プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スリーアウトチェンジ

昨日、スーパーカーの1st Album「スリーアウトチェンジ」を借りてきました。
僕が本格的に音楽を聞き始めたのが2001年ごろ。
なので、2001年以降の音楽は出来るだけ追っていこうとしていましたが、それ以前はあまり聞いていませんでした。
というか、何を聞いていいのかが分からないというのが真実。
あまりにも膨大で、途方に暮れてしまいます。

しかし、そうもいっていられないと、90年代からどんどん遡りたいと日々考えていました。
そこで手にした「スーパーカー」
名前は知っていたけど、聞いてませんでした。
ただ、最近会社でやたら推されるというか、当然聞いてるでしょ?という体で話されるので、これはまずいと思い借りてきました。

聞いて思ったのはただただ後悔の念。
もっと早くに聞いとけよと。

スリーアウトチェンジ
1. クリーム・ソーダ
2. (アム・アイ)コンフュージング・ユー?
3. スマート
4. ドライヴ
5. グリーンエイジ
6. u
7. オートマティック・ウィング
8. ラッキー
9. 333
10. トップ10
11. マイ・ウェイ
12. シー・ガール
13. ハッピー・トーキング
14. トラッシュ&レモン
15. プラネット
16. イエス,
17. アイ・ニード・ザ・サン
18. ハロー
19. トリップ・スカイ


これを借りた理由は「cream soda」が入っていたから。
何故か知っていたという(笑)

で、聞いてみたらもう涙が出そうなほどの名盤なわけですよ。いまさらなが。
1曲、1曲が本当に素晴らしい。

そして、00年代のアーティストにどんだけ影響与えてるんだよ、このバンドはと思った。
同じような音楽が今、隆盛しているわけですからね。
よくよく考えれば90年代終わりにロックに触れたアーティストが続々出てくるのは当たり前な話で。

凄いバンドだったんだと改めて実感。


Wikiでいろいろ見ていたら、「スリーアウトチェンジ」は約300曲にも及ぶストックの中から厳選された19曲を収録しているそうな。
そんだけ曲ある中から選ばれてるのだから、そりゃすごいアルバムになるだろうよ。

ちなみに、19曲と聞くと、とても多く感じますがあっという間です。
すぐに聞き終わります。
僕はほんと一瞬でした。ハマるまで。

これは、スーパーカーにどっぷりつかりそうです。
「スリーアウトチェンジ」、ハンパないアルバムでした。


スーパーカー解散してしまったのが本当に残念です。
ギターのいしわたり淳治さんってチャットモンチーや9mm Parabellum Bulletのプロデューサーなんですね。
正確には僕は逆なんですけどね。
チャットモンチーや9mm Parabellum Bulletのプロデューサー・いしわたり淳治さんってスーパーカーのギターの人だったのか。と。

音楽はこうして繋がってもいるんですね。

面白いですねー。
スーパーカーの他のアルバムも続々と聞いていこうと思います。



[邦楽]スーパーカー | コメント:0 |
<<anew | HOME | ROCKIN'ON JAPAN 10月号でバンプがニューシングルリリースインタビュー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。