プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

orbital periodについて考える②

orbital periodについて考える第二弾といっても、感想書きます(笑

近いうちに『才悩人応援歌』について思うところは書く予定でいます。

いま書きたいことは書きたいわけですが、書くとものすごい、ものすごい時間がかかりそうなので、正月ゆっくり書きたいと思います。



とは言っても、何かかきてぇーなーと思い、普通に感想を書いてない気がしたので、それについて書こうかと。



それにしてもものすごいアルバムですよね~
いまだに聞き続けていますよ。

飽きが来ない。

リピートして、リピートして、それでもまだ聞き続けるかってくらい聞いてます。

一週間半くらいでようやく50回聞きました。
ても、1回きくのに70分ですから、70×50=3500分

時間に直すと約60時間。

この一週間半のうち、60時間をバンプのアルバムに費やしたということか(笑


まぁ、こんなくだらない時間換算はおいといて。




今回のアルバムはどう考えるのがいいのだろうか。

僕は普通に『voyager』に始まり、『flyby』でアルバムが完結すると思っている。

歌詞的に言えば、『voyager』では音を繋いでメロディーを送っているが、『flyby』ではそれに声をのせる、つまり、初めは音だけだったのが、最後には歌となって届くということかと思っていた。


しかし、これは特にブックレットの世界観への導入かとも思うわけです。


仮に、『voyager』『flyby』がなかったら、ブックレットの世界観にすんなりと導入されたのか多少の疑問を感じる。

アルバムとしての完成度だけをとるなら『メーデー』~『涙のふるさと』だけでも成り立っていると思うし、そう考えるのも面白いということをいただいたコメントから思った。


やっぱ、『voyager』『flyby』という曲で挟まれているからこそ、このアルバムが感動をよび、ブックレットの世界観を成り立たせる最後のピースなんだと思う。



ただ、歌詞の世界観で言えば『メーデー』~『涙のふるさと』で完結するんだと思いますけどね。



なんか、変なこと書いた気がする(笑



アルバム曲についての感想も。
『voyager』『flyby』はアルバム導入のための曲と思っているので今回は書かない方向で。
どっちもめっちゃ好きな曲ですけどね。


4曲目『才悩人応援歌』
藤原基央の体温を非常に感じる曲。
そして、歌詞がものすごくいい。というか、考えさせられる。

近いうちに何か書く予定。



7曲目『ハンマーソングと痛みの塔』
イメージは完全にブックレット(笑
でも、歌詞はやはり普遍性を感じる。

同じ目線で話そうよと。

ハンマーソング→だるま落としのハンマーのことかと。


音作りも新しい感じですね。そして、スルメソング。



8曲目『時空かくれんぼ』
過去と今のかくれんぼ。
だから『時空かくれんぼ』

初めはなんでこんなタイトルなのか分からなかったが、聞いてるうちになんとなく分かったが、未だに考察している。



9曲目『かさぶたぶたぶ』
もともと隠し曲。
そんなテイストは感じますね(笑

隠し曲だとしてもものすごいクオリティーの曲ですね。

かさぶたYeah!!



11曲目『ひとりごと』
優しさについて鋭い視線で書いた曲。
藤原基央の歌詞センスに脱帽した曲。

このひとほんとすごいと思う。
優しさってなんだろう。
でも、笑顔が見たいから優しくするというのに妙に納得。



12曲目『飴玉の唄』
これも歌詞が初めて聞いたときからすごくいいなぁと思っている曲。
今回のアルバムは藤原さんの感情的なヴォーカルも結構目立つ要素だと思うんだけど、これはそれを強く感じる。

『才悩人応援歌』も感じるんだけどね。



15曲目『arrows』
この曲も藤原基央の体温を強く感じる。
今までの曲との相関とかも考えると面白いとか思ってる。

いまだ解釈が深く出来てないので上手く書けない(笑




・総括
シングル曲が強力なだけにアルバム曲の出来に多少の不安があったけど、そんなことを吹き飛ばすようなできだった。

今回のアルバム曲は藤原さん自身を歌った曲が多いとも感じるし、感情のこもった歌い方をする曲も多いように感じた。
いつもは淡々と歌い上げるイメージなんですよね。

あとは、歌詞がより、深く、細かいところまで掘り下げてきているなぁと感じます。

人の本質ではないけど、触れられない、触れたくない奥底を歌い上げてる気がするんですよね。

なので、何度も聞いて考えないと、藤原基央の真に伝えたいことは伝わらん気もする。
一度二度聞いただけでも、ノリがいいとか、メロディーが好き、などは想いそうだが、真に考えないといけないのは、歌詞が、藤原基央がこの曲たち、アルバムを通して僕たちに何を感じ取って欲しいのかということを考えないといけないと想う。僕は。

あくまで、僕は(笑


そんなわけで、僕はこんなことを考えつつ聞いてるわけですが、まだまだ見えてこない(笑

いやー聞けば聞くほど分からなくなるんですよね。
僕もまだまだ。


ますます聴いていこうと思う今日この頃です。



なんか、よく分からんこと書いたな(笑
関連記事

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<あけました | HOME | 2007年の音楽その③>>

この記事のコメント

あけおめでーす☆
去年はいろいろとお世話になりました^^
今年も結構大変かもだけど、お互い頑張りましょう♪

これからもよろしくお願いします☆

orbital period最高じゃぁぁぁぁ~!!!!w
2008-01-01 Tue 23:22 | URL | sekitaku #zdvXpt9s[ 編集]
>sekitakuさん
こちらこそ、今年も宜しくお願いします☆

いやー、ほんと、最高のアルバムでよね^^♪
2008-01-06 Sun 23:56 | URL | ノヴァ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。