プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラネタリウム

プラネタリウム
1.プラネタリウム
2.銀河鉄道

BUMP OF CHICKEN

10th Maxi Single「プラネタリウム」

まず初めに、いろいろと変更しました。優柔不断な性格ですね(^o^;

それでは、今日の曲は「プラネタリウム」です。

昨年の7月にリリースされたシングルとしては、「車輪の唄」以来となる新曲で、待ちに待った新曲でした!
曲調としては、いままでのバンプにはない感じの、美しいメロディーを紡いでいくような曲調です。本当にきれいなメロディーが、空間をやさしく包み込んでいくような曲だと思います。


さて、この曲の歌詞で思うことは、まず「実在しない穴を開けて 恥ずかしい名前付けた」の

「恥ずかしい名前」とは、の名前だろうと。

君=自分の大切な人(思いを寄せる人)だと思います。

そんな君は、消えそうなんだけど、僕のプラネタリウムの中では一番輝いている。そして、四畳

半の部屋にプラネタリウムで宇宙を敷き詰めたとき、君(=名前を付け

た星)
を部屋に閉じ込めたわけですね。
そして、四畳半の片隅の君(=星)に背伸びしたら簡単に触れることができてしまった。

「やめておけば良かった 当たり前だけど 本当に届いてしまった」

手を伸ばして星にてが届いたとき、この星ではなく僕の夢だったと気づく。つまりは、空想だったと。そして、窓を開けると現実に意識が戻ってくるといった感じでしょうか。

そして、自分の心プラネタリウムだったのではないでしょうか!?

最近はこんなことを考えながらプラネタリウムをきいてます(^-^)

あと、曲のことでもう一つ。最後の「消えそうなくらい 輝いてて 消えてくれなくて~ 泣きそうなくらい近付いてて 届かなくて~」のところの、直井さんのベースの音がめちゃめちゃ気に入ってます。藤原さんとの声とのハーモニーがきれいで身震いしてしまいます(>_<)

明日は、バンプのアルバムについて、想うところをかきます(^-^)b

プラネタリウム:歌詞



↓ぽちっと一押しお願いします
FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バンプのアルバムで想うこと:ユグドラシル編 | HOME | 天体観測>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。