プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Mother ship

こんばんは。
最近、lego big morl(レゴビックモール)のNew Album『Mother ship』にド・ハマりしています。
lego big morlのイメージを覆されました。
やるね。

小林武史がプロデュースということで最初はちょっと期待していなかったけど全然素晴らしいじゃないですか。
今後もあまり小林色に染まらずに頑張ってもらいたい(笑)
烏龍舎だから色が強くなってもしょうがないけど。
それにしても、やっぱ小林武史はすごな~。
レミオロメンの『ether』が好きな人はたまらないアルバムだと思います。
ちょうどいい具合に小林武史が介入しています(爆)

という事で、今日はlego big morl(レゴビックモール)のNew Album『Mother ship』の感想です。

Mother ship(DVD付)
1. カーラ
2. worlds end traffic
3. love light
4. シェイカー
5. 溢れる (Album ver.)
6. ドリルドリル (Album ver.)
7. space dive
8. 隣の少女と僕と始まり
9. Ω
10. パーティーピーポー
11. 東京リュックサック
12. バランス
13. 大きな木


この『Mother ship』というアルバム、まずはこれだけ言っときます。
捨て曲なしの名盤です!
素晴らしいです。

lego big morlの(僕の)これまでのイメージは静かで柔らかな音をだすバンドだと思っていました。
スローな曲が多い。そんなイメージ。

このイメージは『Mother ship』を聞いてアッサリと打ち砕かれる。
メロディアスなのは予想通り。
アルバム序盤のスローな曲も予想通り。
中盤以降のバラエティーに富んだ曲が増えてくる。ノリのいい曲、実験的な曲、ハードな曲。
これにはやられた。
他にもバンドサウンドにいろいろな楽器を取り入れてさらに彩りを加えています。

いろいろな面を見せてくれるじゃないですか。
これまで平面的だったレゴがとても立体的に見えてくる。
歌声も伸びやかでいてしなやか。藍坊主のhozzyさんの声を低くした印象を受けた。
どのタイプの曲とも見事にマッチしている。
もともとメロディーラインは綺麗だなぁと思っていたのでこのマッチングはすごい相乗効果を生んでいると思います。

中でも11曲目の「東京リュックサック」が良かった。
人生を旅にたとえた歌詞で、優しく背中を押してくれるような歌詞がすごくあったかいなと思いました。
バンプの「HAPPY」と似たベクトルだと思います。
メロディーも軽やかですごく聞きやすい。

僕がバンプ好きという事もありますが、この曲はバンプ好きの人はハマりますよ。たぶん。


とても聴きやすく、バラエティーに富んだ彩り豊かなアルバムです。
これは邦楽ロック好きにはぜひぜひ聞いてもらいたい。
マスト・リスンな1枚だと思います。



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[邦楽]lego big morl | コメント:0 |
<<僕らの永遠 ~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~ | HOME | 「鍵盤のない、」 / People In The Box>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。