プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20世紀少年21巻

諸事情により、レミオロメンの「太陽の下」をフラゲできなかったorz


明日は必ず手に入れたいと思います。


近くに本屋があるので、そちらに寄ったら「20世紀少年」の21巻が売っていたので買ってきました。

↓感想ちょこっと書いときます。
物語りもだんだん佳境に入ってきましたね。

僕はコミックスしか読んでないので、今回も内容が濃かったですね。

まず、あのラジオを流していたDJは、今野裕一。通称「コンチ」という人物でした。昔のケンヂたちの友達だったんですね。今までの回想などにも出てきていなかったので、少し驚きました。
それ以上に、コンチが白のソナタの工場であった人物が、


13番(田村マサオ)

ここで再登場です。お前かっ。と、つっこんでしまいましたw

そして、ついに「しん・予言書」の最後のページがついに実行に移されるようですね。

っーか、今回も


伏線張りすぎです


もう、先が気になって気になってしかたがありません。
早く22巻が出て欲しいと思う今日この頃です。

それと、T-REXの「20センチュリーボーイ」を今度聴いてみようかと思います。
関連記事

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[音楽&日常]日常&日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<The only heaven I know is heven in the sound | HOME | supernova>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。