プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Tour 酔杯2006-2007 - The start of a new season - 横浜アリーナ 12/10(日) その①

今日は日曜に行ってきたアジカンのツアー、Tour 酔杯2006-2007 - The start of a new season - 横浜アリーナ 12/10(日)のライブレポです。


この日は早めに家を出たので横浜中華街を少し観光しました(笑
初☆中華街です。

あそこはすごいね。
ほんと中華街(爆

ぶたまんおいしかった^^



さてさて。
なんだかんだですぐに時間は過ぎ、5時開演だったので、4時半くらいには横浜アリーナにいようと思ったんですけど、少しまったりしすぎてついたらほぼ5時になってた。


やべぇと思ったらなんとこの日に出演予定だったFountains Of Wayneがヴォーカルの体調不良で出演キャンセル・・・


そのため初めに演奏する予定だったLINKが40分遅れてスタート。
そのためしっかりと見ることが出来ましたが少し複雑な気分。


Fountains Of Wayneも楽しみにしていたので。



いろいろトラブルもありましたが着いたらすぐにLINKの演奏が始まりました。

僕のこの日のチケットはA2だったんですね。
幕張と同じように番号の早い順に入場だと勝手に思っていたし、来るのも遅かったからAブロックでも後ろの方かと思っていたら・・・



めっちゃ前(笑



今回はA1、A2、A3とすべてブロックわけされていてA2はステージ正面、しかもブロックのなかは結構がらがら(笑

ぶっちゃけ笑いが止まらなかった。
開演ギリギリに来て結局前から5列目くらいのところにいましたからね。
まさに君繋ファイブエム状態(笑
実際には10メートルくらい離れていたと思いますけどね。


これで今年の運を使い切った感じです。


アリーナでこんなに前で見れるなんてほんと贅沢な時を過ごさせてもらいました。



まずはゲストのLINK。
彼らはパンクロック的な音楽性だと感じました。
ノリもいいし、メンバーは客煽るし。

初めて聞いたけどすごく楽しかった♪
CD買いたかったけど、この日は給料前だったので断念。

ギターの人がすんごい楽しそうに演奏してるのと、最後の曲でヴォーカルがマイクを口にくわえて歌ったのですごく印象的だった。


昨日のセットリストです。

1. センスレス
2. フラッシュバック
3. 未来の破片
4. サイレン
5. 無限グライダー
6. ブラックアウト
7. Re:Re:
8. 桜草
9. ワールドアパート
10. ロケットNo.4
11. N.G.S
12. エントランス
13. 羅針盤
14. Hold me tight
15. ループ&ループ
16. アンダースタンド
17. 君という花
18. 海岸通り

EN1 粉雪
EN2 君の街まで
EN3 リライト
EN4 或る街の群青
EN5 タイトロープ


昨日のセットリストは11月11日のライブのときとほぼ同じ。
参考までにその日のレポです。
11月11日酔杯

違ったのはアンコールの曲順と「粉雪」
セットリストが同じでもすごく楽しかった。
それに先読みできましたし。にやり。


それでは昨日の感想です。


1. センスレス
1曲目はセンスレス。
これはもう酔杯では定番。
ていうか、演出から考えても、1曲目から4曲目までの流れはもう定番ですね。

この日はアジカンメンバーが出てくるといきなりゴッチが喜多さんに耳打ちしてなぜか(僕らから見て)右側の裾に戻ってしまった。

何があったのかわかんなかったが喜多さん、潔さん、山田さんでセッションスタート!!

肝心のゴッチは?


なぜか左の裾から出てきてそして「センスレス」がスタートしました。
なんだったんだろうか。



そして、「センスレス」を聞くたびに思うのが何処からノればいいのかということ。

とりあえず体揺らして、

世界中を悲しみが覆って



以降飛んだり跳ねたりして騒いでますが、いまだにノるポイントがわかんねぇ(笑

まずは曲構成がおかしいからこれといったノリ方はないのかもしれないですね。



2. フラッシュバック
もうこれも予想済み。
でもやっぱテンション上がる^^


フラッシュバーック!!!


そして、もちろん次の曲を楽しみにするわけです。



3. 未来の破片
あぁ、もう次は「未来の破片」そして「フラッシュバック」からの繋ぎがくると分かっているのに。
何度聞いても、


鳥肌がたつ!!


もう最高。
繋ぎ最高。
おーいえー。

今日はもうすべてを出し切る気でいたのでもうすでにフルスロットルで飛んでました跳ねてました。

ゴッチの裏声もいい感じですね。
いつも楽しみにしてるポイントです。



4. サイレン
これも想定済みの「サイレン」
すごく好きな曲で、この1~4曲目までは絶対に変わらないと踏んでいたので、100パーセント「サイレン」が聞けると思っていました(笑

これはもう聞き入ってしまいますね。


千年先を千年先を想い描けないけど~


大好きな部分(笑

実は心のどこかで「サイレン#」を期待していたりしました(笑



5. 無限グライダー
これも予想済みだったりしました(笑
先読みするのもなかなか面白い。にやり。

今回の「無限グライダー」は進化していた!!(ハズ)

いつもなら

無限

揺らいだ?

有限

つまりは



のところで、いつもならゴッチ1人で歌うのに今日は喜多さんがコーラスしてました。
それがすんごいかっこよかった。

これ音源かして欲しい!!
と、素で思ってしまった(笑



6. ブラックアウト
次の曲忘れてたけど、イントロなった瞬間に飛び跳ねた。
ブラックアウトのノリ方はいちょう自分の中で確立したのでとても楽しかった。

サビでは飛び跳ね、「3,2,1」ではちゃんと指で「3,2,1」とやった。


7. Re:Re:
セッションからの「Re:Re:」
もう定番ですね。

今回は初めのベースソロのところで山田さんにスポットライトが斜めから当たっていてかっこよかった。

それに歌詞のアレンジもライブならでは。


それと、前の方で見ていたらモッシュすごいのね。
今まではそんなに目立たなかったけど、この曲の時は特にすごかった。



8. 桜草
この曲を聞いたときに「ん?幕張の1日目とセットリスト同じ?」と思った。
それでも、がっかりというよりはやるであろう曲がなんとなくわかってもうウズウズしてた(笑

「桜草」もライブで聴くとまた違いますねぇ。
サビでのシャウトがほんといい感じ。

ラストの

君を呼ぶよ
君を呼ぶよ
呼ぶよ



の部分がマジでやべぇ。
すごいです。この曲。



9. ワールドアパート
シャウト系の曲が連発されるとテンションが上がりまくる(笑
でもあれなんですよねー。「ワールドアパート」とやると「ブルートレイン」やらないんですよねー。今回のツアーでは。
この日も結局「ブルートレイン」やらなかったし。

ライブではぜひどっちもやって欲しいんだけどなぁ。


曲はやっぱりサビでのシャウトがマジで最高。
共に叫びたいけど、そこは控えめに(笑

あとは、

僕の両手にはこれだけだよ



ではちゃんと両手挙げましたよー(笑






あー、やっぱり長くなってしまうのでとりあえず、ここできります。
続きは明日にでも。

今週はちょっとグダグダな更新になるかもしれないので温かい目で見てください。


→今日のランキング

関連記事

テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION - ジャンル:音楽

[ライブレポ]ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Tour 酔杯2006-2007 - The start of a new season - 横浜アリーナ 12/10(日) その② | HOME | 足がパンパン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。