プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レディオヘッド

先日レディオヘッドの「KID A」を買ってきました。

↓「KID A」

KID A1. Everything In Its Right Place
2. Kid A
3. The National Anthem
4. How To Disappear Completely
5. Treefingers
6. Optimistic
7. In Limbo
8. Idioteque
9. Morning Bell


輸入盤じゃなくて日本盤だと10曲目に「モーション・ピクチャー・サウンドトラック 」というのが入っているようです。


それはさておき、レディオヘッドです。
レミオロメンの「レ」です(笑

洋楽を聴こうと思った時期に「OK Computer」というアルバムは買ったんです。

↓「OK Computer」

OKコンピューター1. Airbag
2. Paranoid Android
3. Subterranean Homesick Alien
4. Exit Music (For a Film)
5. Let Down
6. Karma Police
7. Fitter Happier
8. Electioneering
9. Climbing Up the Walls
10. No Surprises
11. Lucky
12. Tourist



ぶっちゃけアレですよ・・・



アワナカッタッテヤツ




それが大体半年くらい前。
僕は長期の休みになると洋楽を聴きたくなったり、新しい音楽を聴いてみたくなったりするようです(笑

その半年前はいろいろ洋楽を聴いたんですよね。
それこそ、洋楽初体験の僕としては、戸惑いや驚きが大きかった。

ビートルズ、レッチリ、クイーン、フランツ、ニルヴァーナ、ウィーザー、そしてレディオヘッド。

この中でよく聞いたのがビートルズでした。
今も聴くけど(笑


レディオヘッドも触れることは触れたんですよね。
それでも、当時はこういった音楽に触れなかった僕はもう拒絶ですよね。
ぜんぜん合わなかった。



でも、不思議なもので、この半年で僕も少し変わったんですね。
音楽の聴き方、楽しみ方がだんだんと変わっていったんですね。


それと、1番大きいのが、僕をこうして洋楽を少しでも聴くように仕向けた友達ですね。
高校のときの友達なんですけど、休み中に会ったわけです。
その人は本当に、洋楽邦楽そして少しはジャンルがあるだろうけど、それこそ、音楽なら何でも聴くというような人です。

その人とこの前会った時、やっぱり音楽の話になるわけですよね。
それで、レディオヘッドは何がいいんだろうという感じの質問をしたわけですよ。
それに対する明確な答えはなかったんですけど、その友達でさえ、レディオヘッドのよさに気が付くのには時間がかかったといってました。
でも、そのよさというか、すごさに気が付いてからはもう虜だといってました。

そしたら、やっぱり聞きたくなるわけじゃないですか。
この人にここまで言わせるなんて本当にすごいんだろうなと思い。思い切って、何回も聞いてやろうと思います。

先日会ったばっかだから聞くのはこれからですけど(笑
そして、その人がすごく感銘を受けたのが「KID A」だそうです。

その曲を僕も聞かせてもらいました。
そしたら曲調とか、雰囲気とかはすごい暗く冷たい感じなんですけど、収録の仕方とか、その機材についてもいろいろ聞いたら、すごいことしてるなぁと思い、こんな音にもっと僕も触れたいという衝動に駆られました。

そんで、中古CDショップ、通称僕が大好きブックオフにいったらうってたんですねぇ~。
これは買うしかねぇと思って速攻買いました。

今、聴いてますが、やっぱ音作りがすごいなぁ。
この音に馴染んでみたい。
そして、名盤といわれる、「OK Computer」にももう一度触れてみようと思う。

これは、無理やりではなくて自発的に。
だからきっとこの行動がいい方向に作用すると僕は思っている。

僕だって、いろいろな音楽に触れてみたい。
半年前の僕とは違う。

なんといっても、このブログを書いてることによって、今までより多く、そして深く音楽と付き合ってきたと思っているから。
それに、素晴らしい曲なんだからきっと胸を貫くでしょ!!

そういう期待も込めて、新たな音楽に触れていこうと思う。


それと、アルバム「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」が欲しいです。


ヘイル・トゥ・ザ・シーフ (CCCD)1. 2+2=5
2. Sit down. Stand up
3. Sail to the Moon
4. Backdrifts
5. Go to Sleep
6. Where I End and You Begin
7. We suck Young Blood
8. The Gloaming
9. There there
10. I will
11. A Punchup at a Wedding
12. Myxomatosis
13. Scatterbrain
14. A Wolf at the Door


1曲目の「2+2=5」を少し聞かせてもらったんですけど、これもっと聞いてみたいと思いました。
近いうちに買うと思います。


レディオヘッドとりあえず聞いてみます。
今度は自分のなかできっちり消化したい。

関連記事

テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽

[洋楽]Radiohead | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<psychedelic | HOME | 僕のアパートに彗星がおちた日>>

この記事のコメント

ビークルは聞かないんですか?
2006-09-13 Wed 19:46 | URL | ふじ #-[ 編集]
>ふじさん
聞きますよ~。
ビークルも好きなバンドですよ♪
2006-09-14 Thu 02:46 | URL | ノヴァ #-[ 編集]
私はいまやレディオヘッドにどっぷりはまっている一人なんですが、レディオヘッドを知ってからファンになるまで時間を要しました。
最初は暗くて嫌だな~って思っていたくらいで・・・
ファンになったのはMTVで見た「サマーソニック03’」にレディオヘッドが出演した時の「カーマポリス」を聴いた時でした。
それこそ本当にイナズマが落ちたような衝撃で・・・
別世界に引き込まれるような感動で涙がボロボロと止まりませんでした。
なので管理人さんにもぜひ見てもらいたい!と思ってしまいました。
それと私もビートルズ、レッチリ好きなんで、共通する部分があるな~と嬉しくて。

6月にレディオヘッドのコンサートに行った際にボーカルのトムに握手をしてもらったんですが、「できることはやってあげたい」という彼の気持ちが伝わってくるような応対に心から感動しました。

それ以降レディオヘッドの曲を聴くとそんなトムの真摯な優しさが曲に表れているように感じています。
2006-09-17 Sun 03:21 | URL | FUMIE #-[ 編集]
>FUMIEさん
僕はまだファンと名乗っていいのか少し戸惑いますが、最近、レディオヘッドを聴けるようになりました。
僕もFUMIEさんと同じように、暗いな~こんなのがいいのか。くらいでした。

僕はFUMIEさんのような強烈な体験はなかったですけど、アルバムという1つの作品として衝撃は多少なりとも受けたのだと思います。だからこそ、今こうして聴けている。
そう思っています。

でも、そんなに素晴らしいライブ僕も観てみたいです。
洋楽はほんと聴き始めたばかりなので全然詳しくもなんともないですけど、洋楽を嫌っていた高校時代に比べたら大きな進歩だと思います。

握手したんすか!?
うわーすげぇ。僕もあんな曲を作る人にじかに触れてみたい。
そういうことがあると、より愛着でますよね^^

2006-09-18 Mon 02:11 | URL | ノヴァ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。