プラネタリウム~星々の唄~

バンプオブチキンを中心に好きな音楽をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

銀河鉄道


プラネタリウム1.プラネタリウム
2.銀河鉄道



今日はプラネタリウムのカップリング曲「銀河鉄道」について書きたいと思います。

この曲は「車輪の唄」とリンクしているとよく言われていますね。今日は、「銀河鉄道」と「車輪の唄」をてらし合わせながら考えてみたいと思いますね。

「車輪の唄」については過去記事がありますので読んでみてください
コチラ

長くなったので↓こちらに書きます。

・リンク追加
ブートさんの歴史に名を刻む為の第一歩(大嘘)を追加しました。
それでは、最近またはまりだした銀河鉄道について書きます。

銀河鉄道と車輪の唄のつながりとはなにか?
それは、車輪の唄の後半部分からのエピソードが、車輪の唄に登場する人の視点ではなくて、その二人の別れを見ていた第三者を中心のした歌詞になっていると思います。

しかし、あくまで「銀河鉄道」という物語り調の曲なので、まずはストーリーから。
今回の歌詞の主人公は"僕"です。


~ストーリー~
僕は誰にも見送られることなく、一人で電車に乗っていた。

途中、自分は電車に乗って動いていないのに、電車が時速200kmで走ることで、自分も時速200kmで動いているという、なんとも可笑しなことに気がついた。

すぐにそれを話そうとしたが話す相手がいなかった。

そうしていると、リボンつきのクマが転がってきた。
拾うか迷ったが拾ってあげた。
すると、クマの持ち主である女の子が駆け寄ってきた。そして、僕を見て怖じ気づいてしまった。

拾ったことを僕は後悔した。
女の子は僕からクマを奪うと、お礼も言わないで逃げていった。

ふてくされた僕はシートを倒して寝ようとしたが、シートを倒すと後ろの乗客に舌打ちされてしまう。
聞こえない振りを寝ようとしたが、やっぱり気になって眠ることが出来なかった。

自転車を漕いで手を振っている人がいた。きっと見送りたい人がいたのだろう。
でも、それは恥ずかしいから、相手のことを想っているならやめたほうがいいと思った。

僕の体は止まったままで、自転車を引き離していく。

しかし、本当は見送りに来てくれる人がいなくって、嫉妬してさっきみたいなことを思ってしまった。

クマを拾っては怖気づかれ、シートを倒してはいやがられた。
僕は、役にもたてず、人の邪魔はしてしまう。
目を閉じるとそんなことばかり考えて、辛くなってしまうから目を開けた。

すると、真っ赤なキャンディーが差し出されていた。僕は驚いたが、貰ってみた。
(クマの持ち主の)女の子は笑って席に戻っていった。

誰のも知られず僕は泣いた...

電車はだんだん目的地に近づいていく。
出迎える人もいないけれども目的地は近づいてくる・・・





それでは「車輪の唄」とのリンクを見ていきます。
登場人物を区別するために


車輪の唄の「僕」→ぼく

銀河鉄道の「僕」→僕

と書きます。ごっちゃになって申し訳ないです。

また、「君」は車輪の唄にしか出てこないので問題ないと思います。


"見送る人もいなかった僕"

車輪の唄では「君」のことをホームまで見送りに来ていました。きっとそれを見ていたのだと思います。


"誰もがそれぞれの 切符を買ってきたのだろう
今ままでの物語を 鞄に詰めてきたのだろう
"

ぼく=一番安い入場券(切符)
君=一番高い切符
僕=目的地までの切符
一人一人それぞれの切符を買っている。

車輪の唄には、おととい買った大きな鞄が改札にひっかかるという描写があります。
それが、"今までの物語を鞄につめてきた"と繋がってるんじゃないかと思いました。

今までの物語り=思い出のことで、思い出が多すぎて、鞄が大きくなった。それだけ、思い出が詰まっていた。


"自転車を漕いで手を振る人 見送りたい人がいるのだろう"

自転車を漕いで手を振る人は車輪の唄のぼくだと思います。
見送りたい人とは当然「君」


"僕の体は止まったままで あの自転車を遠ざける"

「車輪の唄」でも「ぼく」が自転車で電車を追いかけるが、離されていくという描写がありました。これを電車の中から見ていたのが銀河鉄道で描写されているのだと思います。

こうみると「銀河鉄道」と「車輪の唄」は結構リンクしてると思います。



「銀河鉄道」という曲で一番印象に残る歌詞

"人は年を取る度 始まりから離れていく
動いていないように思えていた 僕だって進んでる"


「supernova」にも似たような歌詞がありますね。
生まれてからすでに、始まりから終わりに向けて走り続けていることを認識します。


僕らの時計は止まらないで動くんだ

こことダブります。
藤原さんは本当にいい歌詞書きますね!!



また、長々と書いてしまいました。
ここまで読んでくださってありがとうございますm(__)m
本当に「銀河鉄道」からはいろいろなことが得られます。
「銀河鉄道」についてまた書きたくなるかも知れませんw

ぜひ、この素晴らしい曲を聴いてみてください♪

銀河鉄道:歌詞
車輪の唄:歌詞



皆さんのおかげでランキングも上がってきています。
これからもクリックにご協力お願いしますm(__)m

    ↓面白かったらクリックお願いします
    banner_03.gif

    ↓こちらもクリックお願いします
関連記事

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

[邦楽]BUMP OF CHICKEN | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<本日の収穫 | HOME | Dear Deadman >>

この記事のコメント

ども、BUMPかアジカンについて書かれればコメントしまっせ、ブートです。

銀河鉄道はいい意味で新しいBUMPのスタイルの曲ですよね。
ぶっちゃけ初めてシングル「プラネタリウム」を借りて聞いた際は「プラネタリウム」よりもコチラの方が気に入ったぐらいです。
今でもそうですがねw

「車輪の唄」とのリンクは自分も気付きました。
・・・がここまで詳細に説明しろと言われれば間違いなく出来なかったと思います。
本当にノヴァさんのレビューは納得させられる素晴らしいものですよ^^

今後もチラホラ顔を出しますのでヨロシクです。
BUMPかアジカンについてレビューしてあったらですけど>ぇ
2006-03-12 Sun 00:46 | URL | ブート #F4mscU5.[ 編集]
>ブートさん
シングル「プラネタリウム」は本当に今までのバンプとは違う一面を見せてくれましたね。
「銀河鉄道」は聴いた当初から好きでしたが、最近ますます好きになってきました♪

車輪の唄とのリンクについては前々から書きたくて、やっと書けました。
気づいていたのはさすがです。
納得していただけたなんて、嬉しいです(^-^)

バンプとアジカンはこれからもどんどん書いていきますのでぜひみに来てください。

あと、リンク貼っていただいてありがとうございます。
僕も貼らせていただこうと思います。なにか問題があったら言ってください。
2006-03-12 Sun 01:35 | URL | ノヴァ #-[ 編集]
こんにちは☆
あの―……尊敬しますっっ!!!
車輪の唄と関連してるっていうのはわかってたんですけど、
あたしの中ではなんか曖昧なままで…。
けどこの記事を読んですべて繋がったような感じです♪
すごいですよね~ノヴァさん!
感じたこととか、今日みたいな関連性のこととか、
相手にわかりやすく伝えることが出来るのってすっごいうらやましいです。
あたしなんか感情優先なただの感想になっちゃいますもん!
とても楽しく読ませていただきましたvv
また来ますね~楽しみにしてます★
2006-03-12 Sun 15:48 | URL | ちひろ #s3nrltr.[ 編集]
>ちひろさん
尊敬だなんて、恐縮です。ありがとうございます。
「銀河鉄道」と「車輪の唄」の繋がりは前々から書きたかったんですよ。
伝えたいことが伝わってホント嬉しいです。

僕も結構感情とか感想が優先してしまうので、気をつけて書いてます。
これからも楽しく読んでいただける文章を書いていけたらいいなと、思っています。

これからもこんな感じの記事は書くので、ぜひまた来てください♪
2006-03-12 Sun 16:40 | URL | ノヴァ #-[ 編集]
どうも。カレー嫌いと言う事に驚かれた春未です(笑)

それで、「車輪の唄」と「銀河鉄道」がリンクしてるとは、私は
今まで気付かなかったんd(略)なので、前々から思ってたんですが、
「ノヴァさんスゲェ!!」と本当改めて思いました・・・!!!
で、私も「この曲とこの曲リンクしてるんじゃないかな??」と思った曲が
ありました。それはBUMPの「ハルジオン」と「プラネタリウム」
なんですけど。(あ、この時点でスゴク長くなりますからね)
私的の考えでは、
ハルジオン=触れようとする思い。
プラネタリウム=触れてみてからの思い。
と考えたんですけど・・・( ̄  ̄;)花と星で違ってくるけど、
「触れる」と言う関連のキーワードが入ってると思いました。
ので、ノヴァさん的にはどう思いますかね??(ぇ!?)

でもやっぱり、「車輪の唄」と「銀河鉄道」の繋がりが知れて
良かったですwwそれではまた来ますねvv ポキポーキ☆
2006-03-12 Sun 19:48 | URL | 春未 #iPk4rfmU[ 編集]
>春未さん
すいませんでした。
ま、人それぞれということで。

すごいとか、本当にありがとうございます。明日からの活力になりますw
リンクも考えながら聴くとまた違ったよさがでますよ♪

「ハルジオン」と「プラネタリウム」のリンクは考えたことなかったです(汗
でも、とても興味深いですね。こんど考えながら聴いてみたいと思います。
同じキーワードがあることで、つながりというか、共通点があって、別視点から見ているという感じでしょうか。
ひとまず、聴いてみます。
今までは別の聴きかたをしてたものですから。そのことについて、近日中に記事にしたいと思います。

あと、「さん」付けしなくてもいいとの事ですが、今度からとりますね。でも"春未"だとなんかまだ違和感があるので、"春"とかでもよろしいでしょうか?嫌なら普通によび(書き)ますので。

では、また遊びに来てください♪
ポキポーキ☆



2006-03-13 Mon 01:11 | URL | ノヴァ #-[ 編集]
novaさんこんにちわ~♪^^すっかりリピーターです(笑)
この記事を読んでからずっと「車輪の唄」「銀河鉄道」リピート聞きしていますよ。・・なんだか凄く新鮮です。
本当、皆さんおっしゃってますが尊敬してます!!^^

藤くんの伝えたいことが一貫しているからこそ、
こういった関連した歌詞とか出てくるんでしょうね。
自分もそういうものをもっともっと味わうことが出来れば
・・抜け出せなくなりそう(もはや手遅れな気が)。

「独りで生きていく強さなんていらない」とか
「温もり」とか「運命に抵抗」とか・・
そういった意思みたいなものが何曲かまたいで感じられるのが
本当にすごい・・かっこいいですよね。

すごい今、語りたい衝動が(笑)止まらなくなるのでやめとこう(笑)
ではではvまたおじゃまします♪^^
2006-03-13 Mon 12:28 | URL | yun #aNBqbZoQ[ 編集]
>yunさん
いつもありがとうございます。
これからもよろしくです♪

新しい聴き方をするといままで聴いてた曲も新鮮ですよね。最近は「ハルジオン」でこのようなことを感じます。
尊敬だなんて・・・本当に本当にありがとうございますm(_ _)m

藤原さんの根底あるものが変わらないで、それを丁寧に伝え続けていることが、こんなにも人の心を動かす曲になって現れているんでしょうね。
一度はまるともう抜け出せないですよねw
(僕も手遅れですw)

そうですね。伝えたいことをしっかりと伝えられているなんて本当にすごい人ですよね。

今度はぜひ、大いに語ってください♪
では、ぜひまた来てください☆
2006-03-13 Mon 22:08 | URL | ノヴァ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。