プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

orbital periodについて考える②

orbital periodについて考える第二弾といっても、感想書きます(笑

近いうちに『才悩人応援歌』について思うところは書く予定でいます。

いま書きたいことは書きたいわけですが、書くとものすごい、ものすごい時間がかかりそうなので、正月ゆっくり書きたいと思います。



とは言っても、何かかきてぇーなーと思い、普通に感想を書いてない気がしたので、それについて書こうかと。



それにしてもものすごいアルバムですよね~
いまだに聞き続けていますよ。

飽きが来ない。

リピートして、リピートして、それでもまだ聞き続けるかってくらい聞いてます。

一週間半くらいでようやく50回聞きました。
ても、1回きくのに70分ですから、70×50=3500分

時間に直すと約60時間。

この一週間半のうち、60時間をバンプのアルバムに費やしたということか(笑


まぁ、こんなくだらない時間換算はおいといて。




今回のアルバムはどう考えるのがいいのだろうか。

僕は普通に『voyager』に始まり、『flyby』でアルバムが完結すると思っている。

歌詞的に言えば、『voyager』では音を繋いでメロディーを送っているが、『flyby』ではそれに声をのせる、つまり、初めは音だけだったのが、最後には歌となって届くということかと思っていた。


しかし、これは特にブックレットの世界観への導入かとも思うわけです。


仮に、『voyager』『flyby』がなかったら、ブックレットの世界観にすんなりと導入されたのか多少の疑問を感じる。

アルバムとしての完成度だけをとるなら『メーデー』~『涙のふるさと』だけでも成り立っていると思うし、そう考えるのも面白いということをいただいたコメントから思った。


やっぱ、『voyager』『flyby』という曲で挟まれているからこそ、このアルバムが感動をよび、ブックレットの世界観を成り立たせる最後のピースなんだと思う。



ただ、歌詞の世界観で言えば『メーデー』~『涙のふるさと』で完結するんだと思いますけどね。



なんか、変なこと書いた気がする(笑



アルバム曲についての感想も。
『voyager』『flyby』はアルバム導入のための曲と思っているので今回は書かない方向で。
どっちもめっちゃ好きな曲ですけどね。


4曲目『才悩人応援歌』
藤原基央の体温を非常に感じる曲。
そして、歌詞がものすごくいい。というか、考えさせられる。

近いうちに何か書く予定。



7曲目『ハンマーソングと痛みの塔』
イメージは完全にブックレット(笑
でも、歌詞はやはり普遍性を感じる。

同じ目線で話そうよと。

ハンマーソング→だるま落としのハンマーのことかと。


音作りも新しい感じですね。そして、スルメソング。



8曲目『時空かくれんぼ』
過去と今のかくれんぼ。
だから『時空かくれんぼ』

初めはなんでこんなタイトルなのか分からなかったが、聞いてるうちになんとなく分かったが、未だに考察している。



9曲目『かさぶたぶたぶ』
もともと隠し曲。
そんなテイストは感じますね(笑

隠し曲だとしてもものすごいクオリティーの曲ですね。

かさぶたYeah!!



11曲目『ひとりごと』
優しさについて鋭い視線で書いた曲。
藤原基央の歌詞センスに脱帽した曲。

このひとほんとすごいと思う。
優しさってなんだろう。
でも、笑顔が見たいから優しくするというのに妙に納得。



12曲目『飴玉の唄』
これも歌詞が初めて聞いたときからすごくいいなぁと思っている曲。
今回のアルバムは藤原さんの感情的なヴォーカルも結構目立つ要素だと思うんだけど、これはそれを強く感じる。

『才悩人応援歌』も感じるんだけどね。



15曲目『arrows』
この曲も藤原基央の体温を強く感じる。
今までの曲との相関とかも考えると面白いとか思ってる。

いまだ解釈が深く出来てないので上手く書けない(笑




・総括
シングル曲が強力なだけにアルバム曲の出来に多少の不安があったけど、そんなことを吹き飛ばすようなできだった。

今回のアルバム曲は藤原さん自身を歌った曲が多いとも感じるし、感情のこもった歌い方をする曲も多いように感じた。
いつもは淡々と歌い上げるイメージなんですよね。

あとは、歌詞がより、深く、細かいところまで掘り下げてきているなぁと感じます。

人の本質ではないけど、触れられない、触れたくない奥底を歌い上げてる気がするんですよね。

なので、何度も聞いて考えないと、藤原基央の真に伝えたいことは伝わらん気もする。
一度二度聞いただけでも、ノリがいいとか、メロディーが好き、などは想いそうだが、真に考えないといけないのは、歌詞が、藤原基央がこの曲たち、アルバムを通して僕たちに何を感じ取って欲しいのかということを考えないといけないと想う。僕は。

あくまで、僕は(笑


そんなわけで、僕はこんなことを考えつつ聞いてるわけですが、まだまだ見えてこない(笑

いやー聞けば聞くほど分からなくなるんですよね。
僕もまだまだ。


ますます聴いていこうと思う今日この頃です。



なんか、よく分からんこと書いたな(笑
スポンサーサイト
[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:2 | トラックバック:0 |

2007年の音楽その③

今年のMy Musicを振り返ろう第3回です。

今回は、今年めちゃ聞いたよーってアルバムを振り返ってみようと思います。

まずは、発売一週間にもかかわらず、アルバムとしての再生回数はおそらく40回を越えるであろうモンスターアルバム。もちろん、これですね(笑

BUMP OF CHICKEN『orbital period』


orbital period1.voyager
2.星の鳥
3.メーデー
4.才悩人応援歌
5.プラネタリウム
6.supernova
7.ハンマーソングと痛みの塔
8.時空かくれんぼ
9.かさぶたぶたぶ
10.花の名
11.ひとりごと
12.飴玉の唄
13.星の鳥 reprise
14.カルマ
15.arrows
16.涙のふるさと
17.flyby


一週間でここまで聞いたアルバムは過去になかったなぁ~
『ユグドラシル』でも、一週間でここまで聞いてた記憶はないなぁ。

それほどまでに、僕の心を掴み、離さないアルバム。

もう、自分の中でも過去最高のアルバムですね。
ほんとそう感じます。

インストがあるとはいえ、全部で70分を越える大作なのに、何度聴いてもあきない、味が出る、あっという間に時間が過ぎる。

アルバムのコンセプトがブックレットにより浮き立つのもいいし、やはり、毎度のことだが藤原基央の書く詞の世界観がほんまたまらない。

好きすぎる、まじ大好きだ。


いやーほんと、オススメです。

多くの人に聞いて欲しいですね~♪

私事ですが、最近は『才悩人応援歌』と『ひとりごと』の歌詞解釈にはまっております(笑
むにゃむにゃ考えております。
考えがまとまって、時間が出来たら書きたいな。



では、次にいきます。
今年の音楽で度々かきましたが、バンプのアルバムが発売されるまでは間違いなく今年1番聞いたであろうアルバムです。


ランクヘッド『FORCE』


album006_force.jpg
1.OTO
2.HEART BEATER
3.ギグル
4.奇跡
5.きらりいろ
6.夏の匂い
7.パラドクサル
8.不安と夢
9.ガラス玉
10.眠れない夜のこと
11.ヘヴンズドア
12.僕らは生きる
13.桜日和



これも今年大当たりの1枚ですね。
ランクヘッドの更なる進化が見えた1枚です。

この前のアルバム『LUNKHEAD』で新しいランクヘッドを見ました。


今回のアルバムはいうなれば、

新旧の融合≒無敵のランクヘッド

見たいな感じですかね。


つか、『奇跡』がほんと大好きだ(笑

コレ名曲ですわ。
コレだけでも聞いてもらいたい。

メロもカッコいいし、歌詞もいいということなしです。


また、ランクヘッドの不動の名曲『夏の匂い』も収録さていますからね。
ぜひ、手に取ったことのない方は聞いてみてください♪



さてさて。
お次に登場するのは

凛として時雨『#4』


#41. 鮮やかな殺人
2. テレキャスターの真実
3. Sadistic Summer
4. ターボチャージャーON
5. AcoustiC
6. O.F.T
7. CRAZY感情STYLE
8. トルネードG
9. 傍観
10. TK in the 夕景



このアルバムの発売自体は2005年です。この人たちは他にも2枚CD出してて、


『Feeling your UFO』

Feeling your UFO
1. 想像のSecurity
2. 感覚UFO
3. 秋の気配のアルペジオ
4. ラストダンスレボリューション
5. Sergio Echigo




『Inspiration is DEAD』

Inspiration is DEAD
1. nakano kill you
2. COOL J
3. DISCO FLIGHT
4. knife vacation
5. am3:45
6. 赤い誘惑
7. 1/fの感触
8. i not crazy am you are
9. 夕景の記憶



というアルバムを出してます。
『Feeling your UFO』はミニアルバムですけどね。


『Inspiration is DEAD』は2007年の発売です。
今年のアルバムといえばコレなんですけど、僕は『#4』を友達にめっちゃ薦められて11月末位から聞き始めているので、こちらを挙げます。


どのアルバムも独特の個性があり好きなんですけどね。


万人受けするバンドではないと思います。
けど、自分がはまっているんで書きました。



NEXT!!

hare-brained unity『EVEN BEAT』
EVEN BEAT(初回限定盤)
1. Prelude (inst)
2. Circles
3. HORIZON
4. ORION
5. D.D.T. (inst)
6. Updraft
7. エレクトロン-Jack's Headache Mix-
8. AURORA (inst)
9. Sputnik
10. エンドロール
11. ソライロ
12. Filter Boy


今年の頭のほうに発売になったアルバムですね。
ヘアブレもいいアルバム作ってきますよね~。

シングル曲である『ソライロ』『Sputnik』『ORION』の3曲は勿論のこと、アルバム曲の完成度も非常に高いです。

インストですが5曲目の『D.D.T』もすごくいい。

ギターがいいスパイスになっているバンド。
ギターがかっこいいです。

是非とも聞いていただきたい1枚。



お次はこれ。

GLORY HILL『Lost Generation』
LOST GENERATION
1. Everything
2. Cried out
3. Remember
4. Stardust
5. Dyind place
6. Can't stop hate it
7. Carry On
8. Answer



これも友達にすすめられて聞くようになりました。
思いっきり直球のメロパンです。ほとんど英語詞だし。

粗い言い方をすればELLEGARDEN。

僕も友達にエルレみたいだよと言われて聞いて、確かに1曲目の『Everything』を聞いたときにエルレみたいだなぁ~と正直思った。

けど、何度も聞くとやっぱ違うなと思い聞いてました。

声も似てるかと思ったけど、全然違ったしね。


ノリもいいし、新人のバンドらしいので今後の注目株なのではないでしょうか。


まぁー受け入れられないという人もいそうですけどね。




長くなってきたな。
とりあえず、第3回のラストはこの人たち。

9mm Parabellum Bullet『Termination』

Termination(期間限定盤)
1.Psychopolis
2.Discommunication
3.Heat-Island(Album ver.)
4.Sleepwalk
5.砂の惑星
6.Heart-Shaped Gear
7.Sundome
8.Battle March
9.Butterfly Effect
10.Termination
11.The World(Album ver.)
12.Punishment


これも友達と噂して友達が買ったアルバム借りて聞いてたな。
今年新しく聞き始めたバンドは基本友達からの情報でした。

僕と友達で11曲目の『The World』がカッコいいと話してたし、この1つ前のアルバム『The World e.p. [limited edition]』を買うかどうかCDショップでかなり悩んだ。

結局、買わなかったけどね(笑


この人たちの作る音楽はロックだなぁ~と感じます。
ロックの定義とか知らないんですけどね(笑

ただ、自分達の言いたいことぶちまけて、で、音もカッコいいけど、どこか泥臭くて。

そんなところに惹かれてしまう。


自分達のやりたい音楽を貫いているんだなぁ~と感じます。
そして、僕は歌詞が好きなのではまるんだと思います。

歌声は好き嫌い分かれそうですね。
歌声大丈夫だ!!と言う人はぜひ聞いてみてください♪



とりあえず、今年はまったアルバム第1弾でしたー。



にしても、バンプのアルバムはマジですごいと思う。
[音楽&日常]音楽 | コメント:4 | トラックバック:0 |

2007年の音楽その②

さてさて。
昨日の続きです。

下半期編行ってみましょう~

そのまえに、昨日の上半期のおさらい。

2007年1月
1位 桜日和/ランクヘッド 67回
2位 ORION/hare-brained unity 41回
2位 天体観測/BUMP OF CHICKEN 41回
3位 プラネテリウム/BUMP OF CHICKEN 40回

2007年2月
1位 天体観測/BUMP OF CHICKEN 35回
2位 プラネテリウム/BUMP OF CHICKEN 32回
3位 ダイヤモンド/BUMP OF CHICKEN 31回

2007年3月
1位 コイントス/藍坊主 32回
2位 TRAIN/ストレイテナー 26回
3位 AFTER THE CALM/ストレイテナー 23回
3位 サクラ色/アンジェラ・アキ 23回

2007年4月
1位 CHE.R.RY/YUI 119回
2位 純恋歌/湘南乃風 51回
3位 キンミライ。/ナイス橋本 41回

2007年5月
1位 優暮/ランクヘッド 78回
2位 きらりいろ/ランクヘッド 77回
3位 シャングリラ/チャットモンチー 30回

2007年6月
1位 奇跡/ランクヘッド 83回
2位 愛唄/greeeen 56回
3位 恋うた/音速ライン 52回


でした。
では下半期です。


2007年7月
1位 奇跡/ランクヘッド 45回
2位 ガラス玉/ランクヘッド 33回
3位 orange/小久保淳平 29回

2007年8月
1位 Beautiful World/宇多田ヒカル 43回
2位 奇跡/ランクヘッド 37回
3位 柊/LOST IN TIME 35回

2007年9月
1位 Everything/GLORY HILL 40回
2位 奇跡/ランクヘッド 30回
3位 Cried Out/GLORY HILL 29回
3位 DANNY/BUMP OF CHICKEN 29回

2007年10月
1位 メーデー/BUMP OF CHICKEN 81回
2位 花の名/BUMP OF CHICKEN 75回
3位 東京賛歌/BUMP OF CHICKEN 71回

2007年11月
1位 アフターダーク/ASIAN KUNG-FU GENERATION 86回
2位 メーデー/BUMP OF CHICKEN 58回
3位 花の名/BUMP OF CHICKEN 53回



12月はまだ出てないです。
感覚的には『凛として時雨』の『鮮やかな殺人』は上位に来ると思います。
今月めっさ聞いたんで。

もち、バンプのNew Album『orbital period』も聞きまくってるので今年も残すところあと一週間を切りましたが、この数日で何曲か抜いていくかもしれないし、上位がすべて『orbital period』の曲になるということもありえる。



こう見ると、バンプとランクの上位に食い込む率が高い。
特に、ランクの『FORCE』 はよく聞いた。

バンプの『orbital period』が出るまでは、間違いなく今年1番聞いたアルバムだと思う。



album006_force.jpg
1.OTO
2.HEART BEATER
3.ギグル
4.奇跡
5.きらりいろ
6.夏の匂い
7.パラドクサル
8.不安と夢
9.ガラス玉
10.眠れない夜のこと
11.ヘヴンズドア
12.僕らは生きる
13.桜日和


このアルバムの中でも特に、6,7,8,9月と4ヶ月にわたりトップ3にランクインし続けた『奇跡』はほんとよく聞いたし、今も聞く。

これは今までのランクの中でも1位、2位を争うくらい好きだ。iTunesの再生回数では314回にのぼる。
いやーよく聞いた。

ほんとオススメです。この曲も、このアルバムも。

バンプ好きなら聴いて損はないかと。


あとは、GLORY HILL、LOST IN TIME、凛として時雨など、また好きなバンドも増えた。
水面下では他にもいろいろ聞いてるんでそのうち書きます。



最後に、今年発売の曲でよく聞いた曲トップ25!!(My iTunes調べ)

1位 奇跡/ランクヘッド
2位 きらりいろ/ランクヘッド
3位 メーデー/BUMP OF CHICKEN
4位 花の名/BUMP OF CHICKEN
5位 絶望ビリー/マキシマム ザ ホルモン
6位 桜日和/ランクヘッド
7位 ガラス玉/ランクヘッド
8位 CHE.R.RY/YUI
9位 恋うた/音速ライン
10位 僕らは生きる/ランクヘッド
11位 ガラスのブルース(28 years round)/BUMP OF CHICKEN
12位 TRAIN/ストレイテナー
13位 東京賛歌/BUMP OF CHICKEN
14位 アフターダーク/ASIAN KUNG-FU GENERATION
15位 HEART BEATER/ランクヘッド
16位 ブラウンシュガーヘア(album ver.)/つばき
17位 愛唄/Greeeen
18位 花火/つばき
19位 Beautiful World/宇多田ヒカル
20位 ギグル/ランクヘッド
21位 たしかに/アンジェラ・アキ
22位 ドラマチック/Base Ball Bear
23位 Everything/GLORY HILL
24位 キンミライ。/ナイス橋本
25位 オオカミと月と深い霧/Tacica



はい、ランクのアルバム収録曲ばっか(笑
他にもいろいろ面白い曲がランクイン。

22位以上は100回以上再生です(爆
25位の『オオカミと月と深い霧』でも再生回数は92回なんですけどね(汗



とりあえず、今年もよく音楽を聴いたし来年もよき聞くだろう。
つか、聞きます(笑

さて、第3回では曲単発ではなく、アルバム単位で振り返りたいと思います。
というわけで、第3回もやる!!予定!!!
[音楽&日常]音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

2007年の音楽その①

テンプレートを変更しました♪

僕が前まで使っていたテンプレートを作成した方の別のテンプレです。
公式テンプレらしいです。


まぁ、それはおいといて。


今日は2007年、僕の音楽シーンについて振り返ろうと思います。
バンプのNew Album『orbital period』について考えるも平行してやっていきたいとは思っています。
にしても、このアルバムはほんと生々しい曲が多いですよねー。
藤原基央の体温が伝わるというかね。

まぁ、これもおいといて。



今年はほとんどこのブログに書かなかったねー・・・


すいませんでしたーーーーー↓↓(猛省)


忙しかったと言い訳してみる。

つーことで、今年、僕がどんな音楽聴いてたのかあんまり書いていけなかったので、今日からぐわーっと振り返ろうかと。


今年よく聞いた曲

僕はmixiの方でも書いてまして。
今年はこっちがメインでした。
mixi musicという機能が好きでして。

この機能は再生回数をカウントするので、これにより、月ごとにどの曲をPCで1番再生したか(iPod含む)が分かるんですね。
あんまし正しい表現ではないかもしれないですけどね。

それを使い、今日は今年の僕の音楽シーン上半期を振り返ります。

2007年1月
1位 桜日和/ランクヘッド 67回
2位 ORION/hare-brained unity 41回
2位 天体観測/BUMP OF CHICKEN 41回
3位 プラネテリウム/BUMP OF CHICKEN 40回

2007年2月
1位 天体観測/BUMP OF CHICKEN 35回
2位 プラネテリウム/BUMP OF CHICKEN 32回
3位 ダイヤモンド/BUMP OF CHICKEN 31回

2007年3月
1位 コイントス/藍坊主 32回
2位 TRAIN/ストレイテナー 26回
3位 AFTER THE CALM/ストレイテナー 23回
3位 サクラ色/アンジェラ・アキ 23回

2007年4月
1位 CHE.R.RY/YUI 119回
2位 純恋歌/湘南乃風 51回
3位 キンミライ。/ナイス橋本 41回

2007年5月
1位 優暮/ランクヘッド 78回
2位 きらりいろ/ランクヘッド 77回
3位 シャングリラ/チャットモンチー 30回

2007年6月
1位 奇跡/ランクヘッド 83回
2位 愛唄/greeeen 56回
3位 恋うた/音速ライン 52回



いやー面白いですね。
4月とか。

僕に何があったん??
といいたくなる。
とりあえず、その月に発売されて聞きまくった曲が基本的には上位に来ています。

6月はランクのアルバムが発売されて、ライブで聞いてすでに虜になってた『奇跡』を聞きまくったなぁ。

やっぱ、バンプは食い込んできますね(笑


今年、自分の中で大きかったのはチャットモンチーを聞いたことかな。

正直、今まで苦手だったんですよ。
女性の高音すぎるヴォーカルが。

だから、チャットモンチーは聞かなかったんだけど、『シャングリラ』を聞き始めてから高音もそんなに苦じゃなくなった。

いやー幅が広がる♪


とりあえず、上半期でしたー。
[音楽&日常]音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

orbital periodについて考える①


orbital period1.voyager
2.星の鳥
3.メーデー
4.才悩人応援歌
5.プラネタリウム
6.supernova
7.ハンマーソングと痛みの塔
8.時空かくれんぼ
9.かさぶたぶたぶ
10.花の名
11.ひとりごと
12.飴玉の唄
13.星の鳥 reprise
14.カルマ
15.arrows
16.涙のふるさと
17.flyby



ついに産み落とされたバンプ最新のアルバム『orbital period』についていろいろ語らおう第1回目。

2回目以降あるのかどうかは分からないですけど、1回で書ききれるわけがないし、普通に僕が書き出すと、『すべての曲の歌詞解釈』⇒『アルバムの解釈』というものすんごく時間のかかりそうな匂いがプンプンするので、とりあえず、第1回とかにしとけば表面だけで1回目は終わるんじゃないかという、なんとも卑怯な感じでやっていこうかと思います(笑


さて、まず、僕が初めて聞いたときの感想ですが、おそらく『最高・・・』という言葉しかなかったと思います。

ブックレットの出来に驚き、さらに曲に驚き、そして、アルバムの世界観にほれ込んだ。

そんな感じで、聞き終わった後には心地良い疲労感がありました。

初めの日は『才悩人応援歌』と、『飴玉の唄』の歌詞に共感を覚え、シングル曲に別の意味が付加された。

しかし、聞いているうちに、曲単発で聞くことが出来なくなる。

アルバムとして、それぞれが最高の役割を果たしているこのアルバムの曲順で聞きたくなる。

聞かなければいけない。

そんな風に思えてくる。


そして、今日、アルバムが発売される前に発売され売り切れたら嫌だなぁと思い買っておいた『MUSICA』を読んだ。

全曲の解説が載っていて非常に興味深い内容だった。

このインタビューを踏まえ、これからはこのアルバムと、バンプとコミュニケーションをとっていかなければいけないと思った。



今日は、とりあえず、5日間、このアルバムだけを聞き続けたうえでの感想、気になったこと、見え隠れするアルバムの全体像について何回かかけていろいろ書いていけたらなんて思います。


今日の話題は『才悩人応援歌』『voyager』『flyby』の3曲。


『才悩人応援歌』の歌詞に

ファンだったミュージシャン 新譜 暇つぶし
売れてからはどうでもいい



という歌詞があっておどろいた。
これってバンプ自身についてなの?と思った。

僕がここに反応したのは、よく「バンプは変わったから聞かない」とか「昔がよかった」いう話を聞いて悲しい気持ちになることが多いからだと思うんですけどね。

まぁ、それは関係ないからおいといて。


それでも、初めと終わりに『voyager』『flyby』という2曲があることで救われた。

どちらの歌詞でも

応答願ウ



と、呼びかけている。

『voyager』で、

ワタシハ ドンナニ離レテモ イツモアナタノ周回軌道上


音ヲ繋ギ メロディーヲ送ル




『flyby』で、

バイバイ 忘レテモ構ワナイ 忘レナイカラ
応答願ウ ズット 応答願ウ
教エテモラエタ 声ヲ乗セテ メロディーヲ送ル




この2曲の存在で、僕は、バンプがいつも僕の周回軌道上にいて、いつも音を繋ぎ、メロディーに歌詞を乗せて送ってくれているように感じた。

さらには様々な人に向けて、バンプがメッセージを送っているように感じた。

例えば、『才悩人応援歌』で歌われた“ファンだったミュージシャン 売れてからはどうでもいい”と思っている人でも、周回軌道の裏側だから応答がないだけで、また応答してくれる、応答してほしい。みたいに聞こえてしまった。

あくまで、僕の感想ですが。

初めにブックレットを読みながらアルバムを聞いてブックレットとアルバムのリンクの秀逸さに驚いたけど、アルバムの世界観が完全にブックレットになるのは怖いと思いました。

だから、ちょっとづつ、自分でこのアルバムを読み解きたいと思い、最初の思ったことを今日は書きました。


今回のアルバムにブックレットが付いた理由として、1つ思ったこと。
今回のアルバムは17曲という圧倒的なボリュームで、普通の歌詞カードだけならアルバム曲とシングル曲の繋ぎが出来ないと思いました。世界観の構築が難しいというか。

それを手助けするというか、架け橋になるんもがブックレットなんだと思うんです。

たぶん、誰しもがブックレットを読んで、あるいは読みながらこのアルバムを聞くと、世界観がブックレットの世界観になる、あるいはリンクさせて聞くと思うんです。

実際僕もそうなんですけどね。

でも、それだけじゃ、やっぱりバンプがこのアルバムを通して伝えたい真相までは辿り着けない気がしてしまいました。

架け橋としてブックレットにより繋がった後、さらに深く読み解く必要があるのかと思います。

それは、第2回以降でやりますかね(笑


まずは、アルバム曲の歌詞解釈から始めないとですね!!


バンプの魅力である歌詞解釈をじっくりやっていきたいと思います。

では、第2回で。(あるのかな・・・)

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:4 | トラックバック:0 |

ホームシップ衛星 その①

こんばんは。

ホームシップ衛星第一関門突破です。


先行当たりましたーーーーー!!!
友達が・・・

えぇ。


私ははずしました。
今年はどうも先行に外れる気がする。

というか、ロッキン3日間のチケットを当てたことで使い切ってしまったのではないかと思っていたり、いなかったり。


ま、勝利の女神様がついているということで、棚ボタですが、幕張メッセの土曜日に参戦決定です!!


ほんとありがとうございます。
勝利の女神に感謝。


ツアー名が変わって最初のライブということで気合入りまくりです。

いまから気合入りまくりです(笑


そして、いちょうまだはがき出してるから日曜も可能性あるのかな。
ピアの先行のはがきの当落ってもうでてるのかな??わからん。。。



そして、明日は待ちに待った、待ちに待った、待ちに待った、3年4ヶ月ぶりの新作アルバム『orbital period』の発売日ですね。


あ、もち、フラゲでございます。


orbital period1.voyager
2.星の鳥
3.メーデー
4.才悩人応援歌
5.プラネタリウム
6.supernova
7.ハンマーソングと痛みの塔
8.時空かくれんぼ
9.かさぶたぶたぶ
10.花の名
11.ひとりごと
12.飴玉の唄
13.星の鳥 reprise
14.カルマ
15.arrows
16.涙のふるさと
17.flyby


いんやーほんと楽しみですね。
明日の授業CD発売の直前にあるから集中できないよ(笑


早く聴きたいですね♪


最近聴いてる音楽のことを少し。

最近よく聞いてるのは『凛として時雨』と『OCEALANE』です。
どっちも、いまやツボってます。

『凛として時雨』とか前の僕では絶対聴いてないような人たちなんですけどね。
友達にすすめられてはまりました(笑

というか、現在進行形ではまっているわけですね。
いやーなかなかいい音を奏でててます。

とりあえず、まだまだ聞きますぜぃ。
[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:3 | トラックバック:0 |

orbital period

お久しぶりです。
最近はめっきり卒論で忙しいノヴァです。

えぇ。

卒論書かないといけないんですよ。


もちろん、忙しいながらも音楽は毎日聴いてます。

9mm Parabellum Bullet聞いたり、凛として時雨聞いたり、POLYSICS聞いたり、相変わらずバンプとランク聞いたりしてる今日この頃です。

あ、昨日ランクのツアーファイナル?スタート?に行ってきました。

たまの息抜き!!


そして、来週はバンプ待望のアルバム『orbital period』が発売ですね。


もうめっちゃ楽しみです。


そして、来年はツアーもありますね。
ぜひとも、どこかには参戦したいものです。


時間があるときに長々音楽について考えたいんですけどね。

そうもいかないようです(笑


落ち着いたら?(落ち着くのか知らないですがw)またいろいろ書き出したいです。


たまーに生存確認で、何かしら書きますので(笑
[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。