プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エントランス


フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)1. エントランス
2. ロケットNo.4
3. 絵画教室
4. サイレン#
5. 夕暮れの紅
6. Hold me tight
7. ロードムービー
8. 飛べない魚
9. 堂々巡りの夜
10. 嘘とワンダーランド
11. 永遠に
12. 自閉探索(2004 SHIBUYA-AX)
13. フラッシュバック(2004 国営ひたち海浜公園)
14. アンダースタンド(2004 国営ひたち海浜公園)
15. N.G.S (2005 SHIBUYA-AX)
16. Re:Re: (2006 横浜アリーナ)


アジカンの「フィードバックファイル」が今、僕の音楽の中心にあります。
その中でも楽しみだった曲の1つ。それが、



エントランス!!



1曲目に収録されている曲です。
これは1st Single「未来の破片」に収録されたいた曲でした。



未来の破片
1. 未来の破片
2. エントランス
3. その訳を


この曲は僕がアジカンを好きになる過程ではずすことの出来ない曲です。

アーティストを好きになる(CDを全部欲しいと思うようになる)にはあ
る程度曲を聞かないと判断が出来ません。まぁ、普通ですよね。

なので、僕が本気ではまっていくアーティストは好きになる、あるいは気になった時点でアルバムやシングルなどがすでに数枚出ている場合が多いです。

アジカンも例外ではなく、「君という花」で気になり、過去作品を探しました。

当然、過去に出ていたのは「崩壊アンプリファー」「未来の破片」
僕も「君という花」を聞いてアジカンに興味を持ち、レンタルにあった「未来の破片」をかりました。


聴くわけですよねぇ。
確か初めて聴いた時のこのシングルの感想は、



びみょ。



まぁ、3年前ですからね。
それに、高校生の頃と今では音楽性が違ってましたからと言い訳(笑



大変失礼しました!!



まぁ、言い訳を。
微妙と感じたのは「未来の破片」と「エントランス」
なんかうっせー人たちだなぁと思っていました。(失礼ですけど正直な感想です)
いままで一度たりともシャウトする曲は聴いたことなかったし、ポップな曲を好んで聴いていた(今もそうですが)ので、これは・・・


ねぇ。


ちょっとうるさい。
でも、「その訳を」はすごく気に入っていた。


ここで悩んだのが、当時はMDに曲を落としていたし、高校生でMDの容量とかすごく気にいたので、「エントランス」を落とすかすごい悩んだ。

悩んだ末、MDに落としたんですけど・・・



これが大正解(笑



ここまでメロディーを受け入れなかったのに落とした理由は歌詞ですね。
漠然とだけど歌詞がすごくかっこよく感じた。


エントランス:歌詞


限界センサー 響く警戒音
心の臨界点はまだ遠く向こうで青光り




とか、


限界センサー 赤い点滅を
心の臨界点はまだ遠く向こうの稲光り




とか、


流した涙だけあの日から
刻んだまま進む時間軸




とか。
今まで聴いたことないよ。
こんな歌詞。
特に"時間軸"という言葉の響きが好き。

歌詞カード読んでほんと漠然とかっこいい歌詞だなぁ・・・
メロディーは・・・だけど、歌詞かっこいいから落とすかと思いMDに落としたんですね。

当然、その気に入っている歌詞を聴くためには曲を聴かないといけないわけです。

そして、聴いていると不思議なことに曲が好きになっていくのね!!

これは僕自身なかなか体験したことないです。
やっぱり曲はまず、メロディーでこんにちはと挨拶するものだと思っていますので、メロディーがあんまし好きじゃなかった曲、そして歌詞から入った曲が好きになるという体験はおそらくです。

今じゃメロディーも歌詞もどっちも好きですけどね^^
ほんと、「エントランス」がインポートできるようになって本当に嬉しいです。

これは聴きまくるしかないです。
いい曲なのでぜひ♪



明日はレミオロメンの「Flash and Gleam」の発売です。
どんなライブなのか、聴くのが楽しみです♪


Flash and GleamFlash side
1. モラトリアム
2. 1 - 2 Love Forever
3. ドッグイヤー
4. 傘クラゲ
5. 五月雨
6. シフト
7. MONSTER
8. 紙ふぶき
9. 粉雪
10. 南風
11. 雨上がり
12. スタンドバイミー
13. 3月9日
14. 太陽の下
15. 流星

Gleam side
1. アイランド








関連記事

テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[邦楽]ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Flash and Gleam | HOME | 久々にレンタル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。