiに、mixi stationという自分が聴いた音楽をmixiに送るソフトがあって、僕も使ってるんですけど、それによって、mixi内でmixi stationを使っている人全体の統計が見れます。どの曲が1週間にどれくらいmixi内では聴かれているのかが分かるんですね。
たぶん、簡単に説明するとこんな感じ。

そこで、レディオヘッドのやつを見たんですね。

1位 Paranoid Android

6位 Let Down

7位 Airbag


とランクインしてました。
やっぱよく聴かれてる曲だったんですね。
「Paranoid Android」の1位にはビビリましたが(笑

また、「OK Computer」の中では、10曲目のNo Surprisesが2位、6曲目のKarma Policeが3位、に入ってました。
10位中5曲が「OK Computer」の曲とは。
6枚もアルバム出してるのに、これはすごいですね。
やっぱり「OK Computer」はすごいということを改めて実感しました。

輸入盤だったので対訳がないのが残念。
自分で訳すか(笑
対訳読みたい・・・


レディオヘッド中毒にかかったなこりゃ。
当分このアルバム聞くだろうな(爆


とまぁ、書いてきましたが、聴いてみたい人は聴いてみてください。
合うかどうかは保障しかねます。
でも、「Let Down」はぜひ聴いて欲しいな。
この記事に対するコメントがなさそうで怖いですorz

トム・ヨークのソロアルバム「The Eraser」欲しいなぁ。

The Eraser1. The Eraser
2. Analyse
3. The Clock
4. Black Swan
5. Skip Divided
6. Atoms For Peace
7. And It Rained All Night
8. Harrowdown Hill
9. Cymbal Rush


聴いたことある人の感想をぜひ聞きたい。






テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

[洋楽]Radiohead | コメント:2 | トラックバック:0 |

きたきたきたきた!!!!!

これからバイトなんで軽く更新。

Takahashi Diaryアツい情報が!!!


えー、皆様お待ちかねと思われる新しいお知らせを、
10/10(火)に発表できる運びとなりました。
どうぞお楽しみに!




「涙のふるさと」これで



確定とみていいでしょうね!!


ではいってきまーす。
詳しくは今夜更新します。

・・・升さんドラム変えた???

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:4 | トラックバック:0 |

ブルートレイン


ファンクラブ
1. 暗号のワルツ
2. ワールドアパート
3. ブラックアウト
4. 桜草
5. 路地裏のうさぎ
6. ブルートレイン
7. 真冬のダンス
8. バタフライ
9. センスレス
10. 月光
11. タイトロープ



スルメ天国"ASIAN KUNG-FU GENERATION"


昨日に引き続き、スルメソングです~。
第2弾がありました(笑
果たして第3弾は!?

それはおいといてと。
あ、初めの文は、ただ単にアジカンはスルメソングが多いということです(笑
アジカンはほんとスルメソングが多い。
まぁ、ゴッチの日記を読むとそういう曲作りをしているから当たり前ですが。

でも、アジカンでも一口目でおいしい曲は何曲かある。
「君という花」なんてまさにそうだし(いや、でもこれもスルメだなぁ)、「Re:Re:」とかも聴いた瞬間にキタね。


おっと。
それはまた次の機会にして、今日は「ブルートレイン」です。

最近の僕のアジカンのスルメは、

・ブルートレイン

・タイトロープ

・暗号のワルツ

・サイレン


この4曲がいまアツい。いい味出してる。
なぜかは知らん(爆
ただ、すごく聴きたくなる瞬間がある。

そんな中でも、今日は「ブルートレイン」を選びました。
選んだ理由はなんとなくだけどw


これは元々シングル曲ですね。
アジカンのシングルとしては「君の街まで」以来1年2ヶ月ぶりくらいのシングル。
「ソルファ」からは1年ぶりでした。
まぁ、このシングルの半年くらい前にコンピ盤出してるんで、新曲としては「ブラックアウト」以来半年ぶりとなった新曲でした。


ブルートレイン
1. ブルートレイン
2. ロードムービー
3. 飛べない魚
4. 月光



このシングルを初めて聞いたときの感想は、

うん。悪くない。
でも、物足りない感じがするなぁ。

でしたね。正直にいえば。
「ソルファ」~「ブラックアウト」~「ブルートレイン」の流れで来るとどうしてもそう感じてしまいました。

特に直前にでた新曲「ブラックアウト」に比べると、なんか、盛り上がりに欠ける感があるというかなんというか。

今思うと、




ほんと申し訳ない感想です!!




大変失礼しました。後藤様ならび、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの皆様。
こんなに素晴らしい曲に対してこんな感想を持ってしまっただなんて。


穴があるなら入りたい(笑


この変化はいつからだっただろうか。
確実にファンクラブを聞き始めてからだよな~。

もうこの曲のメロディー。さらに言えばドラムがすごくよかばい。


「ブルートレイン」の曲のアイディアはゴッチ以外の3人によって作られたんですよね。

日記より。

この曲は俺が休んでいる間に、ケンちゃんのネタを元に残りの3人によってある程度のアレンジがセッションによって進められた。



今までにない形での作曲体系だったからこそ、初めは少し違和感を感じた。

ケンのアルペジオのコード感は俺が絶対に考えつかないもので、時折、不協和音になる。このあたりが我々にとっては非常に新鮮で、この曲の魅力でもある。メロディーは非常に自分らしい(良い意味でも悪い意味でも)感じだけど、このケンのコード感、そしてそれを受けるベースラインと歌が組み合わさると非常に気持ちがいい。キヨシのドラムも圧巻の手数だ。



おそらくその違和感の原因が「アルペジオのコード感は俺が絶対に考えつかないもので、時折、不協和音になる」だったんでしょうね。


どこかは知らんが(笑



んなこといちいち気にしてきかないですよorz
サビとブリッジはゴッチが作ったらしいから、イントロ、Aメロ、Bメロでしょう。
ブリッジってどこwCメロ???
そしてただ、感覚的に「ん??」と思うんだろうな。
それにしても、本当にドラムがすごいなぁと感じます。よくもまぁこんあ複雑なの叩けるなぁと。
そして、ドラムを叩いてみたいと思う今日この頃(笑

しかし、今ではこの曲は耳にも馴染んでもう至高の1曲に(笑


また、歌詞でもかなり失礼なことが。
ブルートレイン:歌詞


剥き出しで走る夕
歪なレール上を転がるように

「何処まで?」君は言う
それすら消えて無くなってしまうまで
行きたい 行きたい



僕は最初、歌詞カード見ないで聞くんですね。


↓僕が聞き取ったサビ

剥き出しで走るよぉ~
歪なレール上を転がるように



「剥き出しで走るよぉ~」って!!


意味分からんがな!!!


いや~でもほんと初めはこう思ってました。
歌詞カード見たっけ「剥き出しで走る」だったとは・・・


穴があるなら入りたい!!


なんかほんと申し訳なくなってきてね。
でも、はまり始めてからは、


「剥き出しで走る」と「「何処まで?」君は言(ゆ)う

という、サビの部分の韻を踏んでる感じが最高にいいです。
ゴッチの詞ってところどころで韻を踏むのがいいですね。
聞いててテンポがよくていい。


また、初めサビの"いきたい"は「行きたい」
なのに対して、最後のサビは「生きたい」になってるのもさすがだなと。

ゴッチもこの「生きたい」の一行に尽きるといってます。
それほど大きな意味を担っている歌詞なんですね。


あぁ、書いてたら聞きたくなってきた(笑
そして、いつの間にかiPodでの再生回数がアジカンの中では1位になっているという事実。←無意識(笑


まさにスルメソング!!



うん。


締まらんのぉ(笑


余談。
レディオヘッドの「OK Computer」がスルメアルバムなんですけど、


どうしたらいいでしょう(笑



OKコンピューター1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For a Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. Tourist


昨日に引き続き、関係ない報告でしたー(爆


明日も学校&バイトなのでコメントの返事少々お待ちください。
明日のバイト終われば金曜休みなので、たっぷり時間はある。
その時一気にお返ししますので。
なので、ガンガンコメントしちゃってください♪





今回の記事が面白かったらクリックお願いします^^

↓お願いします☆


↓こちらもお願いします♪
banner_03.gif








テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:4 | トラックバック:0 |

星の欠片


カナリア・ボックス1. カナリア ボックス
2. No.6
3. 星の欠片



あれです。
今日の記事何にするかってことを、




全く考えていなかった!!(笑




よくある話しだぜぇ。
そこで、昨日スルメソングのことを少し書いたので、とりあえず、スルメソングネタで攻めていこうと思います。

【注】
スルメソング・・・何回も聴くと味が出てくる曲のこと
(だと思うw)

まぁ、僕の表現ではないですけど、とてつもなく上手い表現だと思うので使わせてもらいます。
何回も噛むと味が出るスルメと何回も利くと味が出る曲をかけてるんですね~。
この表現使って大丈夫ですよね???
それにしても、考えた人すごいな~。


さて第1回!?は、ランクヘッドの『星の欠片』について。
第1回としましたがシリーズ化は不明です(笑


なんでこの曲を選んだかというと、まさに今、僕の中でスルメソング化しているからですね。

まぁ、もともとCD買ったときからすごく僕のツボにヒットしていたんですけど、最近聴くとほんと



すっげーいい曲!!



と、ひしひしと思います。
最近はなんか激しい曲やノリのいい曲ももちろん聴きますが、落ち着いた曲がすごく好きな自分の存在が気になります(笑

また、僕は落ち着いた曲の方がスルメソング化しやすいと思います。
僕の場合、ノリのいい曲の方でまずはガツーンとやられて、スローな曲やミディアムよりやや遅めの曲などの良さとか、美しさに気が付くのにはある程度時間がかかるようです。

時間がかかる=何回も聞かないとダメ=良さに気が付く頃にはスルメ化

この方程式が僕の中では成り立っています。


確実に成り立っている!!


そういうことにしといて下さい。



だいぶ話がスライダーしましたが、『星の欠片』に軌道修正します。

『星の欠片』も買った当初はすんごい聴いてたんですけどね。
nanoはほぼ同時期に買ったけど、コンポで聴いていたので再生回数があまり反映されてませんorz

それは置いといて、最近少し、『星の欠片』から離れていたこともあり、聴きたい衝動にかられて聞き出したら・・・


ねぇ!!!


やっぱいい曲ですよ(´∀`)


最近初めて聞いたとき以上にこの曲が好きです。
もっと深く触れていきたい。そう思います。

まずはベースがすごく心地良く感じます。
そしてメロディーが転調するのも最近すごくポイントが高いですね。
まぁ、もともとメロディーはすごい好きだったんですけどね(笑


星の欠片:歌詞

歌詞が最近身にしみるし、ほんとそうだよな~と思えてしまう。


青い星の欠片のあなたと僕
どうして僕にはあなたの光を
見る事が出来ないんだろう



青い星の欠片のあなたと僕
どうして僕にはあなたの祈りを
聞く事がが出来ないんだろう



青い星の欠片のあなたと僕
どうして僕らは互いの痛みを
知る事が出来ないのかな




ほんと相手も気持ちが分かればと思うんですけどね。
でも、「サトラレ」というマンガをよんで筒抜けというのもすごい恐怖だと思いました。
まぁ、関連性はあまりないですけどね。


今は、メロディーを味わいつつ、歌詞も味わいたいな~と思っています。
最近は歌詞も大切だけど、メロディーを楽しむということを覚えたいと思う今日この頃です。

音楽っていろんな聴き方ができるのも魅力の1つだと思います。


それにしても、僕は話がよく逸れますね(笑
高校の友達とかと話すと本題からどんどん離れていって、あぁ、いまはこの話しないとといって元の話に戻ることがしばしばあるやつなんで(笑

文章になっても変わらんようです。


まぁ、いいか(笑


最後にこの記事とは全く関係ないけどひとつ。
レディオヘッドの「OK Computer」やばいですね。


OKコンピューター1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For a Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. Tourist


特に2曲目の「Paranoid Android」にすごいはまりそう(笑

関係ない報告でしたー(爆





テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]ランクヘッド | コメント:2 | トラックバック:0 |

RAVEーム

タイトルは「レイヴーム」と読んでください。
転じて「レイブーム」→「RAEVブーム」です。


あぁ、出だしから苦しいorz


このタイトル思いついたとき、おっと思ったんですけど、文にするとびみょ。
自分で解説しちゃだめじゃn(ry
そして、なんかすべってr(ry



まぁ、本文書きます(笑
すべってること気にしてられない。

やっぱタイトルつけるの難しいよ。タカチュー。
でも、タイトル大事だよー



さてさて、先月からほんとどっぷりとはまっているRAVEというバンドがあります。
そして、彼らの「僕のアパートに彗星がおちた日」というアルバムの中の曲の「Psychedelic」という曲がいつの間にか再生回数が100回越えていました(笑


UKLB-047.jpg
1. カウボーイはオーロラの下で
2. フォーリンスターリン
3. Blue Design
4. ペガサス
5. Anorak
6. Suddenly
7. The Sun
8. psychedelic
9. シルエット
10.メロス
11.Home
12.Omoide Cross


iPodでの再生回数を気にするようになってから100回の到達スピードではおそらく、2番目か3番目。
ちなみに、ランクヘッドの「夏の匂い」のがおそらく最速だと思われる。

まぁ、そこまで日にちとか気にしていないから分かりませんが。
ブログ確認すればある程度正確な日付が出そうだけど、そこまでやらんでもいいでしょ(笑


さてさて、話が少しそれました。
「Psychedelic」にすごくはまっていますが、「僕のアパートに彗星がおちた日」自体すごく聴きやすくてとてもいいアルバムです。

以前書いた記事を参考にどうぞ。

「僕のアパートに彗星がおちた日」過去記事

「psychedelic」過去記事


これはほんと名盤だわ~。
衝動買いしてここまで聞いたアーティストがいただろうか?
アルバムタイトルと、ジャケットと、数十秒曲を聴いただけなのに。


買ってよかったよ~♪


他の曲もかなり聴いています。
まぁ、100回の報告だけでは面白くないので、今日はこのアルバムの中から1曲目の「カウボーイはオーロラの下で」について少し書こうかと思います。


この曲は1曲目ですから、当然アルバムを初めて聴いたときは、RAVEというバンドの曲を初めて1曲通して聞いたというなんとも思い出深い曲です。
1曲目だから当たり前ですけどね!!

RAVEで少し試聴した曲がこの「カウボーイはオーロラの下で」と「フォーリンスターリン」でした。
なので、かなりの期待をもってこのアルバムをそして1曲目を聞いたわけです。


期待通りの素晴らしい曲でした!!


正直、1曲目からここまでアルバムの世界に引き込んでくれるとは思っていませんでた。
でも、この曲を聴いたらほんと、夜空が広がる。
まさにジャケットの写真の中にいる人が自分なんじゃないだろうか?という感じ。

この曲もかなりのスルメソングですね。

【注】
スルメソング・・・何回も聴くと味が出てくる曲のこと


・・・・・だと思う。
どこかのブログを読んでるときに見ました。
今度ぱくr使わせてもらおうと機会をうかがっていました(笑

ほんとこの曲はスルメソング。
ようやく味が出てきたのでガンガン聞き出しそう。

メロディーがとても美しい旋律を奏でています。
そしてやっぱりメロディーと声がすごくマッチしているんですよね~。
裏声とか綺麗だし。
これ最高^^
この曲の世界に浸っていると心地いいなと最近よく思います。


手に取る機会があったらぜひ聴いてみてください♪



・リンク追加
アクセルさんの単なる気まぐれ日記をリンクに追加しました。


↓続きは今週ジャンプてかワンピです(笑
ネタバレしてるので気を付けてください。
RAVEーム…の続きを読む

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

[邦楽]RAVE | コメント:8 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。