プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

THE LIVING DEAD

BUMP OF CHICKEN


2nd Album THE LIVING DEAD

収録曲「K」


今日は、2nd Album THE LIVING

DEAD収録曲「K」
について書きたいと思います。
バンプの中でも名曲といわれる一曲です。
黒猫と売れない絵描きの話ですね♪

「K」について書きます。
まず、登場人物は黒猫と売れない絵描き、そして、最後に絵描きの恋人が出てきます。

それでは、物語について。
週末の大通りを黒猫が歩いている。闇に溶ける体なので、本当に真っ黒な猫なんでしょう。
みんなに嫌われ、孤独を望む猫。そんな時、黒猫を抱きかかえる若い絵描きが現れる。
黒猫はそんな絵描きの優しさ、温もりを信じることができず、抱きかかえた腕の中で必死にもがく。
黒猫は走って絵描きから逃げ出す。それは、あたかも孤独という名の逃げ道を走るように。
しかし、どこまで逃げても絵描きはついてくる。そんな絵描きに黒猫は心を開く。


黒猫は絵描きと2度目の冬を過ごす。絵描きは黒猫に「Holy Night(聖なる夜)」という名前をつけてあげる。
彼の描く絵は不吉な黒猫の絵ばかりだった。
そんな黒猫の絵を買う人はいなく、貧しい生活を送っていた。
そんなある日、絵描きは倒れてしまう。
絵描きは最後に故郷で待つ恋人に手紙を書き、黒猫に届けてほしいと伝え、冷たくなってしまう。


黒猫は初めてできた親友のために、手紙をくわえて彼の故郷まで雪の降る山道を走る。
その道の途中、「悪魔の使者」といわれ、子供に石を投げられる。
しかし、黒猫には絵描きの名づけてくれた「Holy Night」という消えない名前がある。優しさ、温もりをすべて詰め込み呼ばれていた名前があった。
そして、黒猫は自分の生まれてきた理由を見つける。
それはこの手紙を親友の恋人まで届けることだった。

彼の故郷まであと数キロまできた。走って、転んで体はすでに満身創痍だった。罵声と暴力が襲いかかってきても、自分には消えない名前がある。それが黒猫を支えていた。


ついに恋人の家を見つけた。しかし、手紙を届けると黒猫は動かなくなった。
そして、手紙を読んだ恋人は動かなくなった黒猫の名前にアルファベットを1つ加えて庭に埋めてあげた。
聖なる騎士(黒猫)を庭に埋めてあげた・・・



さて、この曲の曲名「K」の由来から。

黒猫ははじめ、絵描きに「Holy Night(聖なる夜)」と名づける。

そして、恋人から、名前にアルファベットを1つ加えてもらう。そのアルファベットが「K」で、それを

加えることにより「Holy Knight(聖なる騎士)」となる。

曲名が「K」なのは、加えたアルファベットが「K」だったからです。


それにしてもすごい詩ですよね。藤原さんマジすげぇ!
あとはこのストーリーは泣けますね(T_T)

これもオススメの1曲です!
ぜひ聴いてみてください♪

K:歌詞

BUMP OF CHICKEN・・・『K』




    ↓面白かったらクリックお願いします
    banner_03.gif

    ↓こちらもクリックお願いします
関連記事

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<embrace | HOME | 崩壊アンプリファー>>

この記事のコメント

ほんと「K」は名曲ですねぇ☆
はじめ「K」の意味わからなかったけど、
その意味を知って聞くとほんと感動です(>_<)

ほんとこんな詩が書けるってすごいですよね♪
2006-02-01 Wed 01:37 | URL | くわ #-[ 編集]
>くわさん
僕も最初は「K」の意味知らずに聴いてましたw
雑誌のライブレポだかで、名曲「K」みたいな感じで紹介されてて、実際聴いたら「K]の意味知らなくても、こんな物語の詩が書けるなんてすごいなぁ~と思ってました。
そんで、「K」の意味知ったらますますスゲェなとw
本当に藤原さんの作詞は凄いですね♪
2006-02-01 Wed 12:11 | URL | ノヴァ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。